その時まで、どれだけ一生懸命取り組めるか、なんだよね。


小学生の時に活躍したいなら、遊ぶ時間を削って練習に取り組む。

そこで辛い経験が、中学生になって楽しめる。

中学生でも辛い思いをすれば、高校で楽しめる。

大学、社会人で頑張れば、シニアで楽しめる。


バドミントンを楽しむ、というのは、もちろんレベルに合わせて楽しむ事ができるスポーツではあるが、それぞれのトップカテゴリで戦える事が、どれだけ幸せであることか。

本戦出場を目指して予選に出るのも楽しいけれど、本戦で上位にいけるならやはりその幸せは頑張って来なかった人にはなかなか味わう事は出来ない。

やり続けよう。


例え途中で燃え尽きてしまったとしても、子供達の相手ができるという楽しみもある。

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ


バドミントン、頑張った分だけ、その後に楽しみが待っているスポーツだと思う。生涯楽しんでみよう。