びっくりするぐらい、聞かない。



話しても、聞かない。
びっくりするぐらい聞かない。

とは言っても記憶していないわけではない。
聞いていてもやらない。つまり、聞かない。


なんで聞かないのか、と考えていくと、ある結論にたどり着く。



自分の事に置き換えられない。



聞いていて、内容も理解して、それを、自分の行動に移す事ができない。

聞かないのではなく、実行できない。



ではどうするか。
自分に置き換える為に、実行させる為に注意をしていけなければいけない事になる。


「こう説明したでしょう?」「さっき言った事覚えてる?」
このような注意を繰り返す事で、自分の行動と説明した事をリンクさせていかないと、ジュニアでは理解できないしよくなっていかないわけだ。

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ


大人ではない。まだまだ子供。言葉を理解させる為には、そこまでやらなければ。