今日の練習での考察、です。




スマッシュ練習を行いました。
両サイドからセンター狙いでスマッシュを打つ訳ですが、1セット目のばらつきよりも2セット目の方がばらつきが少なくなりました。さらに3セット目はもっとまとまるように。

この事から、大会等での羽根打ちのアップは非常に重要であって、強さ、コースには特に注意してアップした方がゲーム序盤のショットコントロールの乱れが少ないと考えられます。

そしてもう一つ。

今回は練習中盤でのスマッシュ練習でした。つまり、身体の準備はできているということ。身体の準備ができていた状態でのこのばらつきということは、1試合分攻め方を完全に変えてみたら相手のショットはばらつく可能性が高くなるのではないか、と思う次第で。

1ゲーム目序盤はフォア奥中心、後半からバック奥を使いだし、2ゲーム目からは低めのロブを多用、3ゲーム目にいったらセンター奥も合わせて使っていく、というようなゲームプランを立てる事で、相手のミスを誘発できるのではないかということなんです。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

実際は、ばらつきを少なくする練習をしっかり行っていきたいところですが、ゲーム練習時にプランの指示を与えるというのは相当効果があるんじゃないかと思ったりしています。