やっぱり女の子に多い気がします。




人間の身体は、吊り合おうとします。
歩く時は右手が出れば左足が前へ、左手が前に行けば右足が前へ。

スイングの時も同じように吊り合おうとします。

ただし、この吊り合わせ方でフォームが大きく変わります。


捻転。
骨盤をひねることでそれが肩甲骨へ伝わり、最後にラケットにたどり着きます。これが捻転。この捻転をうまく使える時の「軸」はおそらく左の骨盤になるのではないかと思うのです。骨盤の左側を軸に捻られた力が最後に右のラケットに伝わる、と。
という事は、吊り合う訳だから、左手や左足をうまく使わなければラケットは回るがままに左側へ身体が回ってしまいます。この捻転を止めてラケットスピードを上げる為に、左手や左足を上手に使わなければいけません。

では「軸」がど真ん中の中央だとしたら?

これがいわゆる初心者、特に女の子に多い状態と考えています。
右手を振った分左手で吊り合わせなければならず、身体の前で右手と左手がクロスします。腕しか振っていない状態で、肩関節を中心に振っているだけなので下に振った後にそのままラケットが上に上がってしまいます。腕だけを使ってしまうとこういうスイングになるのではないかと思います。

矯正には、例えばテニスボールを投げさせたり、ラケットを下方向へ振り下ろす練習をさせたり、意識的に左手を外へ出させたり、もしくは打点を目一杯前で打つ癖をつけさせたり、選手によって何がはまるかははっきりとはわかりません。ただ、これは早く治してあげないといつまでも手打ちになる危険も。足の入れ替えも入れ替えているだけになってしまい力が伝わりにくくなります。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

時間が解決する場合もありこれもまたなんとも言えないところ。力強く振る為に、と言う事を考えて振らせていきたいところです。