相手のロブを確信した時、あなたはどうしますか?




相手のロブ、確信できるときってありませんか?

確信の材料は相手の「打点」と「フットワークスピード」。

打点が下がれば下がる程、そしてフットワークスピードが遅ければ遅いほど、相手選手のロブの確率は上がっていきます。ある一定の打点とフットワークスピードでそれは「ロブを確信する」事ができます。

この判断は経験。相手のレベルが低いほど、確信は100%に近づきます。

そしてそのロブを確信した時、パートナーからはほぼ100%の確率でスマッシュが放たれるでしょう。もしこれがスマッシュではなければ、パートナーの技術不足か、もしくはそのロブがロブ以外の可能性があったと言えます。

そのロブは守るロブでは無くて攻めるロブで放たれたという事。つまり相手からは、落とす事も可能、もしくはヘアピンも可能だったかもしれません。そのうえでの攻めるロブ。その結果、パートナーは打てなかった。つまり、それはロブを確信してはいけなかったプレー、です。

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

ロブが確信できる事でパートナーのスマッシュが決まります。相手がロブを打つ前に、パートナーのスマッシュリターンの準備が出来る事になります。相手ロブ、パートナースマッシュ、相手レシーブの次の4打目の準備ができると言う事は相当なアドバンテージになると思いませんか?

予測すると言う事はこういうこと。いかに相手のショットを予測し、パートナーを操ることができるかで数打前から準備に入る事ができるでしょう。