バドミントンぷれいやーず

youtube動画公開してます  【ツイッター】【ついろぐ】【本・DVD】

バドミントン用品の「ROOM」 


https://www.youtube.com/user/tanukichibadminton/

別館:https://bpstanukichi.blogspot.com/
Mail:【tanukich.ibad@gmail.com】
相互リンク
Flashscore https://www.flashscore.co.jp/ badminton



11-ダブルス 前衛論


にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ


ちょっと前の記事で

「ラケットを右か左に準備をしておく」

というような事を書いた。
もしこれがわかりにくいなら、

「ストレートかクロスにラケットを準備しておく」

の方がわかりやすいかもしれない。
どういう事かと言うと、今主流のスマッシュセンター狙いではなく、スマッシュをサイドにコントロールしてもらう
。サイドラインへのスマッシュなら次のリターンはクロスかストレートになる。

さて、ここで、じゃあどちらを待てばいいのかという話があるかもしれないが、たぬ吉としては一つ提案をする。

「とりあえずストレートを張っとけ!」

乱暴ではあるが、スマッシュをクロスへレシーブするよりもストレートの方が楽だ。速いスマッシュであればなおさらストレートにリターンがくる。わからないと迷うぐらいなら、まずはストレートを張ってみると前衛で止められるかもしれない。

あくまで極論ではあるが、次回、突っ込んで書いてみようと思う。おそらくタイトルは「クロスへのリターンを張れ」ってな感じになると思う!?

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ


「前衛で何をしたらいいのかわからない」 に、答えます。

どこに飛んでくるのかわからないのは前の記事で確認して頂いて(他の方法については別途)、今回は高さを合わせる方法です。

これ

相手の攻めたリターンについては、ネットの極近い高さを通過してこちらエンドへ入ってくる。つまりは、相手からの一番低いリターンの高さは、相手の打点とネットの高さを接点とする直線になる。これに相手の技量と失速しての落下を計算して、とまでは言わないが、だいたいは打点とネット高さを通過する線上にラケットを置いておけば高さは問題ないということになる。

これは、相手がパートナーのアタックやドライブを攻めてきたと仮定しているものであり、大きなロブのような逃げるショットには当てはまらない。当てはまらないが、大きなショットは時間がかかる為、カバーするにしてもパートナーに任せるにしても、どの位置にラケットを置いておいても問題は無いだろう。

よく、前衛に入ったらラケットを上げて!というアドバイスを聞くが、間違いでも有り正解でもあるのはこういう理由の為である。パートナーのスマッシュがドライブ気味なのにラケットを上げて待っていては簡単に頭付近を抜かれてしまう。ポジションによっては、下がり気味の時は大きく上げても問題無いし、逆にネットに張り付いている場合は、ネットの高さに合わせて準備しておいたほうがいいだろう。

「ラケットを上げて!」は「早く構えろ!」に置き換えたほうが良い結果がでるはずだ。何度も書いていることだが、準備は早くして損することは無い。とにかく早く準備してしまえることが望ましい。

高さにラケットを合わせられるようになれば、後は右左だけの問題。いろいろな情報を仕入れて右左を判断してみよう。



にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ


にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

ディープピープル
-----以下番組紹介-----
かつてないDeepなトーク番組。

同じジャンルで活躍する一流のプロフェッショナル3人が一堂に会し、司会を介することなく、当事者同士にしか語ることのできない深みのある、臨場感あふれるトークを繰り広げます。
一般的なトーク番組によくある「その道に入ったきっかけ」「個人の苦労・挫折」「目標・夢」などは一切無し。達人ゆえの技とこだわり、神業ともいえる皮膚感覚、知られざる現場の真実・・・・・など、その奥深い世界に分け入ります。

あまりにも深すぎるため、トークには解説を加えます。芸能界きっての博覧強記ぶりを誇る奇才・関根 勤さんが、中村慶子アナウンサーとともに、プロフェッショナルたちの 「ディープ・トーク」をモニタリング。
マニアックな情報を織り交ぜながら、トークを堪能するお手伝いをします。
-----以上-----

前回は、バレーボールのセッターということで、真鍋さん、中田さん、竹下選手の3人のトーク。
この番組の存在を知らなかった私は、見事卓球の回を見逃したわけだが、これは真剣にみてみたかった。

この3人の話の中で、アタッカーが共通に感じる「ボールが止まる」という感覚。川合俊一いわく「まったくばらばらなプレーの3人」という話だったが、これだけが共通だった。動いているボールが止まるというなんともありえない感覚ではあるが、私の考えでは「頭のシンクロ」では無いかと思う。
セッターのトス、アタッカーのアタックポイント、この両者のイメージの差、ボールの動きの予測の誤差が少なければ少ないほど、そのような感覚が生まれてくるのではないだろうか。コミュニケーションとかそういうものではなく、経験やそういった動きの中で生まれるシンクロがボールを止めるのではなかろうか。

バドミントンではどうかといえば、その相手は対戦相手になるが、思い通りに羽根が飛んできた時がこの感覚に近い。
例えば

ネット前の軽いプッシュ→相手のクロスドライブ

このプレーを、プッシュの前に想像できる事がある。そのイメージを作りつつプッシュを打ち、さらにリターンがその通りに返ってくれば後は叩くだけである。こういったイメージはダブルスの前衛によく生かされるが、羽根が返球されるイメージ通りの場所にラケットを置いておけるのだから羽根は止まっているも同然。時間を待って、その時間になったら叩けばいいだけだ。
味方同士のやり取りではない分意思疎通とはいかないが、感覚的には似たようなものではないかと思う。もちろん違うかもしれないが。

卓球も見てみたかったが、今後もスポーツの会があれば是非見てみたい。




最後に、真鍋選手の言葉より。

「トスをして、それをアタッカーがミスしたとき、俺のトスが悪かったんだ、と常に考えていた」

ダブルスプレイヤーは特に思い返して欲しい。これが向上心であり、思いやりであり、ベストプレーに近づくはず、とたぬ吉は考えている。

-----【5月8日(日)まで】目指せランキング1位-----
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
-----現在 IN-8位 OUT-2位。ご協力ありがとうございます-----



以前、打った瞬間やらなんやらかんやら、とにかく早いタイミングで準備して、ということを書かせて頂いたが、いきなりそれが難しい。

どれを取れば良いのかわからない、何が来るのかもわからない。この状況をなんとかしなければいけないが、まずはなんとなく「ここら辺?」というところまで持っていきたい。


情報としては、パートナーのショットや相手の立ち位置、ラケットの向きや体の向きなどいろいろあるが、それらをいろいろと頭に入れて、最初はなんとなくでもいいしはずれてもいいから「こっち?」という方向にラケットを上げて出しておく。本当に外れても良い。外れたらそこから追いかければいいだけなのだから。


もし正解だったら、今度はそのシャトルを捕らえる、もしくは当てる方法を考えていく。はるか上を抜けたのであればまず届かない。ジャンプしたら届くのか、もっとサイドへ構えていたら届くのか。いろんなところへラケットを置いておいたりポジションを変えたりしてみると、いずれ当たるポイントが見えてくる。

つまりは、わからないではなく、当てる為にいろいろとやってみなければ当たる感覚は身につかない。経験が必須のプレーでもあるが、その経験も1試合行えば相当数の経験を詰めるプレーでもある。
それがわからないまま終わるのではなく、あっちこっち、せいぜいその程度から一歩一歩進んでいけば、いずれは捕まえることができる。全ての相手のショットに空振りする気持ちでも良い。まずは一歩、前衛タッチに進んでみて欲しい。




-----【5月8日(日)まで】目指せランキング1位-----
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
-----現在 IN-8位 OUT-2位。ご協力ありがとうございます-----

-----【5月8日(日)まで】目指せランキング1位-----
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
-----現在 IN-5位 OUT-3位。ご協力ありがとうございます-----



「何の為に前衛に入るのか」

攻めたいから、パートナーがスマッシュを打ったから、ローテーションで、といろいろ上がるかもしれない。ただ、本当のところはもう一つ突っ込んで考えて欲しい。

何の為に前衛に入るのか。それは、




【そこに羽根が来るから】



羽根が前に来るはずだから前に入る。逆に考えれば、後ろに来るなら後ろにいれば良い。前衛、そんな言葉すら無視しても構わない。羽根が次ぎ飛んでくる場所にあらかじめポジションを移動する。

結果として、それがフロントコートなだけ。だから結果として前衛になるだけのこと。

前に入る事が大事なのではない。羽根が来る場所にポジションを取れることが大事な事だと覚えて欲しい。











-----【5月8日(日)まで】目指せランキング1位-----
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
-----現在 IN-5位 OUT-3位。ご協力ありがとうございます-----



ちなみに、私の場合は、疲れるから前衛に入る事が多々あります。



-----【5月8日(日)まで】目指せランキング1位-----
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
-----現在 IN-6位 OUT-3位。ご協力ありがとうございます-----




前回のタイトル:
【ダブルス前衛論】いつ構えるべきなのか

今回のタイトル:
【ダブルス前衛論】いつ構えられるのか


前回は、いつまでに構えなければいけないのかという論点だったが、今回はいつ構えられるのか。
どういうことかというと、前述したタイミングよりも、もっと早く構えることができるか、構えて良いのか、という視点に沿ってすすめたい。

前回最後に、引っかかっても早く構えられている証拠だからいい、と書いたが、結果的には逆をつかれるとラリーが厳しくなる場合が多い。バドミントンはラリーに勝たなければならないのだから、このまま相手にチャンスを与えてしまっては早く構える意味が薄くなってしまうかもしれない。
ただ、ラリーも優位に、逆もつかれにくく、さらに「いつ構えるべきなのか」よりももっと早く構えることができるとしたら・・・。



これができるのは、「自分で羽根を打った時」である。


自分で羽根を打つということは、打つコース、スピードが全て自分の中で完結しているわけだから、打った瞬間から羽根の行くコースがわかる。ということは、相手の返球も非常に読みやすく、打った瞬間から次の準備の為に動き出すことが可能である。シャトルを見て、相手の動きを確認してではなく、羽根を出す瞬間に相手の動きと返球コースを予測できるコースに羽根を出す。その瞬間次の準備をすすめることができる。タイミングはより早くなる。自分で責任持って羽根をだしているので逆もつかれにくい。

より早いタイミングで構えることが可能である。






-----【5月8日(日)まで】目指せランキング1位-----
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
-----現在 IN-6位 OUT-3位。ご協力ありがとうございます-----












ん?本当にそれで済むと思っているの???

違う、それじゃまだ足りない。


自分が羽根を出すということは、そのシャトルに対して打ちに行っているということ。打ちに行っているということは、その返球がわかっているということであって、その羽根にたいしては相手が打つ瞬間から動き出しているということになる。

ならば、自分が打った瞬間から次の準備を開始するのではなく、相手が羽根を打った瞬間から、自分の2球目の返球を予測して準備することは、不可能ではない!
何が言いたいのかというと、自分が打つ次の羽根の為に、体勢を整えながら次の羽を捕らえるために準備して打つ事をやっていかなければ、ダブルスでの早い展開には間に合わない事もでてくるのだ。



これを突き詰めていくと、よく上級者の言う「2手3手先を考えて打つ」という事に繋がってくる。次の、その次の羽根を打つために今この羽根を追いかけていて、この羽根をイメージ通りに出す事ができれば、2球目がここ、その返球(3球目)がここにくるから、1球目打った後にここにラケットを出しておける準備をしやすいように1球目を打って・・・・・・

これがダブルス前衛のたぬ吉の考え方だ。おそらくさらに上のレベルではもっと深い読み合いが繰り広げられているのだろうが、たぬ吉ではこれが限界。

さらに、今自分が打ったシャトルと言ったが、ダブルスとしての意思疎通ができているペアならパートナーが打つはずのシャトルでこの動作ができるようになるはずだ。こいつはここにこんな感じのシャトルを出すから次はここに準備しておいて、、、これが、ペアで長く組むメリットでもあるだろう。



長くなったが、たぬ吉は読みが外れても全然構わないと思う。むしろ3球目4球目まで間違いなく読めるという方が凄い事でもあると思う。相手も読みを外そうとしているのだから思い通りにならなくて当然である。だからといって読みやヤマを張る事を止めてしまうのは間違いだ。ダブルスは読みが外れてもラリーにはなる。パートナーは後ろでフォローしてくれる。だからこその無謀な動き、次の球へのヤマ張りをしても問題が無くなる。ラリーの度にくじを引き続ければいずれは当たる。

そしてその内、その当たりくじが見えるようになる時が来るだろう。




-----【5月8日(日)まで】目指せランキング1位-----
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
-----現在 IN-6位 OUT-3位。ご協力ありがとうございます-----

-----【5月8日(日)まで】目指せランキング1位-----
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
-----現在 IN-6位 OUT-3位。ご協力ありがとうございます-----





ダブルスの前衛での質問で多いのが、

「シャトルがどこに来るのかわからないから触れない」

というものである。



はっきりいって、、、、愚問だ。

シャトルがどこにくるかわからないのは、シャトルが飛んでから追っかけているからであって、それでは物理的に間に合わない。つまり「こっちに飛んできた」と思ってからでは絶対に動けない。もっと早いタイミングで構える必要がある。

どのタイミングで構えればいいかはケースバイケースになってしまうが、実は私の質問に対する回答も、この質問がケースバイケースが多い。


・パートナーが打ったコースで構える
・相手のラケットを見て構える
・相手の肩を見て構える

だいたいこの3点を確認しながら前衛の準備をしている。だいたいであって、絶対ではないが、ここにシャトルの方向で準備するという項目は無い。あくまで準備であって、シャトルを見て動き出すのは準備ではない。シャトルが飛んでくる前には、準備は完全に終わっていなければならないと私は考える。

ではフェイントをかけられてコースを変えられた場合はどうするのか。その時はあきらめれば良い。本当にあきらめてもいいと思う。あきらめるというのは見逃すということではなく、あきらめてシャトルを見ておっかけるのだ。このプレーは前衛での準備外の行動となり、準備は無駄になる。そういう意味での「あきらめ」になる。


準備は早ければ早いほどいい、というものでもない。相手に逆をつかれる可能性がでてくるからだ。だが、最初は逆をつかれても気にしないぐらい「早く構える」事から始めてもいいと思う。とにかく早く構えることによって、今まで反応できなかったシャトルに対して動くことが必ずできるようになる。逆をつかれるということは、読みが間違っているということを置いておけば、それだけ準備が早くできている事の証拠にもなる。

前衛では準備をとにかく早く終わらせる事、これを頭のどこかに置いといて欲しい。




-----【5月8日(日)まで】目指せランキング1位-----
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
-----現在 IN-6位 OUT-3位。ご協力ありがとうございます-----

-----【5月8日(日)まで】目指せランキング1位-----
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
-----現在 IN-5位 OUT-3位。ご協力ありがとうございます-----



前衛に入ったときは、決められるならプッシュで決めてしまうのがベストです。むしろ、それを狙うことが前衛の仕事の一つ。ただ、相手もそう簡単には決めさせてくれません。プッシュにはいけない。強く押したらエンドへ抜けてしまうしヘアピンをするにはネットから遠い。こういうシャトルの処理が難しいポイントです。

ここでしっかりと我慢して、次の為の一球を打てるかどうかがそのラリーのポイントです。その羽で勝負ができないなら次の布石のショットにする、そういった組み立てがポイントに繋がります。

具体的にというと難しいのですが、

・ボディを狙う
・選手の間(センター)に送る
・ディセプションをかけてドライブを打つ

これらで相手を崩しながら、尚且つ次の羽の為に体勢を瞬時に整えます。むしろこの体勢作りの方が大事かもしれません。相手を崩しながら自分の体勢を整える、こういったプレーを心がけると、相手にとっては打ちにくいと感じてくれるでしょう。

身体を突っ込んでプッシュを打ちに行くプレーもありますが、できるならこれはエースを取れると確信した時の方がいいかもしれません。次のリターンを考えるなら突っ込まずに遅れてでも羽根の勢いではなくコースで崩す事が重要になるポイントがあるでしょう。体に余裕を残しながら相手を崩す事ができれば、最後は突っ込んだプッシュで決めるところまで持っていけるのではないかと思います。




-----【5月8日(日)まで】目指せランキング1位-----
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
-----現在 IN-5位 OUT-3位。ご協力ありがとうございます-----

-----【5月8日(日)まで】目指せランキング1位-----
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
-----現在 IN-4位 OUT-3位。ご協力ありがとうございます-----




ダブルスの前衛での醍醐味は、「え?」と思わせることである。


対戦相手、観客、そしてパートナーに、である。

相手からの、本気で抜きに来ているドライブを止める、逃げている羽を叩き落す、その超えた発想こそがポイントチャンスにもなるのだ。


だから、前衛に入ったときには読まなければならないし、見なければらない。相手が羽根を打ってからでは遅い。もっと早いタイミングで次のショットを想像し、創造しなければいけない。



後衛の為の前衛でもあるが、もっと前衛の醍醐味を味わう為にも、ゲームの支配者のような前衛を目指しても面白いはずだ。



-----【5月8日(日)まで】目指せランキング1位-----
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
-----現在 IN-4位 OUT-3位。ご協力ありがとうございます-----

-----【5月8日(日)まで】目指せランキング1位-----
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
-----現在 IN-6位 OUT-3位。ご協力ありがとうございます-----




ダブルス前衛の基本的な行動は三つ。

・上げる
ロブを上げる。前衛からは下がらなければならず、パートナーに前に入るチャンスを与えてしまう。意地でも前に入るならこの行動は避けるべきだが、勝つためには必要な手段でもある。

・ヘアピン等
ヘアピン等の柔らかい羽根を返球する。相手にはプッシュやドライブを打たれない位置に返せれば、相手の選択肢はロブかヘアピンになる。前衛はこのヘアピンに迅速に対応し勝負しなければならない。
きっちりと柔らかい羽根を返すと、後衛殺しのオールスマッシュになる可能性もあり、元気なパートナーと組むならそれもあり。

・ドライブ等
速いドライブで返すと、次の羽根は速いドライブであることが多い。打った瞬間というよりは、打つ前から次の相手のドライブに待つイメージを作る事が大事。パートナーには任せられない、前衛で勝負して決めに行くという意思表示なのがドライブ勝負。相手に角度のあるショットを打たせないように、羽根を持ってタイミングをずらしたり、少しゆるく打って相手にネットの少しでも下で触らせることが重要。前衛の醍醐味はこのプレー。



この三つを効果的に組み合わせていくのが前衛のお仕事。単調になっては相手にも対応されやすくなるが、パートナーを潰すならきっちりヘアピン、パートナーが役に立たないならドライブ、前衛が嫌いならロブ、といった極端な選択肢を取ることができるのも前衛だからこそ。

いろんなパターンを試してみよう。



-----【5月8日(日)まで】目指せランキング1位-----
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
-----現在 IN-6位 OUT-3位。ご協力ありがとうございます-----

-----【5月8日(日)まで】目指せランキング1位-----
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
-----現在 IN-9位 OUT-5位。ご協力ありがとうございます-----




前衛では、相手の力みと脱力を狙う



「力み」

力みはコースを特定させる。
強く打ちたい、前衛を抜きたい、そう相手が思えば思うほど、コースは見えてくる。コースが読めれば、それがいかに速いショットだとしてもそこにラケットを置いておくだけでリターンすることができる。力ませるほどのプレッシャーを与えつつ、相手の状況を把握して、、、、、張る。


「脱力」

相手のショットで脱力する瞬間がある。それは、まったく攻める気がない時。
例えば、相手がロブを打つ瞬間。「とりあえず上げるか」という時こそ前衛が勝負の時。ネットをシャトルが越えれば羽根は触っても良いわけだから、そのロブがネット上をかすめるように飛行するなら、上がり際を狙える。
ストレートへのハーフも狙いどころ。とりあえず、という相手の思考さえ読めれば、それは最高のアタックチャンスに繋がる。



相手の思考を読み、コースを読めればポイントが奪える。








-----【5月8日(日)まで】目指せランキング1位-----
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
-----現在 IN-9位 OUT-5位。ご協力ありがとうございます-----

-----【5月8日(日)まで】目指せランキング1位-----
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
-----現在 IN-9位 OUT-5位。ご協力ありがとうございます-----



ダブルスの前衛の話、これならおそらくネタが切れないんじゃないかと思い、新規カテゴリ作ってみました。


まずは、何を待って前衛にいればいいのか。




これは、パートナーの力量と相手のレシーブパターンに大きく依存します。

パートナーのスマッシュ力がある(あくまで大雑把な話)ならば、相手からの強いリターンが無くなります。そう考えると、クロスへのカバーの負担は減り、前のドライブや甘いロブの対応が大半となります。そうすると、立ち位置はセンターよりも前、スマッシュコースのストレート側を張る感じになります。

甘いロブが上がった場合はさらにコースが限定されます。ストレートに強いスマッシュをパートナーが打ってくれるなら、クロスへの逃げるショットはほとんど不可能になります。すると、ポジションはさらに前に構え、ストレートをきっちりと抑えるポジションを選択します。


いいスマッシュを打ってくれるパートナーなら、こういう具合でどんどんコースが限定され、選択肢も狭まり前衛の立ち位置も楽になってきます。



これが、スマッシュに期待ができなければ消去するコースが減り、結果として相手のリターンは全てカバーすることになりかねません。つまり、クロスへの切り替えしも考えなければならないし、ネット前へのリターンも詰めなければならないのです。
この場合は、ストレートを空けるわけではありませんが、パートナーが前へ入る事ができるようにしながらも、前へのカバーは怠らないというか、とにかくシングルスのイメージで考えて行く必要があるかと思います。
コースを消去できないと、全てを考えなければならなくなり、攻めるポイントが作れなくなってしまいます。

つまり後衛は、相手のリターンコースを減らすように攻めてくれないと、前衛は仕事ができないのです。前衛プレイヤーにとって「どこ打ってんだ」というのはこの事になります。


後衛がコースを消去できるスマッシュを打ってくれる事が、前衛で勝負できるかどうかのポイントになるのです。






ちなみに、この記事は、前衛プレイヤーが書いているので後衛にとっては「そんなこと言われたって」という内容になるかもしれませんがご了承下さいませwww





-----【5月8日(日)まで】目指せランキング1位-----
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
-----現在 IN-9位 OUT-5位。ご協力ありがとうございます-----



-----目指せランキング1位-----
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
-----現在6位。ご協力ありがとうございます-----




実は昨日、ダブルスの前衛の話が出ました。コーヒー飲みながら楽しくお話できてとても楽しいツイッターライフとなりました。

その会話の中身といえば、

「前衛で何を見ているのか」

この話題は、20年以上のバドミントン人生の中で、下ネタよりも多く話題に上がっている事は間違いありません。それぐらいダブルスでは重要なポイントなのかもしれません。

ですが、私としてはあまり考えている事は無く、といいながらもいろいろそれっぽいことを言ったりしています。恐らくは、口に出した全てをやっていながらも、全てに集中しているわけではないといったところでしょう。何を言っているかわからないと思いますが、この話題、質問が出ても、毎度回答が違うのです。別に騙そうとしているわけではなく、いろんな項目を話せるわけもなく、無意識と意識の間を行き来している情報の意識の部分をかいつまんで口にしているので、日によってそれが無意識でああれば口には出にくく、たまたまイメージが強い日ははっきりと説明できたりします。

昨日は確か、

「シャトルと、振り出すタイミングを見ている」

とツイートしましたが、確か以前は

「肩口の向きを見て」

だったり、

「基本ストレートを張って」

だったり、逆に

「最初はクロスを張って、、、」

だったり。



ただ、これが難しいのですが、たぶんですけど、調子良いときは全部やれているんですよね。調子が悪いと偏る感じ。調子良いときは、シャトルではなくて相手の動きが手に取るようにわかるというか、3次元的にラケットを置いておくとそこへシャトルが飛んでくるような。




そんな感覚ですw結局のところよくわかりませんwww

結論は、正解が無いだけにこの話題に関しては出せないなぁ。




-----目指せランキング1位-----
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
-----現在6位。ご協力ありがとうございます-----

このページのトップヘ