バドミントンぷれいやーず

【ツイッター】【ついろぐ】【本・DVD】

バドミントン用品の「ROOM」 




別館:https://bpstanukichi.blogspot.com/
Mail:【tanukich.ibad@gmail.com】
相互リンク
Flashscore https://www.flashscore.co.jp/ badminton



503-プレイヤー手記

今度はレシーブが崩れだしました。



レシーブ。特にテンポが上がったプレーでレシーブさせられる時、面を作った時にグリップが微妙に間に合わなくなりました。私の場合グリップの握り替えはほとんどしていないので、多分、グリップを柔らかく握れなくなってきているのかもしれません。

原因としては、

・力が入りすぎている
・スピードに押されて打点が手前にきている

シャトルに対して面は作れているので感覚自体はぶっ壊れていないとは思いますが、レシーブが思ったコースへいかないのはちと悲しいものがあります。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

速いスピードと早いテンポは定期的に受けておかないといけませんね。

自画自賛、ですな。

こんなこともあるもんですね。もうスマッシュコースが思い通り。
特に右サイドへのスマッシュはプレーの生命線なだけあって、どの練習でも狙うのですが、今回の練習ではぴったり思った所へいってくれました。

むしろ、思った落下地点よりも、何故か手前の厳しいところに落ちてくれて、嬉しい悲鳴と言うやつです。



おそらくは、足の感覚が良かったからではないかと考えてます。今日のコートは若干滑ったので、つま先というよりは、足指の体重のかかり具合に集中して動き出していたので、その思考がいい方向へ進んだのではないかと。

上半身の感覚は、もしかするといい方向へ進み切っているので、下半身でコースを固定して上げられれば、同じような感覚が得られるのかもしれません。最終的には意識せずにそれができればベストですね。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

やることいっぱいありますが、先の大会に向けて、できることやってきっちり仕上げたいと思います。

ずれるずれる。



今日はずれまくりでした。

だいたい、シングルスのサイドラインとダブルスのサイドラインの間を狙っているのに、ほとんどがサイドアウトしてしまいました。

困ったねぇ。

特に、左サイドからのクロススマッシュでズレが発生。鋭角になればなるほどコントロールが難しくなって、ほぼ入りませんでいした。ずれ幅自体はひどいものではなかったので、だいたいライン付近にいってくれていたのが救いです。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

なかなか点で狙うのは難しいものですね。



ちなみに、クロススマッシュのメリットとして、ラインジャッジが判定しにくい、という理由で使うのはやめましょうw

タウフィックヒダヤット選手の、おそらくトマス杯か何かの動画にばっちり映っているこのプレー。

実はゲーム練習中に何度も挑戦はしているのです。。。




当たり前ですが、あんな風にかっこよくいくわけがありません。


7割は、ぶっさいくにネットの真中に突き刺さり、2割5分はサイドに外れ、5分はコートに入るも威力も何も無くあっさりとレシーブされてしまっています。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

いつかタフィーのような、ハイバックジャンピングクロススマッシュをきっちり枠に入れてみたい、、、のです。



いまだ続いてます。


まだ痛みがあるのですが、よくよく考えてみたら、膝とは少し違う位置かもしれません。
膝の内側のちょっと上側の筋肉が痛いようです。

ここはどこだ?
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

日曜日のノーアップ2対1が原因なのはわかってますが、ここまで引きずるのはよくないですよね。


週末は動けるだろうか・・・。

当方、右利きでございます。



右肩と左膝、どうやら故障しかかっているのかもしれません。右肩は今は問題ありませんが、左膝は、ちょっと動くとおかしくなるみたいで。
プレー中は今のところ問題ありませんが、どうやら疲労がたまると腫れるような感覚の痛みが出るようです。

歳ですね、と何度書いた事か。


日曜日に2対1で選手を相手したのが原因だと思います。何故か私が1。。。ついでにノーアップで。

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ


準備運動ダイジデスネ。

ついでにダウンもダイジデス。

年齢、カンガエナイトネ。

練習不足が原因なのか、積み重ねた何かが起因しているのか。



スマッシュの調子が悪いなぁと思いながら、ごく稀に飛び出すベストショット。こんな経験ありませんか?

場面としては、インパクトの瞬間は半身というよりも正面を向いているような感じ。体が固定され、肩、肩甲骨付近からラケットが飛び出してくるような、なんだかわからない感覚でスイングされた時に、自分でも信じられない角度とスピードのスマッシュが放たれることがあります。

残念ながら、ごくまれに、ですが。

この感覚が固定できればいいのでしょうが、どうにも同じ打ち方ができないのです。ビデオを回してこのショットを外から見てみたい気もしますが、基礎打ちじゃ打てないのです。ゲームの中で、なんらかの条件が重なって初めて放たれるみたいで。たまにだから撮影しようもなく。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

これが常に打てたらどんなに良い事か。。。

連休中大会に出てきたのですが、仕事の都合でまったく練習できなかったのです。


・膝が笑う。早々に笑う。
・打点がずれる。意味不明なところでインパクトする。
・羽根が見えない。
・フォームがばらばら。特にレシーブの回外がまったくうまくいかない。


昔は練習しなくてもダブルスならなんとか、といった感じでしたが、今は完全にスピードについていけません。年。
シングルスの方がのんびりでいいのかもなんて自虐的に感じてみたり。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

定期的な練習も現状ではままならないのですが、少しずつ、せめて現状維持には励みたいところです。

膝、きっついね。


どうしたって膝に負荷がかかるのがバドミントン。その膝の筋力低下なのか、ここのところ、落ちるんです、膝が。

ジャンプ後の着地からの一歩目は全体重が後ろ脚にかかり、膝関節を駆使して一気に方向転換したいところですが、遅れるんですよね、一歩目が。

怪我はもちろん怖いんですが、それよりも恐怖心で体重が掛けられなくなると、そのまま一気に筋力低下に突っ張りしそうで、そっちの方が後を引きそうです。

無理は禁物、怪我に直結してしまうのはわかっていますが、かといって膝荷重から逃げるわけにはいきません。ある程度負荷をかけて、上手に逃がしながら、筋力が戻るのを待つしかなさそうです。ほぼ毎日トレーニング染みた事はやっているはずなので、少しずつバドミントン用の筋肉になってくれるのを願うのみ。

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

膝とアキレス腱、怪我には十分注意して、シニア大会でベストを尽くせるように頑張ります。

根本的に何かが狂ってる・・・!



原因不明。スマッシュが当たりません。打っててもまったく気持ちよく無い。
ハーフスマッシュでは良い感覚で打てるのに、強打になると途端に何かがずれます。

こういう方が的が絞りにくくなるらしく、ゲームでは有効だったりするのですが、打っている本人からしてみたら全然面白くありません。

せっかく楽しむ為にバドミントンやっているのだから、楽しく打ちこみたいのです。だいたい調子が悪いと打点やら面やらがずれてこうなったりするものなんですが、もしかしたら硬く張りすぎたかな?
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

土曜日、ジュニア相手に打ち込んで、調整してみたいと思います。
せめて右サイドは線で狙えるようにしたいものです。

がっつりと打ちぬいてみました。






今回はシングルス。意地でもネット前で上げさせて、低かろうがアタック系だろうがロブは全て飛びついて振りぬいてみました。

いやー、はいりませんねー

練習不足気味。打つ時は打たなければ。

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

シニアから1週間経ちました。早いですね。

忘れる前に、風化する前に、なんとなくではありますが選手としての目標を残しておきたいと思います。





1.柔軟な対応ができるようにする

強い弱いだけではなく、様々なタイプの選手がいる大会。どんなタイプかはその場までわかりません。スマッシュを打たせないようなラリーをしなければいけない場合もあれば打たせてラリーしていく方がよく進む場合もあります。その場の判断で、しかも早い段階で見極め、柔軟にプレーを変えていけるようにしていかなければ勝ち進む事はできません。


2.破壊的なスマッシュと確実性の高いスマッシュの共存

特にミックスでは破壊的なスマッシュを求めていました。まだ身についてはいませんが。。。
ミックスでも確実に入れていかなければいけない場面もあり、そこで無理をしても意味がないポイントでの強打で結局決められない事が多くありました。ダブルスはともかく、ミックスでも次のシャトルを引き出すスマッシュを出していかなければならないようです。


3.サービス周りを徹底的に向上させる

ショートサービス、そのレシーブ、パートナーショートサービス時のプッシュ、ドライブレシーブ、これらのプレーは展開が早く、静から動への切り替えが一気に行われます。まだまだ改善の余地があり、ここが向上すればラリーを大きく優位に進める事ができるはずです。さらにロングサービスも正確にださなければならないし、確実に打ちこまなければなりません。まだまだ、まだまだ。


にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ



来年の開催地によっては出場を断念しなければいけませんが、それでも再来年、出場できる時までにきっちりと目標をクリアして、1試合でも多く試合できるように頑張りたいと思います。

今のところ初日のみですが、ベスト4までの速報です。

第29回全日本シニアバドミントン選手権大会




そして、二日目。
高校の体育館。おそらくはほとんどの選手が多少凹みながら試合に入ったのではないかと思います。全国大会で高校の体育館はさすがになんといえばいいやら。去年のように震災の影響ならまだしも、予定通りで会場追加はどうなのかと。

実際、6面の体育館に朝の練習時間は20分。そこに200人近い選手が押し寄せるわけですから入りきるはずもない。練習時間前にはもう長蛇の列。6面という事を考慮して欲しかった。

ただ、大きい体育館では天井の高さ、音の拡散等で調子を崩す選手もいるかとは思いますが、慣れている小さい体育館という事も合って打球音も気持ち良く、試合自体は大きい体育館よりも良かったように思います(個人的には)。そしてなにより想像を覆す出来事が。



シャトルがヨネックス、「トーナメント」が初戦からでてきたのです!!!

これはでかい!会場の不満ははっきり言って吹き飛びました。狙ってかどうかはわかりませんが、もし考えてのトーナメントだったとしたら、埼玉県バドミントン協会には最大級の拍手を送りたいぐらいです。初日のくまがやドームはニューオフィシャルだったことを考えても(たぶんそうだったはず)、高校体育館にトーナメントを出した選択に感動した選手は、おそらく多かったのではないでしょうか。

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ


いろいろとありましたが、無事予定通り私は二日で1年の目標である大会を終えました。いつか、20年後、30年後でも、三日目を予定とできるよう、できることからコツコツと積み上げていきたいと思います。

第29回全日本シニアバドミントン選手権大会

やり残したことがあるような無いような。
あとは試合をするだけです。




ちょっとあおりすぎた感もありますが、そのおかげで今日は調子よく羽根を出す事ができた気がします。
後は、

・しっかり寝る
・しっかり起きる
・迷子にならない
・忘れ物をしない

ここらへん、重要課題。

ついでに、

・力を入れない
・左手を楽に
・基本ストレート、おまけのクロス
・強打は最後に
・ポジション下げる

気持ちが入ってくると忘れてしまうこの5点。注意注意。

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ


あとはやるだけ。がんばります。

あと1週間だと言うのに。





だいたいテンションを上げて行くのですが、あまりの下手糞切りでやけくそになって部分張りをしたラケットが今調子がいいのです。

おそらく、良い感じで緩んだおかげで打感がよくなっているのでしょう。ってことは、よっぽど思った位置で当たっていないのかもしれません。


この調子のまま、全日本シニアに突入する事になりそうです。まずは早寝早起き、早朝からの移動は体にこたえそうですが、迷子にならないように下準備をしたいと思います。

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ


皆さんも、風邪には注意して、万全とはいかないまでも、いい形で大会を迎えられるように大切な1週間を悔い無く過ごしましょう。

タイトル通り。ぶっちゃけこれがシニアの週だったら疲労が抜けきらなかったかもしれません。




ひとまず、今日明日は足の様子を見て、水曜日あたりから羽根が打てるかどうかってとこですね。
歳を考えるのを忘れて練習するとこうなります。気を付けましょう。

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ


ところで、日曜日に私を潰したシャトルラン。私の時代は1500mだったんですが、いつの間にスポーツテストがシャトルランになったのでしょうか。ちなみに今回は90回。すっげー頑張った方だと思うのですが、もう無理です。

サイドラインへのアタックが、20cm程ずれます。




まず、ずれるという感覚は、ライン上を狙えているから起こる感覚で、そういう意味では頭は働いてくれていたようです。

が、思ったライン上へ羽根がいかないのは問題。普通であればずれるのは内側へずれるので特に問題は無いのですが、外にずれると言う事は全部アウト。左サイドからのクロスアタックはぴったり入るのに、右サイドからのストレートのずれは、結局治す事ができませんでした。

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ


こういう時は、グリップのせいにするのが一番楽。グリップが滑るから、もしくは効き過ぎるから、だから思った通りにいかない。今日はそういう日だったという事にしておこうと思います。


実際のところ、本番はサイドラインよりもえげつなくセンター狙いが増えるわけだし、コントロールよりもアタック力を大会までに調整したいところです。

今日は頭を目一杯働かせてみました。





まず、コートでのプレーを決め、この場所では強打、この場所ではクリア等ゲームに入る前に決めてみました。普段打てる場面での我慢、厳しいところでの強打を強いられましたが、何よりきついのは、羽根を追いながら次のショットの種類を変更しながら動く点。頭と体をバラバラにしながらゲームすると、いろんなところが疲れます。頭はもちろんですが、ショットを変えているので膝がガクガク。


にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ


まだまだ体を追い込まないと。ついでに頭も。

水曜日に練習しました。





右尻から右ももにかけてびっちりと痛いです。
やっぱり、大会だからって急にやるとやらかしてしまうんですね。歳だし。

今日の練習はどうしようかなと思いつつ、良く考えたら、、、


右足が痛いなら左足出せばいいや


ってなわけで右足を大事に練習してみました。ソフトタッチが良い感じ。強打は相変わらず不安定。
あと1カ月を切ってしまった全日本シニアバドミントン選手権。体しっかり作って、なんとか2種目耐えられるようにがんばります。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

このページのトップヘ