失点をなくさねば、エースショットがあっても勝てない。




簡単な失点は相手に楽をさせてしまいます。なんせ、相手にとってみれば何もしていないのに点数が入ってくるわけですから。確実に相手コートにシャトルを送り込む事ができないと、いつまでたっても「点数は取れるけど勝てない」というパターンに陥ります。

長いラリーの1点と、サーブミスの1点、チャンス球をネットに引っかけての1点、これらは全て同じなんです。簡単なプレーを簡単にこなせるようになるだけで、点数は大きく変わってくるもの。相手よりも点数を多く取る為には、まず相手に簡単に得点させないプレーを身につけるべき。

そうなると、練習すべきはクリア、ロブ、ドライブといった地味目なところをしっかりと確実に行えるようにしなければいけません。守りのショットがしっかりと上がれば相手から厳しいショットを打たれる事も少なくなるでしょう。きっちり打たれる事は相手にとっても嫌な事なんです。

これらの守りのプレー、実は攻める一つ前のラリーになります。しっかり守れればチャンスはきっときます。まずは守るようなプレーをしっかり練習して、試合に備えてみてはどうでしょうか。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

ついでに言うと、スマッシュとかって何もしなくても勝手に練習するものだったりするんですよね。楽しいし。
地味な練習は意識的にやらなきゃなかなかできないもの。意味を考えて、効率も考えて練習メニューを組みましょう。