ノックのお話。



ノッカーの技術として、

・羽根出しのテンポのスピード
・羽根出しのシャトルスピード
・コースの正確性

これは合った方がいいと思います。

でも、ノックによってはこのスピード調節の技術、コースの曖昧さを考える場合もあります。


選手に全力で振らせる事を考えるなら、スイングできるぎりぎりのタイミングまでスピードを落とさなければいけないし、レシーブの練習ならスピードを選手が取れるか取れないかのところで調節、ランダム性を強くするならある程度面をずらしてもいいかもしれません。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

常にMAXで動くのではなく、選手をみて、選手に合わせて羽根を出す事を心がけなければなりません。

ですが、ノッカーの技術としては、テンポアップ、スピードアップを目指したいものですね。