見てみたよ。今年も行けなかったしね。。。




YOJ MD 準決勝
早川遠藤 vs フ・ハイファン ツァン・ナン (中国)

早川選手をたぬ吉と同列にしてしまうのは非常におこがましいが、前衛は水ものである。当たるかどうかはコートに立ってゲームが始まるまでわからないし、始まった後でも揺らぎがでてしまう。1ゲーム目はその差がでてしまった。

1-0 遠藤がノーロブレシーブで相手に主導権を握らせず。
2-0 逆に早川は高めのロブ。レシーブが二人で大きな差があった。
4-2 ここからサーブ回りのミスで4-4に追い付かれる。

そして大きかったのはここからだ。

5-5 早川サーブからの3球目ミス。5-6
5-7 同上。5-8

もしここで早川の調子が当たっていれば、ここでは7-5でもおかしくはない。前で勝負に行っての失点は、ミスを責められない部分もあるが、後衛のアタックと比べてリスクはかなり上がってしまう。この2失点で1ゲーム目前半が決してしまった感がある。

インターバル時の池田氏「ロブが浅い」というように、低い攻めのロブを意識すれば、良いスマッシュにはどうしても浮いてしまう。中国ペアのアタックコースが良く、低くすればするほど浮き玉を作ってしまったようだ。スピードというよりは角度、コースの選択が素晴らしく、ハイロブの選択が多かった早川も、やはりレシーブミスから攻め込まれてラリーを取られていた。レシーブ力、レシーブ方法というのが一つの早川遠藤の課題なのかもしれない。

このままずるずると最大8点差に。人間がやる以上、「流れ」というものは存在する。前半で渡した流れはインターバルでも切れなかった。

6-14 長いラリーで一本奪う。

ここで少し早川が落ち着きを見せる

8-14 早川本来のサーブからの得点。
11-15 早川のハイロブも、終始優位を保つように相手を振り回して得点。12-15

点差はここまで。結局前半の点差が響く形に。

13-19 早川の無理矢理のクロススマッシュ。相手が構える前に強引に飛びついてポイントを奪う。このスマッシュも、もっと点差が小さい時のプレーなら流れ的にも非常にいいものになったはず、ぐらいの素晴らしいプレー。

15-20 遠藤の相変わらず変態的なフットワークでフォア前の絶望なところを無理やりラリーするも、最終的に失点。1ゲーム目を落とす。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

最後のプレーを見ると、遠藤のシングルスもまだ見てみたい気もするが、やはり終始となると怪我もあったし無理なのだろう。
後半早川の前衛が当たりだしたものの、安定してラリーしていたのはフ・ツァンペア。おそらく同じペースでラリーしていたのではないだろうか。早川遠藤の波が得点差に表れたのだろう。

そして2ゲーム目に続く。。。