以前たごけんサーブの実装が完了と報告しましたが、大きな弊害が発生。


あのサーブは、基本的にショートとぎりぎりまで思わせてロングが出せる、というのが最大のメリットです。つまり、サーブで1点が取れる。これは本当にでかい。


で、練習してある程度のところまで使えるようになったのですが、大きな問題点がありました。


ショートと思わせてロングが出せる。
ちょっとだけ球持ちを遅くするのがコツ。

この状況でショートを打つとしたら。。。。。

そう、相手はちょっとフライング気味に突っ込んでくることになるんです。
簡単に言えば、ここでロングを出せば1点取れますが、この時にショートを出すと、相手にタイミングがドンピシャで合います。。。。。


厳密に言えばフットフォルトになっているかもしれませんが、これをとってくれる審判がいる試合にたぬ吉が出るのは、恥ずかしながら無理なわけで。


本当の意味では使いこなせていないのでしょうけど、やはりたぬ吉はショートがあってのロング、だとダブルスでは考えています。やはりショート主体に。


結論としては、もちろんたぬ吉レベルではありますが、


全球たごけんサーブで打つとしたら、ロング主体でやっていくしかない。


となりまして。


とはいっても使えないわけではなく、たぬ吉レベルだとしても、

ショート:球離れの早いサーブを打つ
ロング:球持ち長めのたごけんサーブを打つ

という使い分けで、今のところのベストなサーブとなりました。
ショートでのコントロールが非常に難しいんですよね、あのサーブ。


サーブについてはまだまだ改善点がありそうです。がんばります。