バドミントンぷれいやーず

youtube動画公開してます  【ツイッター】【ついろぐ】【本・DVD】

バドミントン用品の「ROOM」 


https://www.youtube.com/user/tanukichibadminton/

別館:https://bpstanukichi.blogspot.com/
Mail:【tanukich.ibad@gmail.com】
相互リンク
Flashscore https://www.flashscore.co.jp/ badminton



10-バドミントン ダブルス



#17はちょっと特殊な前衛の動きになります。
セオリーとしては聞いたことないのですが、実践している選手は見たことがあるというところ。

考えていけば理にかなっている、けどやってみると非常にきつい、そんな前衛の動き方になります。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

チャンネル登録、コメント、よろしくお願いします。





#16に続いて#15です。

今回短いです!

パターンほとんどないし。。。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

コメント、チャンネル登録お願いします。



#15はまだ上げてません。作成途中で#16を先に手を付けてしまいました。

コメントいただけるのってやっぱりうれしいものです。

今回は#14の補足的な動画になっています。確認の意味と、1パターン追加になっていますので、
見ていない方は#14見てから#16見た方がわかりやすいかと思います。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

コメント、チャンネル登録よろしくお願いします。





動画作って思う事。

途中で書き足しができない、面倒。


文字で説明する方がはるかに楽。
むしろ動画で伝わりやすくなっているのかどうか。。。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

趣味の一つとして、自粛期間中は頑張りますよ。
次はこれの応用編。
あ、クロススマッシュのパターンもやらなきゃ。



だんだん矢印が増えてきて、表現方法に困ってきてます。

今回は実戦的なポジションチェンジです。
トップ選手のゲームでも繰り返し出てくるパターンですが、決してこれだけをやっているわけではないことを頭に入れて動画をみてください。

あくまで、点を取るための一つの考え方という事で。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

コメント、チャンネル登録よろしくお願いします。



ここまでくると、徐々に解説が足らなくなってきます。複雑なパターンになってくるので。

足らない。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

細かい説明は、また次回ということで。

こちらで紹介していなかったもので。



にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ



現在GW中で進むかと思いきや、停滞中。ネタをね、考えないとね。んで一気に作らないとね。



ノープランでやっているからこういう事になる。。。

サイドバイサイドのポジション取りをすっかり忘れてました。
二等辺三角形という話は、今は聞いたことがなくても、ダブルスでそのうち聞くことになると思います。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

いろいろなパターンがありますが、知識で仕入れて経験で身に着けて。いろいろとチャレンジしてみることが大事ですね。




ポジション取りはいくらでもネタがあるのですが、正解と不正解がごちゃまぜになる危険が。

とはいえ、ネタはつきません。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

モチベーションアップの為に、チャンネル登録とかコメントとか、ぜひお願いします。



#7 サーブのポジション「だけ」です。

サーブ周りは長くなりそうなので、もっと腰を据えてやろうかと。

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
チャンネル登録、コメント、よろしくお願いします。




今日もUPしてみました。

練習がなくなると、こんなにも時間があったなんて。
とはいえ、逆にこの時間が羽根うちで使えないって相当やばいこの状況。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

選手は大丈夫だろうか。。。



今日で休日が終わり。 しばらく更新はできなくなりそうですが、この数日で結構がんばれました。

今回は、サイドバックからトップアンドバックへのトリガー、切り替えへのきっかけですね。
それとそのリスクについての解説です。

パワポ、だいぶ操作慣れました。でもネタが複雑で、若干面倒な解説が増えてきています。

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ


もしよかったら、コメントやチャンネル登録お願いします。



#2でちょっと触れた、ポジションチェンジのタイミングについて掘り下げてみました。
ぜひコメントとチャンネル登録お願いします。

体育館が使えないうちに、できるだけ作りためていこう!

やっと操作方法も慣れてきました。
今は、パワーポイント1本で動画UPしています。

ただね、

アニメーション確認→スライドショーで確認

すると、動きが違うことがあるんですよね。結局いじり直しという。。。

でもだいぶ楽になりました。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ


しっかし、再生数もチャンネル登録も伸びねー(笑)



まさかの連日投稿することができました。

このコロナってる時に、やれることをやってみようと思ってます。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

コメント、お待ちしています。



アップ寸前で四苦八苦しました。
前回の見たら、もう2年前なんですね。すっかり記憶が飛んでました。

作ってみると楽しいものですが、ブログだと言葉だけで10分ほどなんですよね。
多分全部含めて6時間ぐらいかかってます。

ちなみに、

1.パワーポイントでスライド作る
2.スライドショーで動画をゲームバーで保存
3.ムービーメーカーで音楽つける
4.UP

2と3はもっとなんとかなりそう。お勉強しなきゃ。

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

次作り始めたらもうちょっと時間抑えられそうな気もするかな。

自己満動画ではありますが、よかったら感想とかコメントください。

ロブやクリア等の上がってくるショット以外に、前衛が触れなかったハーフとか、クロスでサイドに振られた時なんかは守備的なショットになるわけです。大きく分けてこの2パターンかな。


ロブ、クリア等
・スマッシュ(コースはそれぞれ意味を持たせる事)
・カット、ドロップ(センター、サイド)
・クリア(押され気味の時、打とうとしてもいい羽根が打てない時)

ドライブ、ハーフ等
・後方へロブ(高い位置で触れず、角度をつけてショット出来ない時)
・センターネット前(相手がサイドバイサイドで引きっぱなしの時)


確認するのは
・相手の位置
・自分の打点
この2つ。
相手がサイドバイサイドのままであれば、前に落としてそのまま攻める形を継続できます、例え打点が下だとしても。相手が詰めてくるようなら、上げて守るか、もしくはサイドをドライブ系で抜くかの選択。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ


それとスマッシュのコース。これは、意味を考えて打ちたいところです。
・相手にレシーブミスをさせる為のボディ
・レシーブミスさせるためのセンター
・相手がフォアで構えているからバック側
・レシーブコースを限定させるためのストレート
なんとなくでなく、意味を持たせることでそのショットが生きてくると思います。


後衛ではとりあえず打ってみた、が危険。もしとりあえずで打つなら、角度とスピードは重視して相手の厳しい返球のリスクをできるだけ減らせるようにしましょう。

サイドバイサイド?

ということは、相手からはスマッシュ、とドライブ、です。


ドライブ
・センター
・サイド
・ボディ
・バック側
・ネット前(ストップ)

ざっとこんなところです。簡単に言えば、そんなにコースは気にしなくていいプレーかと。
パートナーだって引いているわけだからクロスにカウンター食らっても怖くない。やはり気にするのは角度でしょうか。角度を間違えれば、一発でえげつないスピードのドライブが返球されます。力でおしながら相手にネット下で触らせれば優位に立ち続けられるでしょう。

その中で、ストップ(ドライブをネット前に落とす)を入れて前に詰められると、攻撃のバリエーションが増えていいんじゃないかと思います。


スマッシュ
・ストレートロブ
・クロスカウンター
・ストレートドライブ
・クロスネット前

ストレートロブはもう一度スマッシュを打たせる気持ちで。
ストレートドライブは狙い目とはいえ、相手前衛に張られている事が多いプレー。相手の立ち位置を見て選択したいところです。

難易度は高いですが、クロスの前は狙い目です。ただし、難しい。多少甘くてもプッシュでつぶされないイメージがあります(経験論)。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ


攻められているときは、もう一度攻めさせるのか、それとも攻めに転じるのかを明確にしていきたいところです。意味のあるショットが打てるように準備できるといいでしょう。

前衛も大きく分けて2つ。

上で入れたか、下でしか入れなかったか。

まず上で入れた場合。

ネット付近 プッシュ
・決められるならどこでも。決めきれない場合は、ボディ、もしくは、相手のラケットと逆方向へ。フォア構えかバック構えか。コースはプッシュは意外とアバウト。

ショートサーブライン付近 ドライブ等(攻めるときは角度注意)
・センターへドライブ
・相手ボディ付近へドライブ(フォアでのカウンターを避ける)
・ネット前へのストップ(ラケット止めて前へ落とす)、できればセンターだが、相手の立ち位置でどこでも。
・ラケット止めてロブ、もあるが、余程の余裕がない限り難しいか。


そして下で入る場合。

・ストレートネット、相手が詰めていない場合は積極的に。逆に前にいる場合は選択しない
・クロスネット、相手がストレートネットを張っていた、もしくは、フェイントかけてストレートを張らせた場合のみ。
・クロスロブ、自分から羽根が離れるので、パートナーに羽根を打たせたい時に。
・ストレートロブ、相手右利きで右側になると、ストレートがラウンドになる。しっかり運ぶ事でチャンスになることも。

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ


前衛は、コースよりも角度やショットスピード重視っぽいですね。
ロブのような守備的なショットを選択するときは、次相手がどうなるか、こっちがどうなるかをよく考えて選択してみるといいと思います、

あんまり変わったことにはならないが、リスクを回避し、確率を考えて、コースを絞る、予測が外れたらパートナーになんとかしてもらう、たぬ吉の指導方、考え方が再確認できた。

一応バドミントンの技術ブログなので再度軽く解説すると、

・リスク回避
この1本で決める必要がない。次で決めればいい、パートナーが決めればいい。無理に点を取りに行ってミスしてしまう方がもったいない。

・確率を考える
相手が想定外の返球で1点取られたとしても、それが果たしてどれぐらいの確率で入るショットなのか。
30%しか入らないならほおっておけば点差は開く。逆にきっちり入ってくるならそれを想定してプレーすればいいだけのこと。

・コースを絞る
ここに打てばここに返球される。それを頭に入れて体で反応させる。それができれば準備がより早くなり、ミスなく返球することができる。

・予測が外れたら・・・
当たるか外れるか。外れたとしてもパートナーが後ろから全体を見渡しているからフォローしやすい状況にあるはず。だめでもそれは確率で考えて。


と、こんなところだろうか。前衛論カテゴリで似たような記事を結構書いたと思うので、暇な方は読み漁って頂きたい。



と、これは前置き。

動画を見ることで確信したのは、

指導力は、知名度、信頼度に大きく影響する

ということである。

ほぼ同じ考え方のたぬ吉が、同じような指導をして、選手はどれだけ聞き入れてくれているのか。悲しいが、TAGOKEN程の影響力は、間違いなく無い。
信頼とは、実績である。すべてではない。長い月日を経て、結果が出て生まれる信頼もあるだろう。でも目の前に元世界ランカーがラケット持って教えに来られたとしたら、それは選手は信頼して指導を聞き入れるだろう。

たぬ吉は、単純に羨ましい。そして、過去の実績がない中で指導者として信頼を得ているたくさんの指導者を見て、本当に尊敬の言葉しか出ない。
言葉を聞きいれてもらうため、信頼されるためにどれほどの情熱をささげてきたのだろうか。選手と真剣に向き合うことを続けたからこそ、そういった実績につながり、指導力として評価されているのだと思う。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ



大会での実績もろくに残せなかったたぬ吉としては、果たして後者のような指導者になれるのかどうか、今選手を導くことができているのだろうか、この答えは、10年後指導を続けていたとしたら、出るかもしれない。

ついつい。


ダブルスのポジション取り、そしてローテーション。意味は同意。

これらの考え方に正解はあるのか?


たぬ吉は左回り固執型に否定的ではあるが、では左回りが間違っていると言えばそうではない。だからって正解とも思えない。

これはダブルス全ての考え方に言えるのかもしれない。正解とはなんなのだろうか?

果たして、点を取れたポジション取りは正解なのか?失点したポジションは不正解なのか?


信念の通りにプレーすればいいのか、全て受け入れながらプレーすればいいのか。


その信念が間違っていたとしたら?仕入れた情報が間違っていたとしたら?


にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ



そんなこんなで自分とパートナーのプレーを考えながら、自分のダブルスが出来上がっていくのだろうなぁ。



このページのトップヘ