バドミントンぷれいやーず

【ツイッター】【ついろぐ】【本・DVD】

バドミントン用品の「ROOM」 




別館:https://bpstanukichi.blogspot.com/
Mail:【tanukich.ibad@gmail.com】
相互リンク
Flashscore https://www.flashscore.co.jp/ badminton



501-雑記

バドミントンを通じての繋がりは、私にとって非常に大きなものとなっています。




私の今まで生きてきた中でのバドミントンが占める割合は、睡眠に次いで長い時間を割いているかもしれません。そろそろ勉強も追いこしてきたのでは無いでしょうか、恥ずかしながら。私にとってバドミントンはもう切りようがないものとなっています。

ですが、「バドミントン」というキーワードに甘えてしまっているようにも思えるのです。
前にツイートしましたが、私と初対面の人がいたとして、その人とバドミントンを一度プレーして飲みに行くのと、プレーしないで飲みに行くのでは、会話の内容はまったく変わってくるでしょう。人よりも長い間バドミントンに時間をかけたことによって、ある程度上手くはなりました。そのバドミントンによって私自信が評価される事の割合が非常に大きく、逆に言えば私の評価はほぼ、バドミントンによってされるものです。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

そう考える事によって生まれてしまうのが、私とバドミントンを繋げようとしてしまう自分の卑しい心理です。とりあえずバドミントンをしなくとも話題にさえあげてしまえば私の評価は上げられる。それだけの自信はあるし、ネタもあります。その心理を悟られるのが嫌で嫌でしょうがなくなって、体育館以外でバドミントンの話をする事が、今でも好きではありません。深層心理ではそう考えているのにそれを見破られたくないというのは、バドミントンを主とする自分と、バドミントンとは関係ない自分を作りつつ使い分ける、そういう事なのかもしれません。だからここにような匿名ブログを作り上げ、バドミントンで評価されたいという欲求を満たしたいと考えているのでしょう。


バドミントンという存在はそれだけ大きく、今でもとても魅力あるものです。ここではそれに依存して、少しでも皆さんに評価していただけるような、そんな文章を書いていきたいと思っています。
そして普段の生活では、バドミントンに依存していない自分も大事にしてあげたいと、そんな気持ちでいます。大きな割合を占めるバドミントンを取っ払った自分が胸を張れるように、これからも向上心を持って進んでいきたいと思います。









素直に、いい話ですね。
サッカーでは、ぶつかったふりをしてファールをもらいにいったり、逆にそれを規制するシミュレーションという反則があったりしますが、もしかしたらそれはサッカーのプレーでの勝負であって、フェアプレーとは別のところにあるのかもしれません。

私自身が調べた訳ではないのでわかりませんが、審判はキーパーのボール保持が長かった為のファールを取ったらしいです。時間も決まっているようで。


バドミントンでは、時間が決まっているものはインターバルぐらいで、例えばサーブ前の時間などは定められていません。全て主審が「長い」と感じるかどうか。審判をやる方としては時間が決まっていた方がジャッジしやすいものですが、このような事があるなら、主審に任せる柔軟な対応の方がいいということもありそうです。

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ







前にこんな記事を書いたのですが、

【広島】引退・前田智“謝罪”Tシャツ発売

まさかこんな展開とはw



しかしこんな記事やTシャツが販売されるってことは、本当にもう駄目なんですね。。。

いかん、泣きそうだ。。。

一広島カープファンとして申し上げます。

前田さん、私はあなたを許しません。


これから初めてCSを戦うカープにとって、あなたは絶対に必要な戦力です。

精神的支柱などというものではありません。戦力として「前田智徳」が必要だと言うファンは私だけではないはずです。

なのに、この時期に引退発表、引退試合だなんて。

私は最後まで戻ってきて欲しかった。幾度の怪我にも負けず、球場へ帰ってきた、帰ってきてくれた前田選手を最後まで信じていました。

全盛期の力が無い事は悲しいながらもわかっています。それでも、一振りの輝きは、決して薄れる事はありませんでした。それは残念ながら、今の球界には代わりになるような選手はいません。前田選手だけなんです。


引退発表をした今でさえ、CSの大事な場面で、打席に立つ前田選手を想像するだけで、震えが止まりません。想像していたいのです。前田選手の復活を。例えそれが最後の復活だとしても、見ていたいのです。



今までありがとうございました、という言葉を飲み込み、私はあえて言わせてください。



私は前田智徳を許さない。打席に戻ってくる、その日まで。

このタイトルみて「そんな大会あるの?」思う人はいないと思いますが、無いし出来る予定もありません。念の為。



シングルスのABC

シングルスとダブルスの全小

やはりABCダブルス大会はあった方がいい、と思う。


Cクラスは確かにルールから大変かもしれないが、なんだったらチーム関係無くABC予選の1位2位のペアで各都道府県1ペアでもいいだろうし、なんだったら2位3位のペアで同じ大会でやってもいいかもしれない。


別に同じチームじゃなくてもいいんじゃないかと思う。というのも、一つのチームになかなか2名は揃わない。別チームで組む難しさはあるが、嫌なら辞退すればいいだけのことだし。

やっぱり自然なのはABCと同一日にABクラスでダブルスをやる、あたりかなぁ。別な日は日程的に春ぐらいしかないが、春は無理だろ、大人的に。


にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

あってもいいと思うんだけどね。


 
楽天イーグルス2013 8/24◆長谷部康平・母に捧ぐ登板



このブログを見ている人はわかると思いますが、私は精神論者です。
13/8/24 楽天長谷部投手は、母の告別式の後、マウンドに立ちました。

ひいき目に見てしまっているのかもしれませんが、この投球、特にストレートの勢いは球速以上にキレのあるボールのように感じてなりません。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

わかっていて送りだした星野監督、それに答えた長谷部投手。
このような記事に多くは書きません。皆さんそれぞれに正直に感じてもらえるだけで、それがどう感じてもらってもいいんじゃないかと思ってます。

ご冥福をお祈りしつつ、今後の活躍に期待します。



試合内容はまったく見ていないので、「雑記」カテゴリです。敬称略。


男子Aクラス
奈良岡(青森)圧勝
全国大会でありながら、二桁とられたのが2ゲームのみ。他の選手とは相当レベルが違うか。

ベスト4
青森 神奈川 広島 大阪

男子Bクラス
シード選手ことごとく敗れる
4年生以下は実力が大きく変わる学年。接戦も多く、準優勝した吉田(南北海道)は5試合中4試合がファイナルにもつれる。

ベスト4
宮城 北海道 富山 栃木

男子Cクラス
沖本(広島)、競るも、1ゲームも落とさず優勝。
体格が非常に気になるクラスでもあります。

ベスト4
広島 佐賀 栃木 熊本

女子Aクラス
1ゲームも落とさず内山(福岡)が制する。
他は接戦が多い。頭一つ抜けているか。

ベスト4
福岡 埼玉 東京 茨城

女子Bクラス
杉山(茨城)が圧倒。
レベルの差はそれぞれに大きいのか、接戦が少ない印象。

ベスト4
茨城 富山 長崎 群馬

女子Cクラス

石岡(北海道)が競るも2-0で優勝。
ファイナルは少ないが、どの試合も拮抗しているのか。

ベスト4
北海道 宮崎 栃木 埼玉





北海道 2
広島 2
富山 2
茨城 2
埼玉 2
栃木 3

ベスト4まで抜き出すと、栃木3名と最も多いのがなんとも面白いところ。九州は長崎福岡佐賀熊本とベスト4入りするも、複数名はいませんでした。四国はどこへいったのだろう。

え?


「バドミントン世界選手権2013」 男子ダブルス 早川賢一・遠藤大由組、 混合ダブルス早川賢一・遠藤大由組 ベスト8

素晴らしい成績なんですが、中の人、誰か連絡を。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

なんだか違う気はするんですが、

ライブドアブログ スポーツ(総合) スポーツ全般


現在、ここの35番目に当ブログがいるんですが、これってランキング?それとも、ただ単に番号が振ってあるだけ?

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ


喜んでいいのか、たまたま偶然なのかよくわかりませんが、いったいどうなんだかわかる方います?

そんなに特別アクセス数が増えた訳でもないんですけどね。どうなんでしょうか。


広島ファンの私にとってはたまりません。



広島菊池の破天荒なプレー

よかったら見てください。
某動画サイトでは「ドーナツ状の守備範囲」と言われてしまった程の選手。野球選手で体回りが苦手なのは問題ですが、バドミントンではラケットを持っている以上、体回りの処理は鬼門です。

外のイメージを強く持てば中に対して遅れる。逆もそう。バドミントンではいないところに打つのがまず第一の基本。さらにボディ狙いも合わせていくといったところでしょうか。的を絞らせないという配球で相手のレシーブをずらします。外と中の配球の出し入れによってラリーを有利に組み立てていってみましょう。ボディで足を止める、なんだかそのまんまボクシングの言葉ですね。

この選手のポイントはとにかく脚力。力と言うよりは下半身を安定させる体幹でしょうか。苦しい体勢で捕球してからの送球、これはバドミントンでも必須の能力といえます。打った後の動作、これをいかに早くできるかで次への対応は大きく変わります。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

別な競技から学ぶ事は多々あります。いろいろと眺めて回るのもいい勉強になるはずです。





といいつつ、単にこの選手が大好きなだけですけどね。。。

片栗粉飲んだような、そんな感じ。

あんなに重い飲み物初めてでした。っていうか飲み物?

その後のぐるぐるも、なんつーか軽い運動。気分が悪いのに運動させられるなんて、いったいなんて拷問?



朝食抜いての健康診断だったもので、軽いおやつをポケットに忍ばせておいたのですが、気分最悪でそれどころではありませんでした。今の科学ではあのバリウムという奴をなんとかできないものなのでしょうか。

来年もやるのか。。。もうそういう歳だもんなぁ。。。

もしかしたら、しばらく元気が無いかもしれません。

飲んで回されてなんて、健康診断のせいで体調悪くなるとしか思えない。。。



大丈夫だろうか。。。。。

あなたのバドミントンは?


・ラリーを増やすバドミントンですか?減らすバドミントンですか?

・決めるバドミントンですか?ミスさせるバドミントンですか?

・ネット付近で勝負しますか?エンド付近で勝負しますか?

・ネット前に行きたいですか?後ろに下がりたいですか?

・フォアで打ちぬきたいですか?バックで捌きたいですか?

・攻めたいですか?攻められたいですか?

・守りたいですか?守られたいですか?

・パートナーに決めて欲しいですか?自分で決めたいですか?

・パートナーに動いてほしいですか?自分で動きたいですか?

・クロスに打ちたいですか?ストレートで勝負したいですか?

・低い羽根を出したいですか?高い羽根を出したいですか?



最後に。。。



・臨機応変に対応しますか?こだわりはありますか?
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

あなたのバドミントン、プレーで主張してみませんか?

西武 木村 プロ3打席目のV弾 ドラ1元投手から打者転向


たぬ吉は野球が結構好きである。
だから何?という記事は基本的には、というかたぶん書いてない。

06年高校生ドラフト1巡目で入団した7年目。渡辺監督の現役時代の背番号41を託され、大きな期待を寄せられた。11年にはプロ初勝利も挙げた。しか し、昨季開幕前の練習中に腰を痛め、本来の投球ができなくなったため、9月に野手転向。毎日1700スイングを自らに課し、入浴が困難になるほど手の皮は ボロボロにむけた。猛練習で体をいじめ抜き、痛み止めの薬を飲み過ぎて吐き気を催したこともあった。体重は93キロから83キロまで落ちた。

毎日1700スイング・・・・・・。
体ができている成人男性、しかもプロ野球選手といえども、一日1700スイングとは。。。

筋肉を付ける為、体を野手に作り変える為、フォームを固める為、どれにしても非効率的と言わざるを得ないが、それでも、ここまでやったからこそこの結果が出せたと私は思う。本当に効率は悪いかもしれないが、一番最短距離を走ってきた可能性もあることはある。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

精神力、私は、やはりこれは大事であって、体を根拠無くいじめ抜く事も意味がないと言えないと思うのだ。昔ながらの精神論者だからかもしれないが、これだけのことができればこれだけの成績がだせる。合理的なメンタルトレーニングも必要だが、非合理的な精神修行も、必ず役に立つ場面が来るはずだ。


もっとトレーニング内容とか見たかったわけですが・・・。

楽しみにしていただけに少し残念な内容。

というのも、野球好き、山本昌選手が好きな人には満足できる内容でしたが(もちろん私もその一人)、残念ながらトレーニング、普段の生活等が少なかったのです。

少しだけトレーニングが映っていた部分は興味をひかれました。
以前放送された佐々木翔選手の時と同様、強い負荷をかけるトレーニングよりも、柔軟性や関節の可動域を広げるようなトレーニング行っているようです

佐々木選手も若いとは言えないが30歳。山本選手は47歳。怪我をしない為にも、よりパフォーマンスを上げる為にも、関節の可動域は無視できないと言えるでしょう。

若い選手の場合は、アウターに加えて可動域を広げるトレーニングをするべきなのだろうか、それともアウター自体無意味となるのでしょうか。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

気になる部分ではありますが、怪我をしない為にも、いろんな角度からトレーニングを見直す必要がありそうです。

たまにはサイドバーも見てあげてください。。。



現在ブログサイドバー右側に、「人気記事」という欄があるのですが、これを見ていると時々面白い発見がありまして、だいたいは最近投稿した記事がランクインしてくるのですが、見てみると、






・29日のアディダス試打会、残念ながら行けなくなりました。なんだってこんな時に練習をいれやがったんだ。

・予定を見越してなのか、がっつり前半は練習が入ってます。

・後半は自分の大会が1日。



考えれば考えるほどあっという間。1日か2日ぐらいは、布団からでないぐらいに休みたい今日この頃。


そんな訳で、アディダスの試打会に行かれる方、是非とも情報公開お願いします。特に気になるのは、

・シャトルの質
・シューズの足形
・ラケットはついででいいです。

シューズの足形は、今履いているシューズ(メーカーと品名とサイズ)との比較がわかるととっても嬉しいです。
お持ちのブログに公開したり、ツイートしたり、なんでもいいので情報を楽しみにしてます。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

行けない私の代わりに、少しでも多くのアディダスバドミントンの、バドミントンプレイヤー目線の情報が公開されることを祈っています。




あーーーーーーーーーーーーーーー行きてーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!






競馬の追い込み馬勝利レースです。

ダートに変わって一変したブロードアピール。そしてずっと勝ちきれなかったステイゴールド。

試合で結果が出なくても、何かが変われば一気に開花するはず。例え最初に遅れたとしても、最後にはきっといい成績が出せる。そう思いながら、次への指導の活力にしています。


たぬ吉は野球が好きです。


中日の投手、山本昌選手、勝利です。47歳。本当に頭が下がります。
47歳でプロ野球の中でしっかりと実績を残している事は、もうどれだけ凄いか、想像するのも難しいです。

活躍できるだけの体づくりには一体どれだけの時間をかけているのか、筋力トレーニングから投げ込み、体のケアまで、山本昌選手の普段の生活がとても気になります。おそらくは、そこに長い期間アスリートで居続けられるヒントがあるはずです。

バドミントンでも全日本シニアは75歳以上。プロではないにしても、バドミントン競技をそこまで継続できるか不安でなりません。もちろん山本昌選手の47歳までどれだけのスキルを維持できているか、そんな自信はまったくありません。

むしろ、維持しようとしているだけで後ろ向きなのかも。向上心持ち続け、実行し、だからこそ結果が出せているのでしょう。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

プロである以上、年齢ではなく結果がすべてな世界かもしれませんが、私は47歳の山本昌選手がいつまで活躍できるのか楽しみで仕方ありません。ファンを楽しませる、それがプロの選手の仕事ですし、47歳というフィルターを通しても通さなくても、山本昌選手の現在の実力は褪せるものではありません。




PS.実は昔は、山本昌選手よりも今中選手のピッチングが大好きでした。140Km/h代のストレートと落差のあるカーブにしびれまくってました。カーブの球筋が好きなのかなぁ。星野選手、大野選手、今なら前田健太選手。もうこの人の話をすると、いつの話をすればいいのかよくわかりません(笑)

このページのトップヘ