きっと4スタンス理論の違いでもあるのかも。




右利きね。
センターからヘアピンやロブを出す時、右足を踏み込みます。

でも踏み込みが苦手な選手って結構いるんですよね。そうするとアドバイスは
「強く踏み込んで」
「右膝に重心をかけて」

となります。
でも、これって、もしかしたら間違っている可能性もあると思ってもいいかもしれません。

右足に重心がかかると言う事は左足の重心が抜けてしまうと言う事。つまり前のめりになって上半身を倒してしまい、打点が下がり自由なショットが打てなくなります。

それ以上に、前に動いているんだからもう充分右足に重心はかかっているはず。そこからさらに重心を前にしたら、非常にバランスが悪い状態になり、これが良いフットワークとは言えないでしょう。上半身を投げだすプレーのバランスに近くなり、そうなるともう足を出さずに左手をついて上半身から打ちに行くプレーに近い状態になってしまいます。

選手によってアドバイスは様々。右足に重心をかけろ、でよくなる選手もいれば、左膝を前に押し込む、上半身を後ろに反らせる、左手を後ろにする、左足に体重をかける、といった、違ったアプローチでよくなる場合もあると考えられます。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ



選手のセンスが良ければ選手は勝手に理解し、もしくは理解しなくても勝手に身体が動くもの。センスが無い選手には、それこそいろいろなアドバイスを準備しておきましょう。