ツイッター、便利です。



よくツイッターで、部活動への取り組み方等の問題のツイートが流れてきます。
先生としても授業に専念できず、土日も無くなり、ほぼ無給状態の部活動が重荷になっているようです。



この状況、何とかしてほしい、です。



この何とか、とは、私のような立場からすれば、部活動に熱心な先生も、顧問が重荷になっている先生も、同じ先生なんです。先生方の間で真っ二つに分かれられても、結局しわ寄せがくるのは選手達。

・毎日練習があって、土日も試合や遠征が組まれる部活
・部活には顧問はほとんど来ない。土日もたまに練習があるだけ。

これが、同じ学校教育として行われているのが現状。授業内容は教育委員会から指導があるのかもしれませんが、学校で行われる、しかも基本全員入部させられる部活動に関しては方針がバラバラなのはどうなんでしょうか。しかも、顧問の移動でその部活がガラッと変わってしまうのが現状。学校の授業ならそんなことはありえないでしょう。

私がいいたいのは、部活動の顧問業務が違法だなんだというのであれば、早いところ教育委員会か中体連を動かすような活動をお願いしたい。中体連は部活動がどういうものなのか、再度明確にして欲しい。現行の部活動を本当に学校に括りつける意味があるのか、それをもう一度再検討して欲しい。もし括りつけるならば、しっかりとした方針と顧問への教育を行って欲しい。

そう願っています。

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ