とても進歩を感じたトレーニングでした。




オフコート 体幹中心に20分

体幹で、今まで1分30秒しかもたなかったメニューが、2分超えるようになりました。
それをやっている時に、今まで無かった「発汗」が感じられたのです。

「ぼろ負けしても、ふらふらになって汗をかいて終われる様に」

と強い相手と戦う選手には伝えたりしています。レベル差によっては何もできずに終わってしまうわけですが、必死に羽根を追いかける気持ちとその技術があれば、そのレベル差も疲労に繋がるわけです。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

もしかしたら、今日の体幹での発汗はレベルアップによるもの、と考えられるなら、今までの成長とこれからのモチベーションになります。もう少し頑張ろう。