ショットスピードは後回しでいいのにね。


バドミントンでスピードの話は必ず出てきますが、ジュニア選手に聞くと、「スマッシュのスピードを速くしたい」という回答がほとんど。

そうではなくて。

強く意識したいスピードは、

「構えから羽根を打ちにいくスピード」
「羽根を打ってから構えにいくスピード」

の2点。この二つを上げる事でプレーの幅が広がるだけでなく、練習の質自体が向上するはずです。この二つはフットワークやラケットワークという一つ一つの行動という訳では無く、全身のアクション。身体のキレというべきか、全身のスピードというべきか、全身の動きが連動した上でのスピードといえばいいのでしょうか。

これの向上で、取れる羽根が格段に増えます。そうなれば、普通の落ちていた羽根が取れるようになり、その事でラリー数も増え、ショット向上にも期待できます。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

単純にフットワークスピードを上げる、とも言えなくもないのですが、フットワークスピードは羽根を追いかけるスピードであって、一歩目や準備が遅れてしまってはそのスピードを生かせません。

上記二つの重要性を理解させて、練習の質の向上を狙えるといいのですが、口酸っぱくいってもなかなか理解してもらえないのが現状です。理解できれば効率もいいのですが、理解できなくても向上できるようなメニューを多めに組んでいくしかないのかもしれません。