バドミントンぷれいやーず





【mixi】 【facebook】 【ツイッター】【ついろぐ】【本・DVD】

よそぎる バドミントン用品の「ROOM」 
Mail:【tanukich.ibad@gmail.com】

過去の記事へのコメントや、ブログ以外の質問や雑談がありましたら、どんどんとご利用ください。

リンクフリーです。バドミントン関係なら相互リンクします。



/>

61-バド用品、メーカー情報

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
・ベリークール加工だが・・・

暑い。長袖長パンは夏場はお勧めしない。どうしようもない程では無いが、やはり夏場は半袖ハーパンタイプがベストと思われる。

・姿勢はとってもよくなる

着ていて一番に感じるところが姿勢である。座るにしても立っているにしても、「これが自然な感じなんだな」と実感できる。

・着用して効果はすぐ出る

しばらく着て練習していくうちに徐々に、というよりは、着た瞬間からいいパフォーマンスでできる。

・脱いでも効果は持続する

脱いだ状態でもゆがみ修正は維持される。つまり、昼間着ていれば、寝てるときまできている必要は無さそうだ。長く着れば着るほど骨格のベストポジションを体が覚えてくれるので効果は続くと思われる。

・バドミントンが強くなるかどうか

 ここが一番気になるところだと思うが、私個人のレビューでは「強くなる」と断言できる。だが、これは即効性があるものではない人もいるだろう。おそらく相当の個人差がでてくると思われる。
 私の場合は単純にスマッシュ、ドライブ、レシーブ等は抜群に速く返球できるようになった。骨格の位置が変わるのでドロップ等は少し心配だったが、今のところはよくも悪くも無い状態である。
 問題は、膝である。元々膝の軟骨が悪かった上にO脚だったのでいい状態ではなかったが、若干O脚も改善された。だが、それがバドミントンに直結してよくなるかといえばそうではなく、膝回り、ふくらはぎ付近の疲労感は今まで以上にある。やはり、バランスが悪くなったものをよくしているわけだから、着用していい状態になれるまでに時間がかかるのだろう。上半身、肘回りは負荷が軽いせいかそういう感覚は無いが、全体重のかかる膝付近には、今まで悪かったバランスの悪影響が残るといえる。
 
 とりあえず着用するなら上半身、長く先を見るなら上半身に下半身をプラスして着用することをお勧めする。効果は着ればわかるので是非体験してもらいたい。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
着用して感じたことを忘れぬうちに書き留めておこうと思う。

まず他メーカー製と大きく違うのは、骨格を治すということ。
例えば背中が曲左側に傾いている時は、左の筋肉が緊張し、右の筋肉がゆるんでいるせいでおこる。このSTBは、着ることにより筋肉を補助し、右の筋肉を助ける事で骨格を正常に戻す。体のバランスがよくなり、プレーにいい影響がでる、というもの。

つまり、後ではなく、練習、準備段階で使用するものであるということだ。


着用当初は若干の疲労感がでる場合がある。私はあった。つまりは崩れたバランスを正し正常に戻す為、もともと使っていなかった筋肉を使っている可能性があるのだ。だから、いきなり大会に合わせて着る、という使い方はお勧めできない。少なくても数週間きっちりと練習、またはそれ以外で使い続けてからの方が安心できる。

慣れ始まってくると、途端に窮屈感が無くなり、とても快適になる。基本的にバドミントン選手はバランスが悪い。利き腕メインで体を動かすわけだから、競技歴が長ければ長いほどその傾向は強い。そういう選手には本当にこのヨネックスのSTBはお勧めできる。

ただ、前述したように、いきなり激しく使用するのは控えた方がいいだろう。慣らし運転しながら(普通の生活で着ながら)徐々に運動し始め、大会では着用しないで済むぐらいの感じで着てみて欲しい。

また感じたことがあればレビューしますが、今のところプレーの感想は、

「体勢が崩れないからえげつないスマッシュが飛んでいく」

事が頻繁に起こり始めている。ちょっと本気でスマッシュで生きていきたくなるかもしれない。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
プチメリット
・長いパンツでもプレーに支障にならない

滑るから。普段は冬でもハーパンでプレーしたい私でも、夏に長パンでも、膝付近にまったく引っかかる感じが無い。

プチデメリット
・パンツがはけているのか脱げているのか感覚が無い

いやいや、脱げているはずはないんだけども、ようは長パンツの感覚が無いわけだから、例えばズボンのゴムが切れてずり落ちていたとしても気がつかないかもしれない。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
MUSCLE POWER STB

細かいことはヨネックスのホームページへ。

緩んだ筋肉によってバランスが悪くなった骨格を正しい場所へ戻し、パフォーマンス向上させるというもの。今のところ日本バドミントン協会の審査合格品ではない為大会での着用はできないと考えられるが、効果は

練習で着る→体が正しい骨格を覚える→脱いでも効果が持続する

ので問題は無いとのこと。

正直言って話しを聞いただけでは「本当かよ・・・」といった感じだったが、着てみて納得できるものだった。着用には若干手間がかかるが、着た後の締め付けはプレーを妨げるほどは無く、心地よい圧迫感を味わえる。ベリークールとなってはいるが、夏場の長袖は暑い。それでもプレーに支障があるほど暑くは無い。思ったよりも暑くならないが、むしろプレー後の冷えの方が気になるかもしれない。乾く素材は使っているものの、やはり濡れた感じになる。1度の練習ならいいが、例えば午前、午後に練習をする場合は2着必要に感じる方もいるだろう。さらに着用して、感想を書いていきたい。

唯一気になる点は、骨格を治す為に筋力をサポートする訳だが、私の場合、膝の軟骨が悪い為、ここにとても違和感を感じた。実際のプレーでは問題なかったが、極端に言えば、膝がずれている感じがしたのだ。

・着用方法ミス
・悪い膝の位置を修正したから

おそらく後者だろうが、これによって故障してしまってはまったくの無意味だ。いきなりではなく、少しづつ慣らしながら使うのがいいかもしれない。

むしろ、日常生活でできるだけ着ていた方がいいのではないかと思うほど、姿勢であったり疲労の感じ方であったりが変わってくる。毎日着て毎日洗濯した場合の耐久性も気になるところではある。

数日でわかるものでも無いかもしれない。また一週後ぐらいにはレビューを書いていきたい。今のところは◎である。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
YONEXアンダーウェアSTB

時間が無いから詳細は後ほど。すっげーいいよ!
プレーどうこうよりも、運転中、今まで腰あたりが曲がってた気がするのが、まっすぐ座れるように、しかも自然に座れるようになったっぽい。椅子に座ったときの足組癖も、自然に組まなくて平気に。

まさかこんなに効くとは思わなかった。プレイヤー以外にも素直に勧められるかもしれない。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
Babolat
サイトへ行くと、延々とスイング音が流れるから若干注意。

別にトリパンの肩を持つわけじゃないんだが、この間軽く借りてみたら、、、凄くいい感じがする。
ヨネックスなら、ナノスピード系からならすんなりと移れるだろう。逆にAT系からはどうかな。

ただ、なんだかどのBabolatのラケットも似たり寄ったりのイメージがあるのはデザインのせいだけでは無さそうだな。基本的に

・トップライト〜イーブン
・堅すぎないシャフト
・厚ラケのような面安定性能

全て試したわけじゃないが、ヨネックスよりもラケットの幅は小さく、逆に好感が持てた。つまり、Babolatにはまると将来ずっとBabolatって選択もありえると。
全般的にフォローしているヨネックス、一部を集中してフォローしているBabolat、この図式は面白いね。今後、機会があれば一つずつ紹介していきたいから、誰か貸してくれないかなwww

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
ARC9 アークセイバー9

ARCシリーズはいままで7と10が発売されていたが、この秋新たにARC9が発売されるようだ。
触れ込みはといえば・・・

「女性専用ラケット」

もうアホかと、馬鹿かと。なんでわざわざハードルを上げるのだろう。女性向のラケットだったとして、女性のような筋力の男性、もしくは小学生や中学生にだって向いていると思うのだが、女性専用としてしまうとそういった層が買いにくくなるのではないだろうか。

まあ、ここでヨネックスの戦略を叩いても意味が無いので知りうる情報を公開しよう。

・白にピンクのかわいい色使いwww
・シャフトは柔らかめ
・ヘッドバランスはARC7ぐらい

ん?かわいいピンクの柔らかいARC7ってことか?ってことだなw
ARC7がやはりそういった層に好評だっただけに2匹目を狙ったと思われるが、正直言うとなかなかよさそうなラケットではないだろうか。もちろん上級者向けではないが、MP80と同様の層は狙える。

後は、カラーが気に入れば、だなw

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
Ti-10 復刻版

作り変えてるの?これって海外販売用の売れ残りじゃないのか?
もし作ってたとしても、海外販売のラインをそのまま使っただけだろうから、果たしてそれを復刻というべきかどうか。。。。

ってことならば、昔と同じってことだから、昔から使っている人にはお勧めかもね。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
全然レビューを書いていなかったwww

【もっさり】
あくまでARC7の上級者版。優しく振って強く飛ばす感があるが、強く振ってもそれなりにという感じがある。まだ使いこなせていない部分はあるかもしれないが、若干の悪癖は否めない。
だいたい、柔らかくして強く弾くのなら、なんでトップライトを出さないのだろう。

トップヘビー=それなりにしなる

のだから、ヘッドの軽いラケットでしなって弾くのならもっといいと思うのだが。

あくまで管理人はトップライト支持者である為の酷評と思って頂きたい。
個人的な感想は、ARC7の方が楽なラケットであり、NS9000Sの方がしっかり弾いてくれるラケットである。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
前にも一度触れたと思うが再度ラケット選びに付いて触れてみたい。

1.攻撃型ラケット、守備型ラケット
何をもって攻撃型とするのか守備型とするのか、非常にこの説明には疑問符が付く。
単純に考えて、ヘッドが重いラケットを攻撃とするのか、シャフトが堅いものを攻撃とするのか。
じゃあヘッドが軽くてシャフトが堅いラケットはどう判断するのか。

2.攻撃型に合うラケット、守備型向けのラケット
あなたがどう思おうと勝手だが、その選手が攻撃型なのか守備型なのか、何で判断しているのだろうか。スマッシュを打つのが得意だから攻撃型というのなら、その選手が客観的に見て本当に速いスマッシュを打てるのかどうかすら怪しい。極論で言えば、同じ攻撃型でも小学生の女の子か現役バリバリ大学生なのかでまったく違う。

そんなわけで、ここは思い切ってお勧めラケットを軽くあげてみたい。

1.小学生低学年
Ti-Z Ti-1
2.小学生高学年
Ti-3 NS6000 MP-30 ARC7
3.中学生
NS6000 Ti-3 Ti-7 NS7700 ARC7 AT-500 
4.高校生
NS7000 Ti-7 NS8000 NS9000S CAB23 ARC10 AT-900T&P 
5.大学生
NS8000 NS9000X CAB23 ARC10 AT-900T&P AT-700

かなり大雑把で適当に書いてしまったわけだが、競技年数とセンス、体格も絡んでくるので、あまり三項にはして欲しくないw
根拠として、競技年数と腕力が上がるほど、「シャフトの堅さ」を上げている。つまり、スイングスピードが上げられるから、シャフトが固くてもそれを生かす事が可能となってくる。ヘッドの重量は、一応主観で、左からヘッドが軽く、右へ行くほどヘッドが重くなっているはずである。これは単純にプレースタイルではなく、好みと考えている。ようは、振りやすいか振りやすくないか、だ。
あなたは攻撃型だからこのラケットを、というのはあまりに短絡的過ぎる。腕力の無い選手がスマッシュを打つのに、ぎりぎりまでヘッドの重さを軽くしたい場合もあるだろうし、攻撃力を補うという選択でヘッドが重いラケットを選択する選手もいるだろう。

つまり、そのラケットを購入してどうしたいのか、そして、それが最低限使いこなせる性能か、それは私が攻撃型だから攻撃用のラケットを、という話にはまったく結びつかない。振りやすければ、それが最適なラケットであり、プレースタイルに合うラケットというのは、ありそうでほとんど無い。それだけオールラウンドな技術が必要なスポーツなのだろう。

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ


ついに3位になりました。ここからは大変そうだけど、1位とったら画面コピーして保存しとこっかなwww

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
あまりにかっこいいので、レイアウト崩してでもトップ絵変更しちまったい。

ばどみんとんぷれいやーずARC10ヴァージョンw

ヨネックス様、勝手に使ってごめんなさい。文句があるなら。。。消します、、、、、、。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
アークセイバー10が、おそらく3月にはヨネックスから発売されそうだ。
3月発売、もう1ヶ月を切っている。だが情報が極端に少ないのには某国、まあ放言を主としているような管理人には伏せる事も無意味かもしれんが、そう、餃子で大騒ぎの国である、この国の影響があるとのことだ。

最近行われた新作発表会では、なんと、実物に触ることができなかったらしい。堅さを手で確認することもできず、さらには撮影すら禁止。そんな事ってありえるの?と思い突っ込んで聞いてみると、やはり中華の国の問題がでてきた。

去年発売になったAT900-PとAT900-T。これがその某国ではアーマテックならぬ【アーマアタック】として発売されていたらしい。しかも本家の発売前に。さすがにこれには参ったらしく、必死に情報を漏れないように注意を払い、今回の遅れた発表となったわけである。

確かに見せてもらったカタログにすら写真も無い状態だからどんなものかもよくわからないよね。一応話によると、ARC7よりも固め、ヘッドは少し重くなるとのことだった。逆に言えばその程度しかわからなかった。知り合いに聞いてもそれ以上の情報は得られなかったとのことだった。

レビューにはならないが、中国の贋作、なんとかならんかね。。。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
ヨネックスより

靴のソール部分が剥がれる欠陥があったとのこと。すぐヨネックスへ問い合わせを。
ただ、基本的にはシューズを送って確認後新品返却(送料等はヨネックス持ち)だけど、部活やっている子に送品しちゃったら部活できないよね。かといって、そのシューズで練習やるのは危険ってことらしいし。

ヨネックス、どう対応するんだろうか?ってあれ?俺のシューズじゃんwwwwww

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
・ATなので「パワーアーマーシステム」がデフォ装備。
・NS9000から「ゴムメタル」を継承。

サイズ:4U5、3U4、3U5
推奨張力:4U-19〜24P 3U:20〜25P
定価:¥25,200- と大変お高くなっておりますw

推奨ストリング
パワー:BG65P NBG95
テクニック:NBG95 NBG98

-----上記メーカーカタログ情報-----
-----下記は適当に内部情報と感想(誤記の可能性がアリ、注意)--------

・パワーの方が若干固くヘッドヘビー。テクニックもパワーほどではないがヘッドヘビー。
・パワーにはゴムメタルがジョイント付近からシャフト部分に盛り込まれているので、スイングのしなりをより強くヘッドスピードに変える。
・テクニックは、フェイスサイド〜トップ部分にゴムメタル装備。フェイスのブレを抑える仕様で、早い展開にはこちらの方が安定して(思ったところに)羽を返せる。
・色はパワーがファイヤーレッドw、AT700風。テクニックがクールホワイト、AR100風。
・NS9000同様、シャフトは相当固いが、ヘッドが重い分NS9000程超上級者向けにはなっていない。

後日、打つ機会があれば感想アップします。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
ヨネックスの新製品ラケット、

「ARMORTEC900POWER」「ARMORTEC900TECHNIQUE」

AT800の後継。それにゴムメタルを埋め込んで、名前を変えた

「だけwww」

と言ってしまうのは問題あるか。やっぱりヘッドライトのNS9000よりは、ヘッドヘビーなAT系のラケットにゴムメタルの方がしっくりくるような気がする。3月発売予定。

相変わらずヨネックスの選手適応表はわけわからんな。パワーは男子上中級女子上級なのに、なんでテクニックが、男子上級女子上中級なんだろ?ナノ系の発展も見物だが、AT系をしっかり伸ばしてきたあたり世界の状況と日本の温度差を物語ってるね。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
今の世代にはわからないだろうが、マスタークロスといえば、反ヨネックス派が一度は手にするシューズだった。

ミズノ 「MASTERCROSS WAVE DX」「MASTERCROSS WAVE XX」

がこの秋(まだ先なんだねぇwww)発売予定。XXがローカット、DXはヨネックスで言うミッドカット。昔ほどのハイカットにはなっていない。

ちなみに私は反ヨネではないのと、足の形がミズノ特有の先細に合わないため選択肢にすら入らないが、ヨネックスの3Eだと少し足先が広いと感じる人は試してみるといいだろう。なんてったってあの

「マスタークロス」

だからさ。知らない人は、近くの20代後半〜40代ぐらいの人に聞いてみようwww

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
NS7700に続くヨネックス秋の大型新作、大人気ロングセラーのSHB-65Fの後継モデル

SHB-65R

が登場する。簡単に言えば、SHB90シリーズについていたラウンドソール(靴底の内側が丸くなっているもの)を搭載した、最軽量のSHB-65F、ってことだが、ラウンドソールにした分どうしても厚みがでて重くなる。そこで、靴底部を徹底研究し、必要ない部分を排除しながら軽量化を計った。

デザインもなかなかいい。99LO(ウルトラマン仕様)も捨てがたいが、やはりシンプルでかっこいいこのモデルもいいものである。

ラウンドソールで若干好き嫌いが出るかもしれないが、試しに履いてみる価値はありそうだ。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
ヨネックスの秋物発売予定新商品、NS7700についての情報。

1.堅さは、NS6000とNS7000の間ぐらい。
NS7000で堅いと感じた人、ちょっと疲れる人に丁度いいか。

2.グロメットは、NS9000とほぼ同じ。
なかなか張りづらいらしいね。

3.剣先部分に振動防止部材を入れている。
デザイン的にはどうかと。剣先の先の部分に大理石のような色をした帯が入っている。NS7000での直にくる感覚が好きな私にとってはどんなものかと。

4.その他、NS6000とNS7000のいいとこをとろうとしている
NS6000とNS7000以上で大きな開きがあっただけに、だったらなんでNS6700じゃないのかとメーカーに問い詰めたい。


このNS7700の中途半端さは、幅広いユーザーに支持されるのではないだろうか。ヘッドライトで若干柔らかめとくれば、MP-80、もしくはTi-7あたりからの乗り換えはスムーズにいきそう。NS7000で飛びついて購入したが、なんだか疲れるという人は是非試して欲しい。

逆にいえば、いわゆるブンブン振り回し型のハードヒッターには不向き。例えば、NS8000、NS9000、MP90、MP-100からの乗り換えはお勧めしない。AT系からなんてもってのほか。


トップライトで柔らかめであれば、やはり女性を中心に、男性ならシニア、小中学生、中級者ぐらいまでといった感じになるのだろうか。腕っぷしに自信があるなら選択しないように。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
このカテゴリは、主に新商品を中心に情報が入り次第投稿します。新商品以外にも、便利なものや気になるものがあれば、その都度更新予定。

このページのトップヘ