いやね、ずっと頭にはあったんですよ、まじで。



思ったよりも前からあるんですね。2013年公開。
もちろん何も試していませんが、これの通り動いたとしたら、スコアシートの印刷が不要、タブレット端末でスコアを入力し、それがそのまま大会結果として集計する事ができる、というもの。

って事はコート数分のタブレット端末、スマホでもいけるとのことですが、現実的には大会役員の私物を使っていく事になるとは思います。
但し、審判員はバラバラであることから、私物貸出はさすがに厳しいか。ましてや敗者審判なんて言ったら汗だくの選手が審判やるわけだから、それこそ厳しい。

公開当時は紙のスコアシート印刷機能があったっぽいので、そのバージョンも残しておいてくれたら良かったのにな、と思います。

そうなると、更新止まっている


とどちらが使い勝手がいいか、となってくるわけで。

こういったソフトは需要はあるものの中々新しいもの、本当に良いものが出てきにくい訳で、それこそ日本バドミントン協会がお金使って開発して、大会の為に無償提供してくれてもいいんじゃないかと思うわけです。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

社会人の大会こそ少ないものの、小中高の大会なんて、本部席にびっくりする人数が張り付いているのが現状。もっと選手を見てあげる為にも、日本バドミントン協会あたり、積極的に動いてもらえませんかねぇ。