どこまで続くのかわかりませんが。




1度の過ちを許すことも出来ないのですか??


許す許さないは、お金をだしている人達がまず判断する事だと思います。
この場合、所属先のNTT東日本、強化してきた日本バドミントン協会、そして、日本体育協会。
道具はヨネックスから相当の支援を受けていると思います。
これらの会社や団体が、田児、桃田を許したとして果たしてどれだけのメリットがあるか、どれだけのデメリットが生まれるかを考えて判断する事でしょう。私が許したところで彼らの競技人生は何も変わりません。
私は一個人として桃田選手の五輪での試合を見たいと思っています。ですが、田児、桃田の今回生んだイメージが抜けるのにはどれだけの日数がかかるのか、想像もつきません。
それだけに今回の軽率な行動は、バドミントンに携わっている者として、到底許せるものではありません。


私は桃田選手、田児選手をまだリスペクトします。
後、田児選手は終わっていません。あなた程度の人に言われたくないですね

田児のピークはバオチュンライに勝利した全英OP準優勝時、です。私はそう考えています。
もし可能なら、昨年度の大会での田児の身体を見てください。ピーク時とは比べ物になりません。
ですが、選手のピークは一度切りとは限りません。今後身体を作り替えてくる可能性はあるとは思いますが、それは本人次第かと思います。その時は思いっきり手のひらを返すつもりです。
私程度の人間にそう思われてしまう田児サイドにも問題があるのではないでしょうか。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

桃田については、長いバドミントンの歴史の中で、トップである事は間違いないでしょう。これからさらに上昇する事だってあるのではないでしょうか。今回のこの軽率な行動でそのチャンスが無くなる可能性だってあると思います。21歳だから、とするのか、もう21歳なんだから、となるのか、それは私にはわかりませんが、これを招いたのは桃田自身。少なくとも現時点では立派なスポーツ選手とは言えません。