私はプッシュ(ネット前アタック)かなぁ。




・ヘアピンから教える
比較的に球出しが簡単な為、お手伝いの人数を増やせる。当てるのは比較的簡単だが、距離感が合わない子はとことん当たらない。他のプレーに応用が効かない。

・ドライブから教える
ラケットノックだけでなく、手投げノックでも可能。特に初心者はどこに羽根が飛ぶか読めない為ノッカーの怪我には注意。おそらく一番簡単で当てやすいと思われるが、フォア側を続けていくとウエスタンに矯正される危険あり。

・クリア、スマッシュから教える
ラケットで後方へ出す為、ある程度のノック技術が必要。落ちてくる羽根を打つのは思いのほか難易度が高く、初心者には厳しい。素振り、フットワーク、ノックの順で慣れさせるという意味なら。

・バックハンドから教える
イースタングリップの矯正にも使える。初心者特有のフォア構えも矯正できる可能性がある。ただし、フォアと違って難易度は高い。

・サーブから教える
自主練習で可能だが、当たらない子はとことん当たらないのがサーブ。一人でできるといっても、結局フォームチェックが必要な練習になり、指導者は必要。フォアロブの打ち方にも繋がる。

・プッシュから教える
ネット前の手投げが容易だが、初心者はコースが読めない為ドライブ以上に注意が必要。振って当てる、足を出す事が身に付きやすい。難易度はちょっと高めだが、振る事を覚えられるのは大きいか。

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ


いろいろとありますが、初心者の人数やクラブの状況に応じて選択できるといいと思います。

いずれはやらなきゃいけない練習なので、深く考えないというのもありかもw