微妙に前衛。


ダブルスなんだからストレートにスマッシュ打って前に詰めろ、という一辺倒な考え方は良くないとは思っていましたが、基本をストレートにクロスを織り交ぜて、それがメインかなと思っていた次第。

前衛と言いながら後衛の話なんですが、SSファイナルのWD準優勝廣田福島ペア。このペアの戦略は「クロススマッシュ」の使い方に尽きると思っています。

クロススマッシュはストレートよりも球足が長くなり、角度も甘くなります。さらに、レシーバーのストレート側がスペースとなるのでそこへのリターンが容易になり、相手の虚を突く事ができなければあまりお勧めできないスマッシュとなります。そんな私も良く使いますが、主に相手選手ボディ狙い。打点の高さが確保できないときに、ストレートではエンドアウトしそうな角度でしか打てない場合にクロス側の相手のボディめがけて打ちこむ方法が主です。

この福島廣田のクロススマッシュは、前衛がクロス側後衛に下がってスマッシュを打つ為のクロススマッシュです。最初からクロススマッシュのストレートリターンを予測しているので、前衛は躊躇せず下がる事ができます。当然スマッシュを打った選手は前に詰めていきます。前衛後衛の入れ替えを繰り返す事で相手の隙を作っていく方法です。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

これには、フットワークスピードとクロススマッシュの角度、そして同等のアタック力が必要不可欠。後衛に下がる事は予測していたとしても、前への警戒も忘れてはいけません。そんな判断力も重要となります。共に動き回るのでそれなりのスタミナも必要でしょう。このペアのファイナルゲームは調べてみると何か見えてきたりするのかしないのか。。。高橋松友は入れ替えよりも維持をさせる配球ですので、このペアとの比較はとてもわかりやすいでしょう。

なんにせよ、得意なパターンがあってそれを繰り返せれば自分のゲームができる、だからこその福島廣田の快進撃と言えます。このパターンを崩すペアが、おそらくはまた次の覇権をとるんじゃないかな、と密かに注目してみます。