バドミントンぷれいやーず





【mixi】 【facebook】 【ツイッター】【ついろぐ】【本・DVD】

よそぎる バドミントン用品の「ROOM」 
Mail:【tanukich.ibad@gmail.com】

過去の記事へのコメントや、ブログ以外の質問や雑談がありましたら、どんどんとご利用ください。

リンクフリーです。バドミントン関係なら相互リンクします。



/>

12-ダブルス 戦術

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
結構考えた事無い方も多いかと。




ドライブ、どれぐらいの強さで打ちますか?

全力で強打する、もしくは、コントロールする為に少し弱く打つ、等あるかと思いますが、これはなんとなく打っていてはラリーをコントロールできません。

最も依存する要素は、「打点(高さとコートの位置)」です。
高ければ高いほど強打できますが、例えばネットと水平でネットから近い位置でぶったたけばほぼ間違いなくエンドアウトします。ネットから水平以上であれば強打できますが、ネットの高さよりも下なら神経質に力を調整しなければ相手のチャンスボールになったり、ネットに引っ掛かったり、もしくはエンドアウトしたりと良い事がありません。
より易しくドライブを打つには、まず高さがネットよりも上である事が必須条件になります。

高い位置で触れたとしても、場合によっては強打が後方へ抜けます。対処法として少し弱く打つ事ですが、他にクロスにひっぱたくという方法もあります。クロスへ打ちこむことで距離を長くしてエンドへ入れる事ができます。
他に相手のボディを狙うというのも、エンドアウトを防ぐ一つの方法です。

ですが、これは高さがネットよりも高い時。もしネットより打点が低かったら、ボディを狙った所で相手のチャンスにしかなりません。全力で振れば羽根は上方向へ飛ぶため、エンドアウトか相手のチャンスにしかならないのです。
この時、ネットからの距離が近ければ相手をみながら弱く打って相手の打点の高さを奪う方法がありますが、もしネットからの距離が遠いのなら、そもそもドライブという選択肢は避けた方がいいでしょう。ロブで逃げるのが手っ取り早いと思われます。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ


場面場面で大きく変わりますが、ドライブはダブルスで最も打つ事が多いショットです。高さや距離をよく把握し、相手に少しでもプレッシャーがかかる方法を選択しましょう。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
勝負の分かれ目、です。



サーブからの3球目。
サーブレシーブからの2球目。

つまり、最初に触ったショットの次のショットにラリー中の集中力をMAXに持っていく事で、ラリーの主導権を握ろう、というもの。

ラリーで優位に立って、それを維持し続ければそのラリーはほぼ負けないものです。この「優位に立つ」ポイントはどこかと言えば、それはファーストタッチの次になるのです。

ファーストタッチではなかなか優位に立てませんが、ここをイーブンで乗り切って、次のセカンドタッチで優位にもっていければ、点数を重ねやすくなり、ここで簡単に上げてしまったり、攻められなかったりしたら相手に主導権を渡してしまう事になります。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ


これを実行する為に、サーブ前に「2球目」もしくは「3球目」と唱えて意識付けを行います。意識付け、大事。これから暑くなると余計に意識が飛びやすくなります。声を出して意識を保てれば、プレーにも集中しやすくなるでしょう。

サーブ前の意識付けでラリーを優位に運べるように頑張りましょう。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
困った時のケースバイケース。



相手からのスマッシュやドライブを、

・ネット付近に返球し、相手のヘアピンやロブを打たせる

・強く返球し前衛のミスを誘うか、後衛を動かしロブを打たせる

攻めるとしたらこの2つを選択することになります。どちらを選ぶかはケースバイケース。相手や場面に応じて変えていかなければなりません。

簡単に考えるなら、相手がフォローを考えて動く前衛ならネット前が有効に、前衛に貼りつくタイプならドライブ系が有効になりやすいと言えます。
相手が奥からスマッシュを打てば、パートナーはフォローに回る確率が増えるためネット付近へ返球、という選択もいいでしょう。

このプレーを成功させるのに共通する事があります。それは、できるだけネットの近く、つまり前でシャトルに触れる事です。ネットへの返球も、時間があればある程相手も対応してプッシュを打たれる可能性があります。ドライブで強打する場合も、羽根を待って強打するよりも、相手が構えていないうちに抜きに行く方がリスクは減ります(難易度は上がりますが)。

このプレーでは、ストレートならストレート、クロスならクロスへそのまま返球するのが難易度は低くなります。ミスをしたくないなら素直な返球を心がけましょう(クロスからクロスへのネット前はあまりよろしく無いと思われます)。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

クロスをストレート、ストレートをクロスへ打つのにも、早いタッチが特に有効です。相手は準備をしていないうちに逆方向へ展開されるので反応が遅れやすくなります。ですが、このプレーにもやはり慣れはあり、そうするとわざと打点を遅らせてフェイントをかけて逆方向へ打って、的を絞らせないような工夫もしていきましょう。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
まず意識改革。



ジュニア選手に言えることはサーブへの意識が低いということだ。

サーブゲームでカウントするプレー

・ショートサーブミス(ネット、サーブのショート)ロングサーブ(エンドアウト、サイドアウト)
・サーブ後1球目で決められた(プッシュやハーフ、ロングならスマッシュ)
・サーブ後3球目で決められた(ショートサーブ→プッシュ、ドライブ→レシーブ→プッシュ、ロングサーブ→スマッシュ→レシーブ→プッシュ)

この3点は、サーブが点数に直結しているプレーになる。これらはサーブを改善するだけで防げる失点。


レシーブゲームでカウントするプレー

・ショートサーブレシーブミス(ネットミス、サイドアウト、エンドアウト)ロングサーブアタックミス(スマッシュのネット、打ち損じ)

基本的にバドミントンはレシーブゲーム有利のスポーツ。有利でありながら1球目で失点しているのは非常にもったいない。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ



ゲームでこの本数をカウントし、サーブ起因の失点が多ければ、もっとサーブ練習に時間を割くべきだ。それだけで相当の失点を防ぐことができる。レシーブゲームからの単純ミスも多いのであれば、サーブ練習に合わせて1本目のレシーブ練習を行えばいい。

まずは選手に、何が原因でこれだけ失点して、敗戦しているのかを理解させる必要がある。そのために明確なデータを取りつつ、説明し、練習によって改善がどれだけ進んでいるかを伝えていければ、モチベーションの維持にもつながるだろう。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
オフ・ザ・ボール (英語: off the ball) とは、主にサッカーで、プレーヤーがボールを持っていないか、ボールに密接に関与していない局面を指して使われる。 ・・・wikiより




オフ・ザ・シャトル、とでも言いますか、シャトルを打とうとしていない選手の動きについて、少しお話いたします。

ダブルスについては特にこの動きは無視することはできません。基本的な考え方は、次のシャトルはその選手が打つ、そういうつもりでポジションを取ります。2球連続でパートナーに羽を打たせないようにするにはどうしたらいいかを素早く判断して動き出します。

局面によって大きく分けると二つ、攻めているときと攻められているとき、です。


攻めているとき


相手の心境からすれば、
・その状況から逃げたい
・攻めに転じたい
・攻められていても問題ない
だいたいこんなところでしょうか。
逃げたいという心境なら、クロスのロブが確率が高いでしょうか。攻めに転じたいならストレートドライブやクロスドライブ、ストレートネットもあるかもしれません。攻められていても恐怖を感じていないなら、同じコースへのロブ、もしくはクロスロブが考えられます。

この中から相手の心境を考えつつ、その前のプレーやレシーブ直前の動作を見ながら、可能性の高いものを取れるようにポジションを取ります。唯一考えなくていいのはストレートのロブです。これはパートナーに連続で打ってもらいます。

一般的にはストレートドライブとクロスドライブを強打で返球できるようにポジションを取り、ここにストレートネットかクロスドライブを処理できる程度の余力を残しておきます。というか、私の場合はこんな構え方が多いです。



攻められているとき


ここではオフ・ザ・シャトルのとき。つまりパートナーが攻められているときです。ここでの考え方は明確で、とにかくできたスペースを埋めるように、空いていても埋めることができるようにポジションをとります。相手からの攻撃で最も狙いやすいのは人がいない、つまり、コートのスペースに打ち込むことです。逆に考えれば、その場所に、シャトルが床に落ちる前にラケットを出すことができればシャトルは打ち返すことができます。

パートナーが後ろで追い込まれれば、パートナーの前

後衛で振られればその逆サイド

前衛で苦しい体勢でヘアピンを打てば次はクロスヘアピンのフォロー

ここら辺を考えつつ、さらに自分のスペースをギリギリまで空けないようにポジションを取ります。

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ


ダブルスは二人でシャトルを打っていくもの。ラリーできる方法を考え、打っていないときこそ、ポジションどりに神経質になっていきましょう。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
分けてみた。今回は分けるだけ。




ダブルスでの展開を分ける。

1.サービス後の数本(3本ぐらい)
2.ラリー中盤(繋ぎ)
3.決定機

この3つが、ダブルスのラリーでは大きく展開が違う。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

サービス時は、4人全員が前のめりになり、ラリーに突入したときに少しでも優位に、もしくは決定機まで持っていこうとする。

ラリーでは、お互いが有利不利を繰り返しながら決定機のチャンスを掴む為に羽根を出し合う。

決定機では、大きな有利状態からラリー終了までの数本をどう取るか、逆に不利な側は、なんとか持ちこたえてラリーに持ち込むか、もしくは一発逆転を狙うかの勝負になる。


この3種類、実際はサーブ側とレシーブ側、決定機の有利側不利側で計5種類。この中で明確にプレーの種類が変わり、それを意識して点数を取る事を考えていく。なんとなく点数をとるのではなく、今自分がどの状態にいて、どのプレーを選択するのか、しっかりとイメージしなければならない。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
あなたはどちらですか?



良いとらえかたをすると、

謝らない派
・悪い事をしているわけじゃない
・ミスしたってしょうがない
・次を大事にしよう
・パートナーへの気遣い

謝る派
・ミスした事に対して次への向上心
・コミュニケーションの一つ
・パートナーへの気遣い


良いとらえかたで考えると、どちらも悪いわけではないですね。ポジティブに考えると、ゲームでも楽しくできるようになるでしょう。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

私は謝る派です。例えパートナーのミスでも、よく謝ってますw
ダブルスでは、「前のシャトルをここへ出しておけばよかった」「一回ロブであげておけば早いのがこなかったのに」と、ゲーム中私の頭の中は反省しっぱなし。そんな時にラリーが途切れれば、私が悪かったわぁ、となってしまうのです。気が付いたら謝りまくる癖が。


多すぎるのも問題ですね。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote



MD1 早川遠藤 vs Boon Heong TAN-hien How HOON
12-21 21-17 21-19

このペアは、早川の前衛があってこそのペアだと思う。

1ゲーム目が全く何もできていないのは、早川が前衛で仕事をすることができなかったからの点差だろう。むしろ、仕事をさせてもらえなかったのではなく、仕事をしようとすることができなかったように見える。相手の実力と重圧で、前に入った早川のラケットが上がらない。1球目触っても、2球目までにラケットが上がってこない場面が多かった。

2ゲーム目以降も、場面場面で数点の間そうなる時が見受けられた。やはり相手のポイントに繋がってしまっている。逆に、前衛で仕事ができているときは、直接的にも間接的にもとても素晴らしいラリーが繰り返されている。

前衛で仕事をしようとすると言う事は、リスクの問題が大きく関わってくる。
「前で触れ」と指導者は簡単に言うが、羽根のスピードが落ちていない部分でシャトルをコントロールすることがどれだけ難しい事か。左右に目一杯振られたシャトルを前衛が触って、その次のシャトルに対して間に合わせるにはどうしたらいいか。
前衛がシャトルを触ると言う事にはそれだけのリスクが必ず付きまとう。それを怖いと思ってしまっては前衛で仕事はできない。身体が縮こまり、羽根に対してラケットがでていかない。後衛が打った方がよかったのではないか、触ったせいでリターンを決められたのではないか、そういう思考に入ってしまう事が多々あるのだ。

その前衛を助ける以上のショットで返せるのが、遠藤である。私は某大会で学生の頃の遠藤選手を見た事があるが、彼のフットワークが特殊過ぎたのをはっきりと覚えている。コートを這うような低い体勢から弾けるように打ちだされるシャトルは忘れる事が出来ない。その後怪我をしたと聞いたが、そのフットワークがダブルスの後衛で生かされている。

早川が前衛でリスクを冒す事で空いてしまうスペースを、遠藤の驚異的なフットワークが消していく。相手としては、振ったはずのシャトルでもう一度攻められる事になる。決めたはずのシャトルがもう一度返ってくるのだからたまったものではない。ラリーは必然的に長くなり、さらに早川の前衛が生きてくる。後衛の遠藤が素晴らしいからこそ、前衛での早川のタッチ回数が増える事に繋がるのだ。

リスクを負う早川の前衛とは、タッチ後の次のプレーに集約される。1球羽根を触った後と言うのはどうしても隙ができる。レシーバーはそこを抜いて、後衛にシャトルを触らせる。早川は、その2球目を素早い判断で触りに行くことができる。2球3球と続けるうちに相手のミスを誘ったり、相手の逃げるロブを打たせる事ができる。早川の前衛でのミスが目立つのも、これだけリスクを負っているからであって、ミス以上にポイントやプレッシャーをかける事に繋がっている。打った後の2球目、これが抜群に早く、ラケットの準備位置の判断が正確だから出来るプレーなのではないかと思う。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

前衛でしか仕事ができないたぬ吉にとっては、早川選手の前衛はまさにお手本としたい、しなければならないプレーの連続である。身体が続く限りは、なんとかがんばってみたいと思っている。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
気にしなかった場合は、スマッシュさえなんとかすりゃいいわけでして。

クロススマッシュを顔付近でレシーブできれば、いいリターンが返るはず。 140130
どうでしょう?
赤後衛に大きく上がった場合の、青クロス側の選手の立ち位置を気にしてみます。

クロスクリアが無いわけだから、ポジションを決める判断材料として、

・クロススマッシュが返球できる

これがポイント。この位置ならクロススマッシュが返球できるという位置にポジションを取ります。技術は人それぞれですが、これ以上クロスサイドに寄る必要はないと考えます。なぜなら、そこへのクロススマッシュはサイドアウトする可能性が高くなるため、おそらくこの位置で手が届くところへのスマッシュがギリギリサイドに入ってくるぐらいではないでしょうか。

前後の位置は技術で判断します。前に行ければ行けるほどセンターに近くなり、ポジションを下げる程サイド側をフォローしなければいけません。


クロススマッシュを気にしなかったと言ってしまってますが、万が一クロススマッシュが飛んできたら、、、

1.諦める
2.優しいパートナーが回り込んで打ってくれる

2を期待しましょうwハイクリアなら余裕で届きます。ドリブンクリアだと、体勢苦しくなるかもしれませんね。
その前に、クロスクリアがこないことを期待しましょうwww

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
思い切った。相当思い切った。




それだけです。狙われていない事を前提に考えるなら、

「クロスクリアなんてこない!」

こないんです。本当に無いんです。

まず、相手ダブルスが、ペアの実力差がそれほどなかったとして、一人集中攻撃しないとしたら、あなたはクロスクリアを打つ場面がありますか?クロスクリアを打つメリットがありますか?

そもそも、ダブルスで、クロスにクリアを打つような余裕ある配球をしますか?

よっぽど意識しない限り、クロスクリアは無い、と考えてしまうのがたぬ吉流。クロスのロブはあってもクロスのクリアは無いんです。

だとすれば、クロス側に大きく上げた時は、思い切ったプレーができますね。あんなことやこんなこと。やりたい放題。



ついでに、クロスクリアが来る場合。
・意識的に狙った場合(パートナーとレベル差がある場合等)
・クリアを楽に打ち分けられるような甘い羽根を上げた場合(大半はスマッシュがきます)
・前に詰めているのがばれている場合
これぐらいだと思います。思い切ってクロスクリア、捨ててみたらどうでしょうか。

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
正しいローテーションって、たぶん無いんだろうな。全て結果論。




例えば、

「相手のスマッシュを前に落としたんだから前に詰めろ」

との指示があったとします。考え方としてはどうでしょう?私はあっているんじゃないかと思います。前に落として相手が下から入るようなそぶりをみせたのなら、次のショットはヘアピンかロブ。なら、トップアンドバックでヘアピンを潰しに行って、パートナーには後衛に下がって打たせます

では、相手がラケットを立ててドライブ気味に入ってきたとしたら?
この時に注意するのは前へのストップとドライブ、そして後方へのアタックロブ、ラケットを立てて入るだけでこれだけの選択肢が生まれます。相手の前へのストップなら前に、ストレートアタックロブを読んだのであれば後方へ打ちにいくのも一つの方法ですし、ドライブやアタックロブ等の厳しいショットをパートナーに打ってもらうのであれば前に詰めてしまってもいいでしょう。

ここででてきた3つのキーワードについて説明します。


打たせる
パートナーにしっかり打たせる為にはそれなりの球作りがポイント。しっかり相手にネット下でシャトルを触らせるような配球をする。ポジションを取る時はできるだけ早めに。早く動けば動くほどパートナーはポジションを取りやすくなり、万全で打ちこめる。

打ってもらう
パートナーが格上、ミックスの女性の場合に多用。コースをできるだけ制限するために低めに出す事を心がけつつ、多少のドライブリターンが予想される場合でも積極的に前に詰める。むしろ、前衛が抜ける事を前提に突っ込んでもいいだろう。抜けるとわけっていればパートナーは対処しやすい。ポジション取りはとにかく早く。自分が打つ事を無視してでも早めにポジションをとる。

打ちにいく
パートナーが格下、ミックスの男性の場合に多用。パートナーに強い羽根を簡単にだされないようにコースと球速には注意したい。ポジション取りのタイミングは待ち。パートナーが突っ込んでくれれば後ろにまわるし、動かなければカバーリングも頭に入れながら相手の羽根を確実に打ちにいく。自分が羽根を打つ為の配球をし、次の羽根を打つ為にポジションをとる。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ


このように、ポジションの取り方は相手やパートナーによってガラッと変わってくるのです。正しいポジション取りは、あえて言うなら点数を取れたポジション、エースを取られなかったポジションが正解。結果論でしか語る事はできません。正解を多くする為には、良いパターンと悪いパターンを経験で覚え、多種のゲームをこなし、いろんな相手、パートナーを経験すること、ぐらいしかないのかもしれませんね。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
よく聞かれるんです。




「何故そこにいるんですか?」

と聞かれた時の答えは、

・羽根がここにくるから
・ここで羽根を触ると有利になるから

だいたいこんな感じになります。

自分で言うのもなんですが、ロブをあげたらサイドバイサイド、スマッシュ打ったらトップアンドバックという考え方には若干違和感があります。

何のためにそこの場所にいるのか、それをもっと考えていけば、いわゆる二等辺三角形すら否定してしまうかもしれません(別に否定はしませんが)。

私の基本的な考え方は、スマッシュをレシーブする為にサイドバイサイドになる、それ以外は前に入るという単純なもの。レシーブするのが厳しいスマッシュが来ると思う時以外はとっととパートナーをほっといて前に入ります。
それ以外は、シャトルがきそうな場所へ移動していきます。予想が外れてもパートナーがなんとかしてくれるものです、たぶん。

そのスマッシュですら、前でレシーブする事が可能だと判断すればネット前でレシーブしたっていいと思うのです。わざわざ下がる事もないし、前で触れば触るだけ有利になると考えるなら、ネット前に積極的に詰めるべきではないかと思うのです。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

ダブルスの失敗はパートナーがなんとかしてくれる、そう考えて、もっともっとアグレッシブに、好き勝手にポジション取りをしています。成功する確率を増やしていけば、ただそれだけで問題は無くなるはずです。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
レシーバーからの3球目。サーブレシーブ→相手リターンの次までってことですね。




サーブからの3球とどちらが難しいかはどんなプレーをするかによって変わるかもしれません。

サーブからの3球目の最大のメリットは、自分のタイミングでスタートすること。自分の感覚でシャトルが動き出す事は、例えサーブのような下からのショットだとしても集中力であったり準備であったり揃った状態から始められます。

レシーバーからの3球目のメリットは、サーブという不利な状態からの羽根を打ちに行ったところから始まれる点。これに尽きます。相手が若干不利な状態であることは間違いないので、この有利な状態を維持しつつ、いかにしてこれを点に結び付けるかがこの3球目までの重要ポイントとなります。

有利に立つ為には、この1球目のサーブレシーブを、
・ネットに近い位置で触れる
・できるだけ高い位置で触れる
・触れた後は浮かせない

そして、これらを点に結び付ける為の最大のポイントが、

2球目(相手のリターン)までに次の準備を終了させる

これをしなければ、いかに1球目で優位に立ったとしても一気に逆転されてしまいます。ここが勝負どころ。テンポが一気にあがりタイミングが難しくなりますが、だからこそ準備をしっかりできるようにしましょう。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

どんなに速かろうと羽根は存在します。だったら触れるはずなんです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
初級〜中級者向けのお話。




中級者ぐらいまでの選手に非常に多いのが、

・スマッシュを速く打ちたい
・レシーブ、クリアが奥まで返らない
・フットワークを早くしたい

といった、一つ一つのショットの精度を上げる希望を持つ事です。
劣っている部分を上げようとするのは間違ったアプローチではありませんが、試合で勝つ為にはと考えた時、特にダブルスで点数を取ろうとした時に果たしてその目標がどれほど役に立つかと言えば、なんとも言えない部分があります。

ショットの精度を上げると結果的に点数には繋がるかもしれませんが、ある程度できるレベルになってきたと考えるなら、点数を取るプレーを練習していかないとゲームで勝つ事はできません。ダブルスでは、その最も最初に取り組むべき課題が、サービス回りになります。

サービスからの3本、このラリーを有利に進めれば、得点に直結します。相手のスマッシュが速ければ打たせないでラリーを終わらせられますし、いくら自分のスマッシュが速くても、これを怠ればスマッシュを打つチャンスすら回ってきません。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

上級者でもダブルスが苦手、という方はもう一度サービス回りを見直してみてはどうでしょうか。ポジション取り、タッチスピード、サーブの角度や高さ、頂点の位置、ショットのスピードやコースの選択、これらの見直しにより浮き出た課題を反復練習で修正し、また見直す。このような作業は、上達を目指すプレイヤーは練習に取り入れていくといいのかもしれません。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
ギャンブルプレーでありながら、その確率を上げられる方法です。




高く奥へ上がったらサイドバイサイド、です。
でも以前から言っているように、スマッシュが来るからサイドバイサイドになるわけであって、こなければ前に詰めた方が有利になります。

ロブやハイクリアで前に詰めるには、根拠が欲しいところ。

ここでは打とうとしている相手をよく観察します。

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

高く上がれば上がるほど観察時間は長くなりますが、スマッシュを打ちに行く時とそうでない時、明らかに羽根の待ち方が違います。どう違うかはその選手によって変わりますが、良く見れば強打とそうでない時の力の入れ具合が違うはずです。

最も多いパターンは脱力。あれ?と思うほど力がぬけていたり気持ちがぬけていたり、そんな様子が感じられたら相手が打つ前に前に詰めてみましょう。

高く上がれば上がるほど相手は自分たちを見る事ができません。失敗してもパートナーがいます。思い切って突っ込んでみると違った世界が見えてきます。目指せドロップのプッシュ!

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
ダブルスのサーブ回りは、全神経の8割を注いでもいい。



ダブルスはサーブ回りで主導権を握らなければならない。
握れないとどうなるか。と言えば、そこからは必死にチャンスを手繰り寄せるしかなくなってしまうので、そんな苦労をしなければならないぐらいなら、最初からチャンス掴んどいた方が遥かに楽である。

サーブが大事なのは言うまでも無いが、サーブレシーブでどう羽根を出すかで次の主導権がどちらに転がるか決まると言ってもいいだろう。もしここで失敗すると。。。


エースを喰らう確率が格段に上がる。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ


エースを喰らうプッシュは、「体ごと突っ込んだプッシュ」が最も危険だ。
そのプッシュが決まるなら問題無いが、決まらなかった時を想像してみると、体を突っ込んでるわけだから、もう自分のコートはスカスカ状態。しかもサーブ→プッシュなもんだから展開が早い。さらには、相手はプッシュを待っている訳だから、レシーブされる危険は常に残されている。もう危険な事この上ない。

つまりは、サーブプッシュを全力でいくなら、確実に相手のボディかコートに沈める他ない。少しでも甘く入る可能性があるなら、次のリターンにバランスを配分しつつ、確実なプッシュを選択するべきだ。

上げてしまっても攻め手を相手に与えてしまう。勝負は1球目か、もしくは3球目か、5球目か、それを相手のサーブの瞬間に判断していければ、サーブ回りでのポイントの確率は格段に上がるだろう。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote



この記事にコメント頂きまして、せっかくなのでダブルスのショートサービスについて突っ込んでみたいと思います。

ここは断言させてください。ダブルスの基本はショートサービスです。決まりではなく、私の意見ですが、あくまで私はそう考えています。誰が何と言おうと、ダブルスの基本はショートサービスです。


まず、ロングサービスのデメリットは、相手にスマッシュのチャンスを与える事にあります。ダブルスの狭いサービスエリアでは、浅い位置からスマッシュを打たれる事自体が不利な状態からのラリースタートになってしまいます。そのデメリットを消す為のショートサービスです。


かといってロングサービスを打ってはいけないわけではありません。使い方としてはあくまでショートサービスの補佐。ショートサービスが100%くるとわかれば、どんなに良いショートサービスを打ったところである程度のプッシュは覚悟しなければいけません。この的を絞らせない為にロングサービスを効果的に混ぜます。相手は、どちらがくるかわからないからショートサービスが効いてくるのです。

ここで勘違いして欲しく無いのは、どちらがくるかわからない状態でショートサービスを打つから有効なのであって、どちらがくるかわからない状態でロングサービスを打っても、スマッシュが返ってくるだけです。ロングサービスを使うなら、ほぼショートサービスが来ると思ってくれているような場面でロングサービスを打つ事が有効となるのです。

サービスの対空時間を考えれば、わからない状態でのロングサービスがどれだけ危険かわかるでしょう。逆に、わからない状態でのショートがどれだけ有効になるかもわかると思います。

もしロングサービスをメインにサーブするなら、


・相手のスマッシュが遅く、脅威ではない

・相手が常にショートサービスを待っている


のような条件で使っていけるのではないかと思います。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

・ショートサービスが苦手

なら、大会であればロングサービスの方がマシかもしれませんが、そうでないなら練習してください。なんとでもなります。



ダブルスの基本はショートサービスです。そこにどうロングサービスを混ぜるか、混ぜたロングサービスに対してどう対応してくか、静から動への急激な変化こそダブルスの醍醐味、私はそう考えています。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
中国(赤)
フ・ハイファンは左利き。カイ・ユンはミスチル桜井。






1ゲームを先取されて、2ゲーム目のゲームポイントの1ラリー。

この1ラリーは、ジュンジェサン(手前韓国ペア)のサーブレシーブを上げてしまった時点で終わってしまった。中国ペアはまったく攻め手を緩めず、全てのシャトルに最速のタッチで韓国ペアに攻めるチャンスを与えなかった。


特徴のあるプレーがあったので紹介しておく。

動画 8秒
 それまでの前衛できっちりとラリーを作っていたカイ・ユン。画面左手前からプッシュ後、ストレートへのロブに対して前衛から後退してアタック。パートナーに打たせる場面では?と思ったが、フ・ハイファンは左利き。画面右奥へのアタックはラウンド側となる為、このようなローテーションを行ったと思われる。
 ここからクロススマッシュ→ストレートリターンとなるが、これは左利きフ・ハイファン選手のフォア側となりアタックがスムーズに行える。

動画 15秒
 ドライブの突き合いの末、フ・ハイファン選手が前に柔らかい羽を落とし、前衛へ走り込む。この時、まったく打つそぶりを見せない。ロブを読んだから、とも言えるが、プレッシャーを与えて前に落とさせない為にダッシュした、もしくは、このように走り込む事でカイ・ユン選手がロブに対して打ちこむ事に専念できる。前衛の意思表示とも言えるかもしれない。

動画 18秒
 1度きりのロブをフ・ハイファン選手が放つ。だがこのロブに対してジュン・ジェサン選手はアタックをすることができない。これは、上記、「最速タッチ」をラリー中に繰り返した結果であり、ここからのドライブには対応しようとしていても後方への警戒が薄れた。前に落としてくる事を前提に考えていると、タッチに若干の変化を付けたアタックロブに対して反応が遅れた結果、クリアで逃げる事になる。

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

 
 終始アタック、ストップ、ドライブで攻め続けた中国ペアであるが、1ゲーム目を先取され2ゲーム目のゲームポイント、勝負所での集中力とペースアップは素晴らしい。


参考動画
コリアOP2012 J-SPORTS

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote





前衛フォローという言葉はおそらく聞いた事が無いだろう。なぜなら私個人的に好き好んで使う言葉なだけで、他では聞いた事がないからだ。。。

前衛フォローとは、後衛の選手が前衛をフォローするプレーのことと認識して頂きたい。逆に前衛の選手が後衛をフォローすることを後衛フォローと「ここでは」呼んでいる事にします。



最後の3ラリーに注目してもらいたい。

1.後衛フォローに入ったジュンジェサン選手がアタックを仕掛ける。
2.後衛にいたイ・ヨンデ選手が一気に前に詰める。画面左前に返球されたシャトルを打ちに行く。
3.中国ペアが画面右前クロスに逃げる。
4.逃げた羽に対して後衛にいたジュンジェサン選手が詰めてストレートドライブ。


この詰めるタイミングが絶妙だ。まず判断は早く無くてはならない。これは絶対であるが、読み違えたり、速すぎたりすれば別サイドに逃げられてしまう。かといって遅ければ後衛から前衛に突っ込んで攻めることはできない。判断力とその前のポジション取り、それらがうまくいって、このテンポの早いポジションチェンジに繋がる。

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ


前衛だから、後衛だからというプレーではなく、シャトルが来る場所に選手がいく、そういった柔軟な発想が、ダブルスのポジションの正解に近づく。



参考動画
コリアOPEN2012 J-SPORTS

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
左利きで左上腕部に「永」なのがボーちゃん。右利きで軽くひげなのがモゲンセン。




 ダブルスで左右ペアが強いのは定説となりそうな勢いがあります。そんなこの二人ですが、特徴はスマッシュ。その攻撃方法が中国ペアとも韓国ペアともインドネシア、マレーシアペアとも違います。

「角度とコース」

 この2点に特化していると言えるでしょう。もちろんスピードも速いのですが、スピードだけなら他のペアも同様。このペアのスマッシュははっきりいって異質と言えます。

 角度とコースに特化する事により、相手は明らかに今までのレシーブ技術が使えなくなります。膝から胸付近のスマッシュをドライブで切り返し、もしくはネット前に返して詰めて、こういったプレーのほとんどが制限されてしまうのです。
 彼らのスマッシュをレシーブするポイントは膝下。床付近が打点になると言う事は、そのレシーブはネット上方へ打ちあげられる事になります。打ちあげたレシーブをネット前にコントロールするにはスピードを弱めなければならず、たちまちプッシュの餌食に。ドライブも同様。低い羽を速いショットで返すということは、前衛のプッシュポイントに羽が飛んで行ってしまいます。結果的には後方へのロブでしか逃げ場がなくなります。
 
 後方のロブということは、レシーブしにくいスマッシュが再度飛んでくる事になりますが、このペアはクロス側へのリターン、センター付近でも少しでもクロスよりのロブは、前衛が下がってスマッシュを打っています。こうすることにより、スマッシュを連打し体力を消耗することも少なく、右利き左利き特有のスマッシュの軌道の違いにより相手はさらにレシーブしにくくなってきます。
 ここまで下がる事を意識し過ぎるとネット際への逃げ玉に遅れるものですが、前述の通り、スマッシュの角度により前へ逃げる事を許しません。

 これだけ角度がいいと、クロススマッシュもかなり有効になります。実際ノータッチを取れるクロススマッシュがあり、相手選手は

反応できない&届かない

というショットになってきています。これにスピードで緩急を付けてくると、レシーブだけで精一杯なのが相手の気持ちになってくるのではないでしょうか。本来逃げてやり直しの後方へのロブから手がつけられない攻撃が来るとなると、ユニシス坂本池田選手の世界選手権ベスト4の時の「ノーロブ作戦」でどこまでいけるか、といったところですが、身長のあるこの二人、前衛を抜くのも難しいかもしれません。

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ


対策は各国練っていると思います。このペアへの対応は非常に楽しみです。

このページのトップヘ