これ書いたら、寝ようと思う。今日は駄目だ。




「謝罪」
そりゃ、真剣に謝るでしょう、田児も桃田も。間違い無く。ごめんなさいもうしません、と謝る事でしょう。

五輪には出られるかどうか。
私の意見は「五輪で見てみたい」。はっきり言って田児はもう終わった選手。上がり目は無い。けど、桃田は日本人としてトップの成績を誇り、五輪の舞台でどこまで活躍できるか、日本人の一番限界に近いところにいけるのは現時点で桃田以外にいない。そういう意味で「五輪には出て欲しい」。

それじゃ、桃田はどこの所属としてでるのか?
今、NTT東日本の社員として活動している。それでは、企業は、闇カジノに手を染めた選手が五輪で活躍したとして、それに見合うものを得られると思うか?

キーワードは「桃田、闇カジノ、NTT東日本」。

つまり、桃田が有名になればなるほど、好成績を上げれば上げるほど、このキーワードがまとめて繰り返されるわけだ。

もう一度確認したい。NTT東日本はこの状況で桃田に活躍して欲しいのか?


名前が上がれば上がるほど闇カジノとセットになるこの状況で、他の受け入れ先はあるのか?

日本リーグ2部チームが拾って、モア、クンプーあたりと契約する可能性も無くは無いような気もしないでもないが。。。

全日本総合でこの先優勝して、「皆さんの応援のおかげで帰って来れました、ありがとうございます」なんていうコメントを、少なからず私は聞きたくも無い。

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ


つまり何が言いたいかと言うと、桃田のバドミントンは見たいし五輪にも出て欲しいけど、応援したい、という気持ちでは無い。そして、桃田を応援しようとする企業も出てくると思えないし、出てきたとしたらおそらく私はその企業のものは使いたくない。桃田の契約メーカー製品も手に取る事は無いだろう。
仮に五輪で金メダルを取ったとしても「スゲーな桃田」とは思うだろうけど、バドミントン選手としては素晴らしいと思うだけ。

もう大会会場のコート内以外での魅力はかけらも感じない。