バドミントンぷれいやーず

youtube動画公開してます  【ツイッター】【ついろぐ】【本・DVD】

バドミントン用品の「ROOM」 


https://www.youtube.com/user/tanukichibadminton/

別館:https://bpstanukichi.blogspot.com/
Mail:【tanukich.ibad@gmail.com】
相互リンク
Flashscore https://www.flashscore.co.jp/ badminton



30-バドミントン 技術

ほぼ、この通り。




バドミントンは反応と予測のスポーツです。やればやるほど、相手のスイングを見て反応できるようになっていきます。つまり、打つ前に予測して動いている、のです。そうしなければ間に合わない、もしくは良い羽根が打てない為、できるだけ早く動こうとします。

フェイントは、この予測を利用して行いますが、ほぼ、ラケットを振ったら相手はクロスに、押したらストレートに反応してくれます。これを利用して、といっても押してクロスはおそらく無理なので、振ってストレートに羽根をだせれば相手はフェイントに、例え一瞬だとしてもかかってくれるでしょう。

押すストレートは相手に予測されやすい、とも言えます。ではこの予測を越える方法を考えてみます。打ったらストレート、特にバックハンドでは予測されやすいプレーと言えますが、予測を越えるには打点でずらします。打点を相手の予測よりも前で触れば、例えストレートとわかっても反応を越えたスピードで羽根は飛んでいきます。逆に打点を遅らせれば相手の出足を一瞬止める事ができます。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

どちらのプレーも、羽根に対して打つ体勢を出来るだけ早いタイミングで取る事がポイントです。早く羽根を打つ体勢を取る為には、結局のところ予測しなければなりません。ゲームでは、予測しあって、どちらが先に良い体勢で羽根を打つか、の勝負とも言えるかもしれませんね。

臆病、ともまた違う。




試合を見てて思うのが、自分のショットが相手にとってどれだけ効いているのかわかっていない選手が多いということです。

ゲームに勝つのに大きく分けてしまえば二つの方法があります。

・11−11、15−15あたりからスピードを上げて引き離す。
・0−0からプレーを変えず最後までできる事をやり続ける。

途中からテンポを変えて攻めていくのは、相手にスピードを変えて追い込んでいけると言うメリットがある半面、こちらのミスも増える可能性があるというデメリットがあります。そういう意味では0-0から淡々と、練習でやったことを繰り返す事していくプレーの方がそういう波は少ないと言えるでしょう。

試合で勝ちたいなら、こういった流れを考えながらゲームを進める事も大切な技術なんですが、良くいるのが、前半いいプレーで押し込みながら後半自滅していくという、上記2点のどちらにも当てはまらないプレーで負けを繰り返す選手です。このパターンも二通りの考え方ができます。

・11−11、15−15あたりからスピードを上げていくも、練習以上の事をやろうとしてミスを繰り替えす
・0−0からプレーを変えず攻めていたが、後半そのプレーが継続してできなかった

後半からテンポを変えたい、という願望は、前半のプレーがよっぽど苦しかったと言えるでしょう。勝ちたい気持ちはあっても、このままでは勝てないのではないかという不安から、「自滅」を繰り返してしまいます。これは、相手が楽をしているのではないかという不安から生まれる自滅になります。

例えば前半11-11あたりまで持っていけたのであれば、それは引き離せなかったのでは無く相手を追い込めた結果のオールだと考えて欲しいのです。つまりはそれを繰り返せば20-20まではいける、さらに相手が嫌がっているなら20-17ぐらいの点数にはなるはず、と思って欲しいのです。

無理をすればひずみがでます。不安になればショットが乱れます。オンラインを狙えば半分はラインから外に出るでしょう。同じ事を繰り返す恐怖、練習通りを目指せず練習以上を目指してしまう心境、これらはミスの誘発にしかつながりません。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

同じ事を繰り返す強い気持ち、練習を引き出す冷静な心境、それらを目指して試合に臨めるようにするには、普段からどれだけ追い込んで練習しているか、にもきっと繋がってくるでしょう。練習時の思考、本当にそれでいいのか、よく考えて練習に臨めるようにしましょう。

確か巨泉さんだったと思うんですけどね。10年以上も前の話で記憶が無いのです。





「300ヤードを越えるショットが打てるドライバーと、長い距離でも沈める事が出来るパター、どっちが欲しい?」

という質問に、

「それよりも3m以内に寄せられる8番アイアンが欲しい」


みたいな答えを言ったのが、確か大橋巨泉だったような、違ったような。



想像はつくかと思いますが、

どんなに素晴らしいスマッシュが打てたとしても、それを打つ為のロブやクリアを上げさせなければなりません。
確実に決められるプッシュがどんなに上手くても、ネット前に浮かせるように相手に仕向けなければいけません。


フィニッシュ等の練習はノック等でできますが、この繋ぎというのはノックでは認識しにくく、オールショートやフリー練習で繋ぎを意識して練習してか無ければ身に付きません。

・角度
・ネットからの高さ
・スピード
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

この3点を納得いくようにコントロールして、サーブレシーブからフィニッシュ手前までのつなぎの練習、これを繰り返し行いましょう。配球は人それぞれ、いろいろと研究してみましょう。

びっくりするぐらいうまくいっているので、技術ネタとして掲載。




サーブ、特にダブルスのショートサーブがうまくいかないときの一つの対処法です。

ラケットのフェイス部分、サーブの時はシャトルとフェイスの接点はどこになりますか?おそらく「なんとなく真ん中で」という人が大半かと思います。この大雑把な感覚が、サーブの精度を狂わせているのかもしれません。


サーブを打つ前に、「フェイスのここに当てる!」と強く意識してサーブしてみましょう。

おそらくこれは個人差があるので、私個人のイメージはフェイスの先端部ですが、フェイスの横端、下の方、等いいポイントがあると思います。もちろんど真ん中でもいいのですが、実はど真ん中ほど、思った以上にずれてしまう可能性があります。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

サーブ時のシャトルの接点を、フェイス全体ではなく、フェイスの1点に集中し打ち出す事で、サーブの安定が得られるかもしれません。

なんかわかった気がする。



その前に、「STORONG ZERO」シリーズ、大好きなんですが、アルコール分9%のチューハイとかちょっとやばいです。

今日の練習にて。サーブがここ1年ぐらいスランプだったのですが、もしかしたら脱出できるかもしれません。


いままでいろんな事やってみました。スタンス変えたり、ラケットの角度変えたり。引き方を変えたりシャトルの持ち方を変えたり。


で、今日やってみたのは、「シャトルの当て方を変える」というもの。



今までは基本に忠実に(だと思うのですが)、普通に打っていたのですが、今日は、フェイスの端っこでサーブを出してみたのです。すると、とても安定してくれたもので。

正確に言うと、私の場合ラケットを立て気味に構えるので、フェイスの先端部分でシャトルを捕えるようにしてみました。何がいいって、高さがとても安定するのがいいですね。


デメリットとして考えられるのは、ラケット位置が上がるので、もしかしたらフォルトが取られやすくなるかもしれません。実際は、シャトルがヒットしたシャトルの位置なので変わらないはずですが、やっぱり審判から見れば印象というものは仕方が無いもの。ラケットの位置が上がっていれば、もしかしたらフォルトが取られやすくなるかもしれません。

今後ロングとの兼ね合いも含めて調整は必要ですが、しばらくはサーブ時のフェイスの当て方、注意していきたいと思います。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

あくまでも私の感覚なので、真似される方は自己責任でお願いします。

意外といけるわ。




特にバック奥が苦手な選手は結構いけるんじゃなかろうか。

肘で身体の行き先を決める。そんな感覚で上半身を使えば、明らかにスピードは上がります。

もしかしたら、移動する事を意識しているからスピード上がるのかもしれないけど、だったら意識し続ければ普段のスピードも上がる訳で。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

羽根に合わせて肘を一気に持って行きながら一歩目を踏み出す。ちょっと挑戦してみると、いいかもしれませんよ。

始動。




今回は車の中での思いつきネタ。後で実戦してみようと思ってます。

始動のお話。


よく一歩目は小さくして2歩目3歩目で大きくしていくというフットワークの話があると思います。

慣性の法則

止まっている物は止まり続けようとする、動いている物は動き続けようとする。

でしたっけ?つまり、停止時は止まり続けようとしている為、いきなり大きく動こうとしても動けない為に、最初は小さく動き出してフットワークのスピードを上げていくという事、です。

移動する為の最初の一歩を小さく、ということですね。



では、移動する為には最初にすることは「小さく一歩目を踏み出す」事なのでしょうか?

小さな一歩には、重心を崩すという狙いがあります。重心を崩す事で床を蹴り出して身体を動かす力が生まれます。重心がそのままでは移動スピードは遅くなります。

この重心を崩す最初の動作が、果たして「小さく一歩目を踏み出す」事になるのでしょうか。



ここからが仮説。始動はできるだけ動きやすいところから小さく動いた方がいいと考えられます。その「動きやすいところ」は、下半身では無く上半身なのではないでしょうか。羽根が来た瞬間、プレローディングした状態で一歩目を踏み出しますが、それの直前に、肩、もしくは肘付近をシャトルの方向へ動かす事でその最初の小さな一歩目の手助けができるのではないか、と思いついた次第。

つまり、「始動は下半身では無く上半身で反応する」というものなのですが。。。。。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ


果たしてどうでしょう?今度コートに立てる日は、、、週末かなぁ。

世界卓球に感化されて調べてみました。




強くなる卓球の練習法

真っ先に出てきたので見てみたのですが、まさに私が考えている通りのポイントが出ていました。

三歩動
まず動き出す方向の足を動かす。
バドミントンであれば基本は右足(右利きの場合)を出して打ちますが、前衛のプッシュ、後衛の左足での飛びつきを考えればこの動作はこのまま使える動きとなる。一歩目をシャトル方向へ出すことにより、より早くシャトルへ追いつくことができる。

スタンス
べた足禁止。基本ですね。

無駄な上下運動はしない
これも同じ。上下運動をすることでスピードが遅れます。ショットも卓球ほどとは言いませんが、上下運動により乱れます。すり足はスムーズな体重移動を意味します。重心をいかにしてシャトルの方向に移動できるかがポイントですね。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

バドミントンよりもさらにテンポの早い卓球。そのスピードはバドミントンにも生かせるはずです。



今風ではないかもしれませんが。





2015 マレーシアOP MS
ヨルゲンセン VS リンダン

対象的なリアクションステップに注目してみましょう。

リンダンは、ほぼリアクションステップをせずに、相手のショットに歩数を合わせるような感じでプレローディングを行います。ですので、動きは滑らかで、自然に方向転換を行うようなフットワークになります。

対してヨルゲンセン。
古風なはっきりとしたリアクションステップはまさに教科書と言えるでしょう。そして、これが勝ち進む事で過去の技術じゃないという事を証明しています。明らかに宙に浮き、着地を相手に合わせてそこから一歩目を蹴りだしています。

特にジュニア選手に真似をさせるとしたら、私としてはヨルゲンセンをまずは真似して欲しいと思います。そして感覚を養い、そこからどう発展させるかは技術が身に着いてから、でも充分遅く無いはずです。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

実は勝敗まで見てはいないんですが、あまりにも印象に残ったもので動画を貼っておきます。最初の数点はシングルスらしからぬサービスフォルトの応酬ですが、すでにその中にも、プレーイングセンターでのステップはわかるはずです。確認してみましょう。



いろいろな事を想定してみます。




Q.全力のスマッシュを1ラリーで3回打ちこむための練習をしたい
A.21点取る為にざっと21×3。さらにファイナルまで行くとしたらさらに3倍の189本。
1試合で考えるなら200本を目安にフットワークを交えて打たなければならない。さらに大会を想定するなら3試合以上は考えなければならないから、インターバルもいれながら600本を1日に打つ事を考えたい。

Q.試合で動き切る体力をつけたい
A.1ラリー8秒〜20秒。約15秒と考えて、21点取る為には21×15。上記同様3倍の3倍。自分が得点するケースだけを考えても50分。ショートショートであおるとしたら、15秒フットワーク→15秒インターバルで100分の練習。


時間にしても本数にしても、実際の大会をイメージして必要な練習量を決めなければならない。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

ついでに

Q.試合前日緊張して眠れない
A.一度寝ないで練習してみる。どの程度動けるか把握できれば、「寝ないと試合にならない」というプレッシャーが少しだけ減る。

Q.アップ時間が短くて試合で動けない
A.アップ方法の練習が必要。コールされてから3分で試合に入る練習をしたり、逆に時間を決めてそれまでにアップをする練習をする。


他にも大会で試合をして、勝ちあがって決勝で勝つ事までを考えれば、もっといろいろな事を練習でしておかなければならない事に気が付くはず。地域によっても大会によってもそれぞれ違うでしょう。想定して練習してみるのも面白いと思います。

見てますよー。




まだ見終ってませんw
男子ダブルスと女子シングルスを延々とループ中。なかなか進みませんね。

簡単な感想ですが、

MD
2ゲーム目を取りに行って取りきれなかった時点で平田橋本は相当きつかったのだろう。点が欲しいところでのミスがボディーブローのように効いてしまって、それがファイナルの失速につながったんじゃなかなろうか。
それにしても、あっさりと早川遠藤が勝つと思っていただけに、平田橋本の底力は来年の総合ですら楽しみにさせるものだった。

WS
山口茜の充実ぶりは異常。
プレーの連動性はもちろんのこと、1球1球の技術、ラケットワークからフットワークまでが非常に面白い。特に注目したのは多彩なリバースショットと、アンダーショットのラケットワーク。これだけで何度コマ送り巻き戻しを繰り返したかわからない。
三谷も精神面で相当成長したように感じた。2ゲーム目に関して言えば自分のプレーで丁寧に押し込んでいくことができていた。差、やはり下半身の頑丈さだろうか。身長が伸ばせないならスピードをさらに上げる事が出来れば、世界に肉薄することができるかもしれない。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

今んとここんなもん。
また何かあったら書くかもしれませんが、期待はせんでください。

なかなか治らないんですよねー。




Q1
甘いネット前からのプッシュが浮いてしまってエンドアウトしてしまいます。

Q2
スマッシュが浮いてしまいます。コートの真中付近でも浮いてしまい、カウンターを受ける事が多く困っています。


A1A2
原因は、大体の場合同じだったりします。それは、ショット角度の感覚不足、それとネットへの恐怖心、さらに、角度を付ける事の技術不足です。

まず、スマッシュやプッシュをあえてネットの中央にぶつけてみてください。ぶつかるでしょうか?
自分の打ったシャトルが角度をつけて飛行し、相手のコートに突き刺さるイメージができておらず、イメージが無い為そうすることもできないと考えられます。

まずは、自分の打ったショットが角度をつけて飛行するところからスタートします。ネットへスマッシュを突き刺す練習や、ショットをネットの下にくぐらせる練習をすることで、スマッシュに角度を付ける技術、そして、ショットの角度の感覚が身に付きます。

特に角度の感覚は、ネットの上から徐々に下に下げて調整しても分かりにくい事が多いでしょう。ネットの真中にぶつけるところから始め、徐々に上向きに飛行させてネットの上側を通すように調整した方がうまくいく場合が多いと思います。

角度を付けるためには、打点を前にしてあげなければいけません。そうするとネットにスマッシュが刺さるだけでなく、うまくシャトルを捕えられなくなる事があります。それが、ネットへの恐怖心に繋がります。この恐怖心があると、いつまでも角度を付けられなくなります。この恐怖心は選手個人の気持ちなので解決方法が異なりますが、例えば

・練習でネットにぶつける、ネットの下を通すスマッシュやプッシュを繰り返す
・ネットへのミスを叱らない

といった方法で恐怖心が解消できれば、ショット時のフォームが改善されるかもしれません。どうしても空振りやネットが怖い選手は、ラケットを押すように使ってしまいがちです。スイングはラケットを回転させ、その中でシャトルを捕えなければならず、それに慣れるには練習と選手の気持ちが必要になってきます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

技術と心、両方を鍛えて、弱点克服できるように頑張りましょう。


質問のある方はコメント、もしくはtanukich.ibad@gmail.comまでメールください。出来る限りで回答いたします。



次はジョコビッチ、もうひとつ頑張れ。




快挙です。錦織選手の全米ベスト4。そして次の相手は世界ランキング1位のジョコビッチ。バドミントンで言うなら、田児がリーチョンウェイに挑戦する感じでしょうか。応援しかできませんが、少しでも疲労を抜いて、出来る限りの錦織選手がみたいです。


その錦織選手のベスト8の試合をスポーツニュースでちらちらと見ていました。2度ほど見る事が出来たのが、ドロップショット。テニスでも前に落とす柔らかいボールの事を指すようです。

このドロップショットのフォームが不思議でしょうがなかったのです。簡単に言うと、ラケットだけを出してボールを当てているだけのような感じでした。テイクバックもほとんど無いように見えました。


皆様、ドロップでフェイントをかけようとするときどうしますか?スマッシュの体勢を作ってラケットを振りだし、そこから急に減速させてドロップを打ちませんか?



おそらく、ラケットの強い振りだしで相手選手にスイッチが入るのだと思います。スイッチが入ってしまえば、そこから変化を付けても追われてしまう可能性がある。この相手選手に入るスイッチが入る前に羽根を打ちだすことができれば、ノータッチのドロップショットが打てるかもしれません。追いだしても届かないドロップを打つには、フェイントをかけるのではなく、ノースイングで羽根を打ちだす、これがベストなのかも。

構えている状態から最短距離でラケットを移動させて、羽根を触り、コントロール。強く打つよりも遥かに難しいかもしれませんが、これができたら球種の幅は相当増えるのではないでしょうか。

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

どのようなフォームで持っていくかもまだ未定ですが、ちょっと面白い技術になってくれる事を期待してます。

ジュニア選手、です。




Q
スマッシュのレシーブをする時に、ネットに当たる事が多いのですが、どうすればいいですか?

A
可能性を追っかけて行きます。

・振り遅れている
振り遅れているので、ラケット面が上を向く前にシャトルがフェイスに当たってしまっている。

・フォア構え
フォアで構えると、正面からバック側にスマッシュが来た時にとりにくい。振り遅れを誘発し、ラケットが上から出る事も多くなる。

・ラケットを上げている
指導方法に問題がある場合がある。「ラケットを上げろ」との指導を鵜呑みにしてしまい、どんな場面でもラケットを上げて構えてしまう癖がつく。スマッシュレシーブでラケットを上げていると、ラケットが上からでてしまい、下向きに振る事も増えてしまう。

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ


だいだいこんなとこですかねー。

ね?




1ゲーム中のサーブミスの目標は、「0」。
この目標に向かってサーブを練習している選手は果たしてどれだけいるのでしょう?

サーブが浮いてしまう、ショートしてしまう、高さが安定しない、こういった質問をよく受けますが、ほとんどの選手は

打ち方がおかしい。

そして

当て方がおかしい。


さらに問題なのは、

うまくいっていないのに何も変えようとしないのです。



今回サーブの打ち方や当て方についてはスルーしますが、もしサーブが安定しないと感じたなら、次にやらなければいけない事は、サーブの打ち方の見直しを必要とする場合が大半を占めるということです。

はっきり言って、そのままの打ち方でサーブを安定させようとする方が無理!変えていくしかないんです。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ



このブログを見る事が出来ている人は、トッププレイヤーの動画を見ることなどたやすいはず。素晴らしい見本がそこらじゅうに転がっているのです。足の位置、シャトルの掴み方、テイクバック、インパクト、フォロースルー、選手によって打ち方は様々ですが、と言う事はそのサーブフォームを試したい放題だということ。自分にあったフォームが動画のどこかに転がっているはずです。

サーブは止まっている羽根を打つバドミントンでは唯一のショット。打ち方を変える事で大きな改善を得られるでしょう。苦手だと思っている人がいるなら、根本から考え直してみてはどうでしょうか。

昔は、ほぼ毎日プロ野球中継を地上波でやっていたもんなんですが。



チャンネル競争に負けていつも野球を見て、そのまま父の影響でアンチ巨人になったのはいい思い出と言えるのでしょうか。


野球のバッターを見てみましょう。


見ました?


フォームはいろいろなんですが、膝が曲がっていない選手、いないはずです。
DeNAの中村選手が若干棒立ち気味ですが、そこからステップする為の立ち方で、スイング時は踏み込んで膝が曲がり腰が入った状態になっています。


より強く、より遠くへ打球を飛ばす為に力を入れる為には、下半身から始動して捻転し、スイングに力を伝える。ピッチングだけでなく、バッティングも結局のところは一緒なわけですね。

そう考えていくと、ゴルフのスイング時も、突っ立っている選手はいませんね。下半身の力を伝える為の姿勢、なんとなくイメージ付けられるでしょうか。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ


強く打つ為には身体をどう使ったらいいのか、その答えはバドミントン以外のスポーツにもたくさん埋まっている事でしょう。


投手起用法
MLB 中4日 100球交代
NPB 中6日 120球交代

チーム差はありますが、一応参考にしてください。




こんな話題でカテゴリはバド論。前から気になっていた、筋肉疲労回復の個人差についてです。

プロ野球のピッチャーには故障の話は切っても切れません。

日本でほとんど故障の話が無かった田中投手、ヤンキースに移って半年で故障してしまいました。
ほぼ同じ起用法をされている黒田投手は、故障とは皆無。
先発投手で100球交代といっても、この100球はなんとなくであって、厳密に何故100球なのかはわからないらしいのです。

中日の岩瀬投手。故障しやすいと言われているクローザーですが、まさに鉄腕を地でいっています。
同じ中日でも中継ぎの浅尾投手は、故障離脱後は怪我との戦いになってしまっています。
広島に移籍して大ブレイク中の一岡投手。オールスター前に故障。活躍するということは使われると言う事。やはり故障に近づくのでしょうか。


プロ野球のピッチャーと言えども、身体の疲労に関して言えばひとくくりにされてしまっているようです。故障しやすい身体、しにくい身体があると言う事は、投げ方もあるでしょうが、回復力に差があるはずです。この回復力を何かで計る事ができれば、理想的なトレーニングが行えて故障のリスクも減らせるはず、なんです。


ただ、プロ野球ですら大雑把なくくりをしているのに、果たして学の無い一個人のたぬ吉がどこまで調べられるのかどうか。その方法は、果たして存在するのかどうか。と気張ってもしょうがないので、考えられるものを上げてみます。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ


・筋肉の温度
疲労、トレーニング後は筋肉が炎症を起こしている。それをアイシングで止める。トレーニング後の筋肉温度を測る方法があれば、その後の経過時間によって計り続ければ何かがわかるかもしれない。

・関節の可動域
関節の可動域を計る。筋肉の硬直具合に差が見られるなら、この方法で回復具合がわかるかもしれない。



思いつかん・・・・・・・。やっぱだめかもわからんね。
回復力はおそらく今まで個人任せ。同じメニューをこなす意味がどこまであるのか、自分でやっぱりよく考えていかなければならないんだろうなぁ、今のとこは。

誰か高校生ぐらいで自由研究でやってくれんかね。

今更かよ!



ヨネックスオープンジャパン 女子ダブルス決勝
松友高橋 2-0 前田垣岩

松友高橋の強さは、二つのパターンにある。
1ゲーム目は松友が前衛にいる時間が長かった。その結果圧倒。やはりこのペアはこの形が相当強い。
そして2ゲーム目。前半、松友が振りかえる事が増えてくる。この行動は1ゲーム目にはほとんどなかった。事実、点数をリードされてしまう。ここで松友のとったプレーは、自分が下がる事によりサイドバイサイドになる事。2ゲーム目は、このサイドバイサイドの時間が長かった。普通は得意なパターンを崩されるのは嫌なものだが、このペアのレシーブ力は素晴らしく、ミスを重ねたのは攻めきれなかった前田垣岩ペア。サイドバイサイドでのラリー力に勝る松友高橋に対して、前田垣岩は攻め急ぐあまりリスクを負うショットが増えてしまう。通常では決まるアタックもレシーブ力の前に振り回される。ここでのカバーリング不足はペアとして短いからだろうか。下がってフォローする場面も前衛の足が止まっていた。
最後、開き直って集中力が高まり、アタックが冴えた前田垣岩だが追い上げがあと一歩遅く、松友高橋に振りきられた。

松友は、後衛でのプレーが出来ない訳ではなく、高橋も前衛が苦手な訳ではない。だが、ベストの選択をした結果の前衛松友、後衛高橋であり、個人の応用力のあるプレーによりペアとしての強さを引き上げている。サイドバイサイドでもしっかり戦えるのは大きな強みとなり、結果としてさらに松友の前衛を生かすことができてきていると思う。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

前田垣岩は、もういつまでもペアとしての熟練度不足とは言ってられない。二人のアタック力はいいものがあるが、3本以上のアタック連続でのミスは、パートナーとの関係によるものが大きい。その場所に専念できれば、例えばクロスに振られた場合のフォローであるとか、そういった信頼関係の不足が、アタックでのミスに繋がっている。前田垣岩は、末綱、藤井というコントロールプレイヤー依存アタックの考え方を減らして、また別の攻め方を求めていく必要があるだろう。

やる気になれば、このペアの実力差、あっという間にひっくり返る可能性がある、とたぬ吉は考えている。

松友の前衛での判断スピードは相当早いんじゃないかと思うんです。



まだ片手間でしか見てません、YOJ女子ダブルス決勝。

松友高橋
1ゲーム目は典型的な「何もしない前衛の松友」。これが2ゲーム目の前半、おっかける立場になると、松友の目線が高橋の方にいく回数が増えます。ラリーが思ったようにすすめられてない時にこのようになるのかもしれませんね。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

前田垣岩
垣岩が変に弱気になる場面が多い。簡単なクロスカットをネットにひっかけるミス。打った瞬間「はいんねーわ」と思うと本当に入らない。もっと迷わずに良いショットに限定して勝負してもいいんじゃないだろうか。攻めて失敗はまだいいけど、逃げての失敗は観戦してても萎える。


ざっと見た感じの感想。もう少しおっかけて見てみます。

人との出会いは知識と新しい発想を生みだしてくれます。大切にせねば。



有名な指導者様からのありがたいお話を元に、実は少し路線を変更しつつ、かといってちょっと頑固な私は以前の考えも崩さずに行きたいと思っています。


親指支点 フォアのクロスショット、コースチェンジ
ラケットを人差し指を使いながら親指支点で回す。最大のメリットは回転軸が小さく、素早くラケットが回ってくれる事。これを利用するプレーは、フォアのクロスヘアピン、ストレートスマッシュのクロスリターン、ドライブのクロスストップ等、力を必要とせず、さらにラケット面変化のスピードを要するものに向いている。

人差し指支点 バックハンドのクロスショット、コートチェンジ
親指支点とほぼ同じプレーのバックハンド側。親指を使って人差し指を支点にラケットを回す為、少し難易度は高くなる。

小指支点 フォアアタックやハイバック
回内、回外は、こちらの方がイメージしやすい。腕のひねりを使ってラケットを振り込む為より強い力を生みだす事が出来る。デメリットは振りが大きくなり振り遅れが発生する事。プレーを選べば問題無い。スマッシュやクリア以外にも、ロブ、強いドライブ等で使用する。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ


よく「インパクトの瞬間に握り込んで」と言いますが、握り込むショットは小指支点が近くなると思います。実際は、小指支点で面操作を親指人差し指で行ったりと、力と操作のバランスを指のそれぞれの感覚で振り分けていく事になります。

イメージを持ってシャトルを打ちだす事で、より細かな操作が可能となるでしょう。

このページのトップヘ