うまく使い分けたいですわね。




守るショットの代表というと、クリアであったりロブであったり、後方へ緩い羽根を送るショットになりますね。

シングルスは、あるレベルになると上がったら打ったもん勝ちになるのでショートサーブから始める事が多くなりました。それを勘違いしてショートサーブから始めている選手もいますが、なんでショートサーブなのか、なんで有利になるのか、不利になるのかを理解せずにはショートで勝負するには早いと思っています。

そのあるレベル以上でも、後方へ羽根を運ぶクリアやロブはしっかり使っています。打ったもん勝ちとはいっても、それは自分の体勢ありきなわけで、崩されているのに無理して打っても決められないのです。

まずは相手を崩すところからスタートしなければなりませんが、シングルスではそれをクリアやロブで行えると相当有利に運べます。まず後ろへ運べば、相手からのショットはクリアかドロップとなります。もちろんそれが甘ければスマッシュで決められる事になるわけで、エンドで勝負するということは、相手の状況を把握して後方へ羽根をださなければなりません。

そこで必要な技術として、ハイクリアとドリブンクリア、ロブとアタックロブの使い分けです。

・しっかりとエンドへ相手を運ぶハイクリア、ロブ

・相手を追い詰めるドリブンクリア、アタックロブ

特にドリブンクリアとアタックロブは使い方を間違えれば相手からエースをもらうことになりますが、攻めるには必須の技術といえます。スマッシュよりもリスクが少なく、これが決まれば相手からドロップを引き出す事ができます。

前に運ばせたらしっかりそれを予測してネットプレーで勝負。追い詰める事ができれば確実にネット付近で優位に立つ事ができるでしょう。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

リスクの少ない後方へのショットでどれだけ勝負できるかでラリーをとれるかどうかが決まります。相手を見てのショット選択、そして確実な球運びを身につけましょう。