バドミントンぷれいやーず


・【バドミントンぷれいやーず】
・【ヨネックスに頼らないバドミントン(仮)】



【mixi】 【facebook】 【ツイッター】【ついろぐ】【本・DVD】

よそぎる バドミントン用品の「ROOM」 
Mail:【tanukich.ibad@gmail.com】

過去の記事へのコメントや、ブログ以外の質問や雑談がありましたら、どんどんとご利用ください。

リンクフリーです。バドミントン関係なら相互リンクします。



/>

203-バドミントンものの小説を目指すカテゴリ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
もともと適当に始めてしまい、まさかここまでいろいろ書くとは思ってもいなかった当ブログ、いい加減ほったらかし過ぎの項目を少しは救い上げてみようと思った今日この頃。

そんな訳で小説を目指すカテゴリである。2007年1月31日からさっぱりと手付かず。もともとは「スマッシュ!がマガジンで巻末に近づいているんじゃね?このままじゃやばいんじゃね?」ってつもりで挑戦しようと思っていたが、思いのほか頑張るスマッシュ!。恋愛路線をからめつつ、玄人好みの技術ネタを若干交えつつ、生き延びております。期待しています。


というわけでカテゴリ自体の存続の意味が無くなった訳だが、実は個人的にこういうくだらない事を考えるのが好きで、今でもいろいろと考えたりしています。もっとも、プロの書き物屋さんではないので読んでもらえるレベルにはおそらくならないとは思いますが、ちょっと本気で半年ぐらいかけて少しづつ書いてみようかなと思っている、、、今日この頃w

基本的には、考え事があると良く眠れるタイプなので、こういう作業って苦じゃないんだよね。布団の中で作業が進んで、朝それを書き出し、夜修正。また布団で進めて、みたいなサイクルは以前某所でやっていたりもしたもので。


ただ、問題は、いつもどおりの「更新意欲」なんだよなぁ。。。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
もちろんいつ進むかもわからんしかなり適当ではあるけども、序盤は

「覚醒してない頭文字D」

なんかどうかなーと。
それにしたってゲーム描写はきっついなwww企画倒れ可能性大だわ。。。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
主人公設定はおいておくとして、やはり登場する選手の個性を大きく出したい。例えばスマッシュ!ではそれがあまりにも描かれておらず、いきなり主人公が覚醒するも何が凄いのかよくわからない状態になってしまった。その相方もヒロインでさえも、何が凄くて世界一を目指せるのかまったく不明である。

スラダン・・・花道は最初ダンク、リバウンドのみ。そこから技術を仕込まれ・・・
キャプツバ・・オールラウンダーの翼君、パサーの岬君、ドリブラーの日向君、顔面(ry
アメフトの・・足が速かったりデブでパワーがあったり、キャッチ専門だったり
一歩・・・・・カウンターパンチャーやらアウトボクサーやら、インファイターやら

とまあ、これだけキャラに技術的な特徴があり、それがポンポン浮かんでくる。やはり、そういう図式を作るためにも、キャラに個性をつけるのには必要不可欠だろう。それをバドミントンでやるとすると、

1.スマッシャー
2.フットワークとヘアピンがスゲー奴
3.右利きだけど、バック奥を左手で打つ奴
4.スゲーフェイントばっかの奴
5.とにかくカットしまくる奴
6.ネットインマスター
7.曲芸師

結構面白いのでてくるなwこれをダブルスプレイヤー限定技術とすれば、

1.双子w
2.ミックスのような、トップアンドバック主体
3.拾いまくり
4.フロントコートストッパー
5.スマッシュ遅いが必ず後衛スマッシュ→前衛プッシュで決めてくるペア
6.前衛を影にしながら後衛が羽根を打ったり
7.全部攻めてくるやつら

今のところこれぐらいだけど、考えればいくらでもでてきそうだwwwこういう設定をメモしつつ、要所で小出しにしていければ面白そうだなw

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
これが以外に難しいかな。醍醐味はやっぱりダブルスのローテーションだと思うんだけどもさ、そうなると、一人だけ特別というわけにはいかない。

キャプテン翼の岬君にするか、もしくは両親が仲いい同級生二人にするか、思い切って双子にするとか。

と考えているのも、やっぱり特殊な、通常で部活を進めるのじゃありきたりだと思うし、ならば、やっぱり「誰だコイツ」的なシーンを作ってみたい。その設定の一つとして、「中1中2は試合経験無し、学校にも部活無し、親、もしくはそれに付随するクラブで徹底的にしごかれて、中3で学校から大会出場の許可が出る」というストーリーを二人特殊にしなきゃならない。とするとその二人は少し特殊にしなきゃならないのかもなぁと。二人特殊って難しい。一人、まあシングルスならなんとでもなりそうなんだけど、そっかぁ、シングルスかぁ。シングルスでいくなら親にしごかれていた、って設定でなんとでもなるよなぁ。

うーん、最初のとっかかりを、シングルスで攻めるか,ダブルスで攻めるか考える必要がありそうだ。。。ということで、また次回持ち越しの方向でwww

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
キャプテン翼・・・小学生
メジャー・・・小学生
P2・・・中学校
テニスの王子様・・・中学校
俺はキャプテン・・・中学校
アイシールド21・・・高校生
スラムダンク・・・高校生
あひるの空・・・高校生
シュート・・・高校生
ダイヤのA・・・高校生
はじめの一歩・・・高3

めんどくせぇからこの辺で。ざっと調べただけだけど、小、中よりも高校の方が多いんだな。
高校ではじめるパターンでは、何かに特化した主人公がそれを生かして上り詰めるような形。
逆に小学生は、その素質に気がついたり、もともとそれが大好きだったり。

そうすると、バドミントンで高校生はなかなか難しいかもしれない。野球、サッカー、バスケ等メジャーなスポーツに挑戦するタイプ、それと身体能力を生かすタイプな為、マイナーなバドミントンは不向きと思われる小学校、中学校あたりが自然。


オープニング→中3
そのまま小学校6年か中1ぐらいから始めようと思うwww

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
スマッシュが風前の灯火の今、なんとかしようとしてみるフリをするのがここ。
新しい原作か、スマッシュの今後か、とにかくそんな内容のものを投下しまくってみる。

このページのトップヘ