ごめん、バドニュース、決して飽きた訳じゃなくて、いろいろあったのさ。


どうしても打ち方が気に入らない選手がいました。
手首を無駄に「クイッ」と捻って、それでコントロールできればいいけど、方向が定まらず、そもそもフレームにあたったり空振りしたり。

どうしても治してあげたい!

ラケットの振り方、足の入れ方、肘の動かし方、いろいろやったけど、いざ羽根が飛んでくると、自分が打ちたい形に逆戻り。一向に進まない。。。


ちょっと諦めて、

「ここに羽根を出すから、この場所に打ち返してみて」

ものの数球でフォームがみるみる治っていきましたさ。
まだ完全ではないけど、この練習を繰り返していって修正は出来そうな手ごたえがありました。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

指導者の感覚でフォームを変えようとするよりも、選手自身が打つ場所をイメージして自分の体を動かそうとする方が、いい結果が出る選手もいるようです。この見極めがまた難しいのですが。しかもこの手の天才肌選手はバドミントンを教えたという達成感が指導者に湧きにくいという(これは勝手なエゴですがw)。

選手の性質、どうすればいい方向へいくのか、そして時間をどう効率よく使えるか、答えが無いだけに永遠のテーマでもありますね。