バドミントンぷれいやーず





【mixi】 【facebook】 【ツイッター】【ついろぐ】【本・DVD】

よそぎる バドミントン用品の「ROOM」 
Mail:【tanukich.ibad@gmail.com】

過去の記事へのコメントや、ブログ以外の質問や雑談がありましたら、どんどんとご利用ください。

リンクフリーです。バドミントン関係なら相互リンクします。



/>

502-コーチ日誌

カットはエースショットとなり得るだけに、なんとかさせたいものです。




このカットというものが面倒な代物で、どの選手も別なものを持っていると思っています。

・面の角度
・スイングの方向
・打点
・スイングスピード

これらがどの選手も独自の感覚で覚えていくことになります。なので、教えるのが非常に難しい。
カットすることはできてもコントロールできない選手。まったく切る事ができない選手。練習でできても実戦では使えない選手。そして、何も教えていないのに勝手に切ってしまう選手(笑)。

センスというものは、ヘアピンやカットを教えている時に、残酷なものだなあとしみじみ実感してしまいます。


その日の体調や気温によってもカットは飛びが大きく変化する場合もあります。その感覚は選手自身が覚えていかなければならないし、大会で使う為には習熟度が必要になります。数多く打たせて覚えてくれればいいのですが、シャトルの残骸は無残なもの。。。

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ


春まではあと少し。できることは今のうちに身につけさせたいものですね。

選手は、徐々にではなく急激に成長するものです。




この瞬間を見ていられるのが指導者にとって至福の時ではないでしょうか。
選手の急成長。

以前も書いたように選手は練習を積み重ねてもそれがすぐ身になる訳ではありません。個人差は相当ある事だとは思いますが、成長のスピードは急激に上昇し、そしてまた失速していきます。日々成長を続けるというよりは、ある1点を境に上昇します。

この瞬間の為に指導をしていると言ってもいいぐらい、選手も指導者も保護者も嬉しい事だと思いますが、指導者にとって大問題なのは、果たしてどの練習がこの選手に急成長をもたらしたのかがいまいち判断着かない点です。


練習は日々繰り返している物です。だからといって、毎日行っている練習が積み重なった結果とは限りません。急成長の数日前に初めてやってみた練習がよかったのかというとそうとも限りません。選手に聞いてもわからないでしょうし、指導者としても把握しにくいものです。

きっかけとなった練習があり、そのきっかけの為に積み重ねてきた練習があり、初めてその選手の急成長が出来上がるわけですが、そこには明確な理由が見つかれば今後の指導にも生かせるはず。
もしかしたらその選手の身体的な理由なのかもしれないし、家で遊んでいた時に何かを得たのかも、と考え出すとキリがありません。

よく話をするのは、筋力トレーニング系の練習は効果がでるのが早くても3ヶ月後。それまではつらかろうが繰り返すしかない、と選手に伝えます。その練習方法が間違っていたら、3か月、半年、1年それを繰り返しても選手にはメリットが無い事になります。これはとても危険な事であり、指導者は責任もって選手に指導していかなければならないでしょう。

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ



指導者としては自分の指導方法を信じて進むしかないとはわかっていながらも、もどかしく感じてしまいます。

・急成長の原因となる練習は?
・意味がなかった練習は?

これらを探りながら練習をしていきたいものです。

いろいろな指導者の方とのお話は本当に勉強になります。






細かい話はおそらく個人特定に直結しそうなので深く記載はできませんが、まだまだ私の知らない世界がこのバドミントン界には広がっているようです。もっと奥深くまで突っ込まなければ、これ以上指導者としての進歩は無いでしょう。

何故こうなのか、これについてをもっと掘り下げていく必要があったようです。経験則は重要、この考え方はかわりませんが、経験則にだって理由があるはず、原因があるはず、そう考えていかなければ選手の向上、不調の原因についての解説があいまいになり、結果として指導論がゆらぐことすらあるでしょう。



さらには、これから全小が始まります。地域の状態、問題、クラブ間の問題や協会、連盟の問題、特に小学生は多いように感じます。これらに関しても「関係無い」を押し通すには難しく、やはりある程度アンテナを立てながらクラブ指導をしていかなければならないようです。
バドミントンだけに集中できればそれが一番なのですが、各クラブ、いろいろあるようですね。

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ


年末年始にかけて選手はほぼ休養させられてしまう状態。少しでも年明け良い状態で迎えられるように、選手には指導していきたいと思います。

先週末はジュニアの大会があり、選手の成長を軽くではありますが確認することができました。





実はそれよりもありがたい事がありまして、普段から見ている目線ではそれほど大きな問題ではないと感じてしまうものでも、1年ぶりに見たりするとそれが目に止まってしまうようです。いろいろな方からご指摘を頂き、今後の練習にはとても大きな収穫となりました。

ぶっちゃければ、課題が山積みだったところに、さらに不安定な課題がのっかったようなもので、指導者としても課題クリアに全力を注がなければ全部崩れてしまいそうな勢いです。課題を整理し、一つ一つ片付けて前に進んでいけるように精進したいと思います。

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ



あなた達、この課題が見えますか?

NTT東日本が各地で行っているバドミントン講習会。

最後は恒例のサイン会。




選手「サインもらってきたよー」

おお、どれどれ、いっぱいもらってきてるなー、、、ん?

「なあ、町田さんのは無いの?」

選手「ん?無いよ?なんで?」

「なんでじゃねーよ!ダッシュで行ってもらってこい!」



にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ



というやりとりを、町田日本リーグというツイートを見て思いだしました。
年代でしょうか。。。

手投げノック、ちょっと軽視していました。

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ


というのも、羽根は優しく飛んでくる事なんてない、打ちにくいところへ動いて、厳しい状態で打つ事の方が多い、だから手投げノックはアップ程度で、ラケットノックを多めにと思っていました。



ちょっと間違っていたかもしれない。






できる選手にはそれでいいかもしれません。でも、できない選手には、まずどんぴしゃで当てる事を体に染み込ませなければなりません。それが優しい羽根だろうと止まっている羽根だろうと。できない選手はまずそれをやらなければなりませんでした。


動いて羽根を打ち返す事が基本、それに練習時間を割く事は決して間違っていませんが、選手のレベルを見て練習内容を変える事の大切さをあらためて思い知らされました。


にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ


まだまだ楽しみとはいえませんが、この調子で上達していってほしいものです。

4日目にもなると、コーチ陣がだれてきます。


こ、こんなはずじゃあ・・・







本日はほぼ最終日ということで、みんなで楽しくゲーム練習を多めにやりました、




なんてことはありません。
きっちりあおりまくりました。特に午後からはショートショートでガンガン回して、次の日をほとんど考えないようにきっちりと動かしてみました。


このブログを読んでいる人ならわかると思いますが、たぬ吉は若干精神論推進派です。今回も選手を疲労させることによるメリットを期待。

・力が抜ける
・普段とは違うラケットワークができる(良くも悪くも)
・普段とは違うフットワークができる(良くも悪くも)

言葉で指導しても、やってみせたとしても、それでもどうしてもできないことが、疲労によりできるようになることが、あります、たぶん。


にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ


かといって毎回こんなことをする必要はまったく無いとは思いますが、気持ちで体を動かす事もしっかり染み込ませていかなければならないと思っています。

時代に逆行していたとしても、技術、体力、精神力、きっちり鍛えていかなければ。

さあ後一日、頑張ろう


というわけで、昨日は延々と技術練習をしてみました。

技術練習と言っても後半はフットワークを入れて行うので選手からしてみたら相当きつかったのではないかと思います。




ですが、昨日もそうなんですが筋肉痛の選手が何故かいない。。。

いくら技術練習をメインといっても、コート上に1日たって羽根を追いかけている事にはかわりありません。なのに筋肉痛で次の日ダメになる選手がいない。なぜ?


可能性としては、

・そもそも筋肉を使うトレーニングを行っていない
・足を使った技術練習自体それほど厳しい負荷がかからない
・ストレッチや睡眠でしっかり疲労が抜けている
・栄養補給を行う事により筋肉へのダメージが少ない


最後の2行は確かに今回相当気を使っています。熱中症予防にいろいろ食べさせているのですが、その中の一つにクエン酸が含まれているものがあるのです。まさか、それが良い方向に働いているの?

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ


はっきりとはわかりませんが、このまま脱落者無く乗り切りたいものですね。

メニューが難しい。

時間も長く、日数もある。
選手は疲労もたまりやすく飽きやすい。

のんびりの技術練習を多めに、途中息をしっかり上げる練習を入れつつ、次の日の事も考えながらやってみています。




合宿というとトレーニングをしっかり、というイメージもありますが、トレーニングこそ日々の積み重ねな訳で、まとまった練習時間が取れる時は、むしろトレーニングを必要最小限に抑える必要があるように思います。

1日の練習で疲労度には限界があるわけで、その疲労度をトレーニングで使うよりも、よっぽど感覚練習技術練習で疲労度をためた方がいいのではと。



もちろん合宿の目標に合わせてトレーニング合宿もありでしょうが、ジュニアではやはり感覚練習で追い込んで、自転車の運転を覚えるように体に感覚を覚え込ませる事も大切なんじゃないかと思ってます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ



まだ二日目。指導者もへばらないように、体調管理に注意しながらがんばりたいと思います。

がっしゅく[ 合宿 ]

( 名 ) スル
多くの人が同じ宿舎で一定期間ともに生活して,共同の練習や研修を行うこと。また,その宿舎。 「大会に備えて−する」 「−所」

エキサイト国語辞典より



とのことですが、「通い合宿」という言葉もあるらしく、私の年代からしたら「ただの1日練習じゃないか」と突っ込みを入れたくなるものです。一応選手からしてみたら合宿らしい。





というわけで、通い合宿が明日から始まります。ハードに、というよりは、どちらかというとだらだらの技術練習を時間かけてやるつもりです。1日目の筋肉痛が抜けなくて練習に身が入りません、となったら技術練習も台無し。厳しくいくのは精神力だけで、肉体的にはある程度余裕を見ながら締めていければと思っています。


ついでに、自分の体もここで引き締めておかないと。シニア前の練習までに、せめてバドミントンをする体と気持ちを作っておかないと、もうどうにもなりません。

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ


ジュニア練習にどうやって感覚を戻すか、悩ましい部分ではありますが、無駄に体を動かしてやってみたいと思います。

レベルは、練習さえしていれば必ず上がる。



だが、そのレベルアップが必ずしも「ゲームで勝てる」「点数を取れる」に結び付くとは限らない。






間違いなく強くなったはずなのに、ゲームにまったく結び付かない場合も、、、ある。

そういう選手をほめるべきか、話すべきか、ほっとくべきか。

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ


できるようになったという実感と、ゲームの結果に左右されてしまう選手には、果たしてどう対応するべきか。

選手の為に怒っている、100%そう言い切れる指導者はどれぐらいいるのだろうか。



少なくとも、私は違う。


自己嫌悪。。。。。

練習で怒鳴り散らす指導者を見ると心が痛む今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。





 指導者の「怒鳴る」という行為、決して褒められた行動ではありませんが、かといって指導者が八つ当たりしているわけでもないかと思います(時と場合と指導者によりますが)。
 なんとかしたい、そうした気持ちが指導者を熱くさせてしまうのはしょうがないことでもあります。


 ここで考えてほしいのは、その課題は、果たして今対応しなければならないことなのかどうか、です。

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ


 怒鳴るということは、できないことに対してなわけです。そのできないことを、本当にたった今なんとかしなければならないのか、ということを考えなければいけません。指導した事がすぐに全てできる選手がいるなら、五輪の金メダルも難しいものではないでしょう。課題を一つ一つクリアして、バドミントンが徐々にうまくなるという選手がほとんどかと思います。その課題はいつ頃までにクリアしなければならないのか、その技術を教えてどれぐらいの期間で習得できるのか、それを考えながら指導していけば、選手に対して怒鳴る事は減るはずです。


 これには、選手に対しても言える事です。選手は、いつまでに課題をクリアしなければならないのかを把握していなければ練習とは言えません。初心者で言うなら、スマッシュを左右に打ち分けられるようになるのに2カ月、ヘアピンをクロスに運ぶのは3週間、といった具合に、練習予定に合わせて期間を決めておきたいところです。その期間に合わせて徐々に技術習得を目指していければ、予定通りに技術が向上していくのではないでしょうか。




今日の練習は今日クリアしなければならない、という考えを捨て、ある程度長期的な視線で指導を行うようにしていければ、感情的になる事も少なくなるでしょう。

前回の記事に違和感を感じた方はいらっしゃるかどうかわかりませんが、指導者冥利に尽きるというか、我慢して我慢して、たまに発散してしまったもののそれでも我慢して、ようやく噴き上げたこの感動というか。



できない事ができるようになった選手を見る喜びは、場合によっては大会で結果を残す以上に感動と元気を指導者に与えてくれるものです。

今、それを毎回の練習で感じ取れる選手がいて、見ているだけで楽しいのです。これで他の選手に不公平になっては意味がありませんが、それでもついつい目で追ってしまって、反省しつつもにやにやしてしまいます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ



まあ、正直言ってしまうと、今までがいくらやってもできない選手だったので、それを倍以上にして返してくれたというか、なかなかこの急上昇の成長曲線は見られないかもしれません。


レベル的には「将来が楽しみ」というわけではなく、ようやく「みんなに追い付きかけたかな?」というレベルの選手ですが、それでもいいものですね。




これが周りの選手に刺激になってくれれば言う事はありません。

空振りをする選手に

「なんで空振りするんだ。ちゃんと当てろ」

と言ったところで、その選手だって空振りしたくて空振りしている訳じゃないんだからまったくの無意味なんだよね。にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

なんで空振りしているのかをわかりやすく伝えないと。

気持ちはわかるけども。







空振り、フレームショットをする選手、もしかしたら親指と人差し指がうまいこと使えてないんじゃないかな?握力が弱いとそうなってしまう可能性も。統計とってみてみたい。

キーワード録画でいくつも勝手に録画されている、JSPORTSのバドミントンナビ2012。一度だけ見てしまった。

とがのう氏が桃田選手に対して、

「技術はトップ選手を凌ぐ事がある。後はメンタル」

みたいな事を言っていた。
これをどう解釈するべきか。






・メンタルを鍛えなくても技術さえあれば勝負できる。
・世界で戦うにはメンタル面も必要になってくる。
・技術だけでなく、メンタルもしっかりと鍛えてこなければいけない。
・桃田選手のような、メンタルの弱い選手が多く困る。
・技術をしっかりと鍛えて世界で勝負して欲しい。


にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ


難しい。単純に、長い期間バドミントンに携わってきたたぬ吉としては、間違いなく昔の選手の方が精神的に強かった。これは間違いないだろう。というのも、指導者からのプレッシャー、先輩からのプレッシャー、練習での体力的なプレッシャー、非科学的な根性論のプレッシャー。さまざまなプレッシャーの中で選手が育ち、生き抜くのはわずか。技術よりも、精神的に強くなければまずは生き残れない世界だった。


おそらくとがのう氏は、昔のそういった現状を含ませつつ、いわゆる「昔はこうだった」的な、はっきりは言えない事を濁して言われたのではないかと思う。もっとストイックに。そういった選手への願いを込めているのかもしれない。


ジュニア選手はまずバドミントンを楽しんでほしい。これは全ての指導者の願いであると信じている。でも、どこかの段階で、バドミントンの苦しみを覚えていかなければならない。体力的にも、精神的にもきつい部分はバドミントンと触れ合う以上必ず出てきてしまう。これに対しても、ある程度早い段階で向き合っていかなければならないのではないかと思う。




連続してクリアを打たせる練習をしたとして、数本でミスしてしまう選手。この選手にプレッシャーをかけるのであれば、

「なんでミスばかりするんだ、ちゃんと続けろ!」

基本的にこのような声のかけ方は間違っている。だが、このプレッシャーの中でやり遂げた選手は、、、強い。




では、違うプレッシャーのかけ方をすればいいのではないだろうか。

「30本続くまで、いつまでも続けるぞ」

これを、つらいから嫌だ、と思う選手もいるだろう。でも、この言葉であれば「意地でも続けてやるぞ」「今度こそ」と思う選手が、上記よりも若干は増えるのではなかろうか。

指導者は、言葉を選んで、プレッシャーをかけながらやる気を引き出す、微妙な加減を考えながら指導していかないといけないのではないか。難しい。本当に難しいが、プレッシャーをかける事は、たぬ吉は必要なのではないかと思っている。もちろんその掛け方には細心の注意を必要とするのだが。。。







このバドミントンのきつい部分、この重要な部分を「楽しい」と思えるような選手を育てられるのが、いい指導者なのかもしれない。

選手に質問してみました。

「バドミントンで強くなるってどういうこと?」

「いろんな人に勝つ事」

「勝つ為にはどうしたらいいの?」

「練習する」






もしかしたら、こういう選手は結構いるのかもしれない。

練習すれば強くなる。正解でもあるけど、これが近道ではないと私は思っています。



にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ


勝つ為にはどうしたらいいか?それは、今持っている技術で相手が嫌がる事をしていくこと。練習をして得るものはその技術であって手段ではないのです。技術を得ても使い方がわからなければ相手に勝つことはできないし、得た技術は宝の持ち腐れになってしまうのです。



低学年で「勝つ事」で縛りつけるのは、賛否両論あると思います。けれど、試合で勝つ方法を理解して練習に取り組めば、練習で得る技術も効率よく得られるはず。


もっと考えさせる練習、練習外での考える事を増やさなければならないのかもしれません。

くだらない練習。これがもたらす大きな効果。

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ



1.選手の集中力上昇、持続

2.コーチのイライラ防止


ちなみに、ここで言う「くだらない練習」とは・・・






・飛んできたシャトルを足で蹴っ飛ばす

・利き手と逆で打たなければいけないノック

・シャトルの筒で打ち返すノック

・片足ケンケンノック

・しりとりゲーム練習

・ヘディングノック

・シャトル投げつけ合戦








まだまだいくらでもネタはありますが、選手のミスにイライラすることもなく、大声だしながら罰ゲームつけて、普段のトレーニング効果を越えることもざらでは無いはず。練習に時間がある時は、選手の気分転換もそうですが、ミスしても文句付けようもないような、コーチのストレス解消に取り入れてみてはいかがでしょうか。

このページのトップヘ