フットワーク、バドミントンでは必須の練習。




フットワーク練習と言うと、きついという思い出しかありません。

ところでフットワークといえばスピードを上げるための練習となりますが、もうひとつ重要な事があります。
それは調整力。

どんなにスピードを上げたところで、打つのに行きすぎては意味がありません。それと、近い羽根に対して、大きく足を出したところでその羽根にはスイングを合わせる事ができないでしょう。

ではどうやって調整すればいいのでしょう。


その調整方法の一つに、短い区間でどれだけ歩数を刻む事ができるかを目指すやり方があります。これは加速をアップさせることにも使えるでしょう。

普通の一歩に対して、3歩で移動するフットワーク、これを繰り返す事で、近い羽根でも素早い、というよりは細かいフットワークでタイミングを合わせることができるようになるはずです。遠い羽根でも、最後のジャンプ時の体勢合わせに使えるでしょう。

もちろんこの3歩は、細かく、速くなくてはいけません。繰り返しステップを踏ませる事により、この動作を使ってタイミングを合わせる事ができるでしょう。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

きつい練習に変わりはありませんが、バドミントンは必須です。繰り返し繰り返し、反復で少しずつ、スピードを上げ、歩幅を細かく刻む練習をしていきましょう。