まずは相手の時間を削らなきゃ何も始まらないのです。




シングルスの戦術として、いかに相手の時間を削っていくか、という考え方があります。
簡単に言えば相手を追い込むわけですが、自分の時間を確保しつつ、相手の時間を削るショットとして特に有効なのがドリブンクリアになります。

スマッシュ、カット等の攻撃的なショットでは、相手の時間を削るかわりに自分の時間も削られます。

ハイクリアでは、自分の時間は確保されますが、相手の時間を奪う事はできません。

そう考えていくと、シングルスでの軸は、安定志向にはなりますがドリブンクリアを中心に戦う事になります。


まずドリブンクリアで相手を追い込みます。もしこれが成功すれば、相手は追い込まれてショットを制限されます。スマッシュは打てず、ドリブンクリアで返す事も困難になり、選択肢はハイクリア、ドロップ、カットとなってくるでしょう。

ですが、これはあくまで成功した場合です。もし失敗すれば、相手からはハーフ付近からきつめのスマッシュが飛んできたり、ドリブンクリアで逆に追い込まれる可能性もあります。

そうならない為に、カットやドロップがあり、苦しい時の為にハイクリアがあります。

つまり、それらのショットはドリブンクリアで相手を追い込んで有利に進めるためにあるわけで、カットやドロップのみの技術では成り立たないのです。逆に、もし(こんなことはありませんが)ドリブンクリアがきっちり打ててカットやドロップが怪しかったとしても、ドリブンクリアで優位に立つ事は可能でしょう。

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

シングルスでは、ドリブンクリアを習得し、ドリブンクリアを対応できるようにする、これが最も近道と言えるかもしれません。