バドミントンぷれいやーず





【mixi】 【facebook】 【ツイッター】【ついろぐ】【本・DVD】

よそぎる バドミントン用品の「ROOM」 
Mail:【tanukich.ibad@gmail.com】

過去の記事へのコメントや、ブログ以外の質問や雑談がありましたら、どんどんとご利用ください。

リンクフリーです。バドミントン関係なら相互リンクします。



/>

40-バドミントン 指導

中学3年生、一区切り。


高校にいって続けるかどうかは別にして、中学3年生の夏、最後の大会が終わりました。
ってことは、先には進めなかったという事で。

指導者として、やって上げられなかった事、伝えきれなかった事、今思えば腐るほどでてきます。多分、どんな成績だとしても、後悔は必ず残るんじゃないかと。

この後悔、今年初めて強く味わう事になったわけですが、終わった瞬間から体調が悪くなる程でした。
これからこれが毎年続くのかと思うと、果たして私の精神力は持つかどうか。。。

それと同時に、この後悔があるからこそ、来年に繋げる事ができるのではないかとも考えています。完璧は無い。何をしても後悔は無くならないでしょうが、来年また違う後悔をできるなら、一歩ずつ進めているのではないかと思っています。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

選手は後悔なんてすることは無いのです。次もある。まだまだこの先でやれる事がたくさんある。
私がこの小中学生のクラブに留まる以上、私はこれ以上は進めないし、後悔をし続ける事になる、多分そういうことなのでしょう。



大会で思った成績が出なかった。


1選手ではなく、なんとなく全体的に、である。
このなんとなくという感覚は今回非常に危機感を感じている。選手達は上達している、調整もできている、そう思って送り出した選手よりも、さらに大きく成長した他の選手に目が奪われた。

何が違うのか。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

選手の結果は指導者の責任である。力を伸ばしきれない部分があったとしたら。あっていると考えていた調整が間違っているとしたら。

選手、保護者に状況を伝え、謝りつつ今後の方針転換を報告した。

勝っていた相手にはそのまま勝たせたい、負けた相手にも少しでも差を縮めさせたい。それを目標に、前進出来るように頭と身体をフル回転させていこうと思う。



男相手が楽でいい。。。



基本的には指導は歴史の授業。

平城京710年を覚える為に「なんとりっぱなへいじょうきょう」と覚えさせられた。
これがピンと来るか来ないかは別にして、友人が「なっとうたべたらへいじょうきょう」と言い出した。

なっとうを拒絶する必要は果たしてあるのだろうか?

一つの答えに結び付くのに、ルートはいくつあってもいい。

その答えとは、バドミントンでいう技術であって、戦略であって、勝利である。
指導者によってルートは違うが、勝利に向かっているという点では間違いなく同じである。


目標は同じだが、ルートで違いが出る場合もある。

今は1185年鎌倉幕府ということになっているが、1192年鎌倉幕府で突き進んでいる人もいる。現在の正解で進んだ方が、当然勝利には近づきやすい事にはなる。

では、1192年には何があったのか?鎌倉幕府はどうなっていたのか?それを確認しなければ、1192を否定する事はできない。

例えばウエスタングリップ主流からイースタングリップ主流になった変わり目があったとして、ではウエスタングリップはなぜ主流だったのか、これを理解してイースタングリップに移らなければ、過去のウエスタングリップを生かす事はできない。全否定をしてはいけないのである。
ちなみに現在、鎌倉幕府があったかどうかが怪しい、という説はもちろん無いが、イースタンウエスタンにすらこだわる必要が無いという意見もある。これについても、ウエスタングリップとイースタングリップのメリットデメリットを理解したうえで取り組むのと、最新の情報のみで進むのとではやはり違うのではないかと思う。

話を戻す。1192で指導を進ようとして、さらにそれが古い話と理解している場合、選手はどうしたらいいのだろうか。そこまでわかった上で、1192の存在の中から身になる部分を抜き出そうとしていければ、、、そこまで選手に求めるのは酷だろうか。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

但し、今後、やっぱり1192が正しかった、それがベストだったとなる可能性だってありえるかもしれない。やはり選手には一度受け入れる体勢で指導を受けて欲しい。そして、個人で選択していくことがスキルアップに繋がるはずである。

指導者は過去を学び、未来を見据えて指導しなければならない。これは選手も同じである。与えられる指導ではなく、自ら学ぶ姿勢で取り組むことで、未来を膨らませていく事ができるはずだ。



その後が大切。


例えば、スピンネットの練習を、1ヶ月、週2回30分ずつやったとします。

4時間。

果たしてこれでスピンネットが習得できたと言えるでしょうか?


当然言えません。

ですので、さらに1ヶ月追加でスピンネットの練習をしました。


8時間。


果たしてこれで習得できたでしょうか?

これでもまだです。上を目指すのであれば、たかだか8時間の練習でマスターできるショットがあるわけありません。


ですので、さらに数カ月追加・・・・・・。



というのは、本当に必要でしょうか?





4時間のスピンネット練習で、シャトルへの入り方や触り方をある程度覚えたとしたら、それはもう準備完了としてもいいのではないかと思うのです。これ以上の技術練習は、飛躍的な効果がもしかすると見込めないように思うのです。


技術練習はもちろん必要ですが、精度を上げるのには、継続し続けて練習するよりも、技術練習を行って、その後は通常のパターン練習等でその技術を確認し、実戦で精度を上げます。実戦で使っていく事で準備した技術が実戦で使えるようになります。疑問点があれば再度技術練習に戻って確認作業を行う、という事を繰り返す方が、時間効率的にいいと考えます。

このパターンで練習するには、選手主体である必要があります。選手が、実戦で磨きたいと思っているなら実戦練習を多めにして、技術練習に戻りたいと考えていれば、その時間を作ります。指導者は、選手と相談して、どちらの練習を進めるか決めていきます。

これには、ある程度同レベルの選手であったり、習得する技術の種類であったりをまとめて、一つずつクリアしていくような作業が必要で、そのクラブで重視する技術を決めていったり、進め方は様々になりそうです。必要な練習でのコートも必要だし、クラブ全体というよりは、バラバラで進める為にまとまりが無くなる事も考えられそうです。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

技術練習は、それを試合で使える事が目的です。その為にどれだけ技術練習に時間を割くか、そして、実戦で使う為にどう練習を進めるかが大きなポイントとなります。試合で使う、という強い気持ちで技術練習を行えるといいですね。




出典:デジタル大辞泉(小学館)

心理学や精神分析学の手法を用い、人にやる気をおこさせる技術を習得した専門家。


コーチとは、技術指導が主。そしてモチベーターとは、上記のような方、だそうです。

以前から「私は精神論者だ」と声を大にして言ってきておきながら、今でさえコーチ2割モチベーター8割でやっていたと思っていながら、この「心理学や精神分析学」という言葉を見てしまって、モチベーターとしてまったく勉強していない事に気が付きました。


なんとなく選手を煽り、時に叱り、時に励まし、少しでもコートで集中して羽根をおっかけられるようにしてきたつもりでしたが、それは完全な経験則であって独学すらしていませんでした。

正確には、図書館で本借りて読む、ぐらいのことは継続してやっているものの、専門家の先生と話をするとか、そういった機会を探そうとはしていなかったように思います。


これでは駄目。学ぶ事、大事。


とは言っても、実は私、この手の勉強は大の苦手なんです。昔から道徳の授業が大嫌い。人の気持ちはこうなんだよ、とかそれをみんなで学習するのってなんだかしっくりこないというか。そんなの言われなくてもわかっているし、みんな同じ意見というのもおかしいし。


この手の講習では決まって「褒めよう」とか「怒ると叱るは違う」とかいう話だったりしますが、なんだか人との接し方を決められてしまっているような気がして背中がむず痒くなってしまうのです。

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ


だからってほったらかしていいものではなく、やはり最終的にはモチベーターとして選手の集中力を高めてあげたいと思っている訳で、嫌な事は無理はせずとも、最低限、知識は頭に入れながら進んでいきたいと思います。よく選手を見て、気持ちを呼んで、そしてコートで最高のパフォーマンスが出せるようにする為に、少しでも知識を頭に叩き込んでいくことを目標にして、来年ぐらいには胸を張って「モチベーターだよ」って言えるようになりたいなぁ。

意外と真剣にできないもので。



サーブはとても重要である。
じゃあ練習しろと言ったところでやれないのはジュニア世代。

何よりサーブ練習はつまらない。
指導者も必死になって的を作ったり罰ゲームをしたりいろいろと考える。
楽しむ事は大事だけど、試合で使う為のサーブになっていればいいのだが、練習風景を見るとなかなかそうは見えない。

少し上手になってくると、今度はやらなければいけない練習が増えてくる。サーブ練習は後回し。意外と場所も使うのがサーブ練習の難しいところ。ロングならコートサイドでもできるが、ショートになるとコート占有してしまうので自主練習が難しい。

そうやって育っていくと、変なサーブのまま固定されていく。小中では上位クラスで無いとフォルトはとられない。高校になって明らかなフォルトのサーブのままの選手をみかけると、やはりサーブ練習って大事なんだなと気が付く。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ


サーブが打てなければ試合は始まらない。その始まりのプレーをジュニア期にいかに真面目に本番を意識して取り組めるか。その取り組む癖がつけば、おそらくはその先々で隙を見つけてサーブ練習に取り組む事ができるだろう。勉強と同じ。練習する癖をつければ、練習量は増え、そしてサーブミスが減る。当然ゲームのスタートから有利に進められる。ジュニアで試合に直結はしないかもしれないが、是非練習癖をつけたいものである。

ごめん、バドニュース、決して飽きた訳じゃなくて、いろいろあったのさ。


どうしても打ち方が気に入らない選手がいました。
手首を無駄に「クイッ」と捻って、それでコントロールできればいいけど、方向が定まらず、そもそもフレームにあたったり空振りしたり。

どうしても治してあげたい!

ラケットの振り方、足の入れ方、肘の動かし方、いろいろやったけど、いざ羽根が飛んでくると、自分が打ちたい形に逆戻り。一向に進まない。。。


ちょっと諦めて、

「ここに羽根を出すから、この場所に打ち返してみて」

ものの数球でフォームがみるみる治っていきましたさ。
まだ完全ではないけど、この練習を繰り返していって修正は出来そうな手ごたえがありました。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

指導者の感覚でフォームを変えようとするよりも、選手自身が打つ場所をイメージして自分の体を動かそうとする方が、いい結果が出る選手もいるようです。この見極めがまた難しいのですが。しかもこの手の天才肌選手はバドミントンを教えたという達成感が指導者に湧きにくいという(これは勝手なエゴですがw)。

選手の性質、どうすればいい方向へいくのか、そして時間をどう効率よく使えるか、答えが無いだけに永遠のテーマでもありますね。



ショットスピードは後回しでいいのにね。


バドミントンでスピードの話は必ず出てきますが、ジュニア選手に聞くと、「スマッシュのスピードを速くしたい」という回答がほとんど。

そうではなくて。

強く意識したいスピードは、

「構えから羽根を打ちにいくスピード」
「羽根を打ってから構えにいくスピード」

の2点。この二つを上げる事でプレーの幅が広がるだけでなく、練習の質自体が向上するはずです。この二つはフットワークやラケットワークという一つ一つの行動という訳では無く、全身のアクション。身体のキレというべきか、全身のスピードというべきか、全身の動きが連動した上でのスピードといえばいいのでしょうか。

これの向上で、取れる羽根が格段に増えます。そうなれば、普通の落ちていた羽根が取れるようになり、その事でラリー数も増え、ショット向上にも期待できます。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

単純にフットワークスピードを上げる、とも言えなくもないのですが、フットワークスピードは羽根を追いかけるスピードであって、一歩目や準備が遅れてしまってはそのスピードを生かせません。

上記二つの重要性を理解させて、練習の質の向上を狙えるといいのですが、口酸っぱくいってもなかなか理解してもらえないのが現状です。理解できれば効率もいいのですが、理解できなくても向上できるようなメニューを多めに組んでいくしかないのかもしれません。

寒い。。。



この時期、たぬ吉の最も気にするのが、アップです。準備運動。
ここ数日、大雪と極寒の日々が続いていますが、そんな日でも体育館競技のバドミントンは練習するわけで、寒いから休むなんて言ったら選手から何言われる事か。

寒いからしっかりアップして練習に入らないと、怪我に繋がります。たぬ吉の考えは、準備運動とは筋肉の温度上昇。筋伸ばすとかあまり重視していません。準備段階でどれだけ温度を上げられるかがポイントですが、冷えた状態で急に暖めようとしてもその時点で障害リスクが増える訳で。少しずつ負荷を上げられるように指示をしています。

そしてもう一つが、筋温度を下げない事。準備運動も終わって、さあスピンネットの練習やろうなんていったら、せっかく暖めた身体を冷やしてしまう事に。休憩にしても、冷やしてしまえばまた暖めなおし。とても気を使います。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

大人にはきついなわとびでも、子供達はほおっておいてもなわとびは飛び続けるようで、筋温度の維持になわとびを使います。休憩だろうが、練習合間だろうが、コートサイドで飛ばしているだけでトレーニングと筋温度の維持で一石二鳥。
そのうちコートに入るのも忘れて飛び続けている事も(という記憶を、りーちんさんの記事で思い出しました。)


寒い時期が続きますが、怪我だけはしないように、頑張りましょう。

大変なのよ、本当に。


練習の時にベストなのは、監督がコートに入らない事。
わかっていても、コートから出る訳にはいかないジレンマ。

全体を見る人が一人いて、各コートにコーチ陣がいる形が取れるクラブはきっと強いんだろうなとよく考える。ほとんどのクラブは、指導者が足りずに総出で指導に当たっているのだろう。

これを実感するのが大会の時。
大会程選手を見ていられる時間は無い。選手は試合をするだけだし、練習なんてしたくても当然できない。試合を見ていると、選手の良いところと、その10倍ぐらい悪いところが見えてくる。
それを練習で改善していこうとしても、各選手の悪いところを考えていたらそれこそ練習時間が足りない。

似た課題を持った選手を集めて、コーチに預けられたらどんなに楽だろう、と。

ノックに入れば他のコート選手には目がほとんどむけられない。ゲーム相手でもオールショートでもそう。かといって小学生に指導者無しのパターン練習はかなり難しい。


違った、若干話題がそれた。
まず、一つ目は、選手が良く見れていいなと思う事
そしてもう一つは、言葉の違いを知る事。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

良い選手だね、と隣にいる他の指導者と雑談すると、「そうですね、肘の引きっぷりがいいですよね」と言われてドキッとする事がある。半身になれとは言ってたけど、肘を引けとはいってなかったな、といった感じ。モデルの選手がゲームをしているから、その選手の話題になれば選手の良いところ悪いところといった特徴を話すのは必然。そこでの感性の違いや感じた事への言葉の違いはとても勉強になる。ついでに練習試合や次の大会の話や、その他もろもろで自分の選手がおろそかになってしまったり。

話題はまたそれたが、指導者として得るものは、多い。日々勉強である。


指導ってなんなんだろうね。




よくこの手を話をすると、指導なのか補助なのか、ティーチングなのかコーチングなのか、なんて事を言われるのですが、たぬ吉はあまり深く気にしていません。

教えた事って、選手はどこまで身につけようとしてくれるのでしょう。


ジュニア世代は技術を覚えさせたい、とはよく言いますが、その教えた技術は選手が身についているのでしょうか。使ってくれるのでしょうか。

選手は覚えたい技術はびっくりするほど覚えますが、教えてなくても勝手に習得していたりもするものです。でも、覚えさせたいけど興味の無い技術は、驚くほど習得が遅くなります。

それを教えるのも指導であるとは思いますが、そんな効率の悪い指導が果たして有効かどうか。


ってことは、技術を教える事が第一ではなく、この技術を覚える事が勝ちに繋がるんだ、という事を伝えるのがまず第一。いや、その前に、試合に勝って楽しい、嬉しいという事を教える事が第一、か。


そう考えるなら、まず選手のモチベーションを作る事が第一で技術は第二、というか勝手についてくるものって考えでもいいような気もします。結局精神論に落ち着くたぬ吉です。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

なんにしたって、まずは上達したいと思えなければ何も始まりませんし、向上心こそが上達を早める一番の方法、私はそう考えています。


アドバイスって難しいね。




リアクションステップからの一歩目が遅い、フットワークの最後の伸びが無い、そんな選手に

「腰を落として」

とアドバイスする事があります。
このアドバイスは若干危険があるアドバイスでして、腰を落とす事で逆に一歩目が鈍くなったり、膝や腰に負担になったり、高い位置から低い位置へのフットワークができなかったり、レベルの高いプレーから遅れてしまう事があるのです。

私の場合は、腰を意識的に落とす事でプレーの幅を広げ、逆に腰を高い位置で保持するのはさらにレベルを上げる為と考えているので、腰を落とすのがまず第一歩、と思っています。ですので、腰を落とさせるのは結構頻繁に声をかけているのが現状です。

で、同じように「腰を落として」と声をかけはじめてしばらくして、何かおかしい事に気が付き始めたのです。



まるで成長していない・・・・(安西先生風)



見ると、腰は落とそうとしているようなしていないような、なんというかぎこちなくなっているだけのような。
なんせ一人の選手だけ見ている訳ではないので、どうしてもこういった判断が遅れてしまうのですが、おかしかったので再度声をかけました。

すると、、、確かに腰は落としているんですが、膝を曲げて窮屈になっているだけなんですよね。。。



ということでアドバイス変更。

「常にスタンスを広く取って」

少しはましになりましたかね。。。
腰を落とすが、本当に腰を落とすだけにすれば、そりゃ窮屈にもなります。一つ一つの動作を説明しなければならない選手も入れば、一言で全てがよくなる選手もいるし、言わなくても勝手によくなる選手もいます。選手によって言葉を使い分ける必要も。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

前回の記事同様、アドバイスはするだけでは無く、した後もしっかりチェックしなければいけませんね。

もうほんとやばいと思った。




ネット付近で何度もプッシュされているものだから、

「前で何度もやられているんだから、後ろで勝負しろ」

と指示。

指示通り後ろで勝負して、ネット前に甘い返球。チャンス!


と思ったら、そのままロブで後ろに打ち返すとはね。。。。。

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ


本番の大会じゃなくて本当に良かった。。。。。アドバイスは普段から、意味を理解させるのも練習の一つ、と痛感させられました。

おばちゃん脳。




まず、今と昔のジュニアの大きな違い。

これはクラブにもよりますが、たとえば大きなところで体罰であったり、押し付けだったり、指導者は大きく変わってきていると思います。昔は練習に行くのが嫌で、羽根は打ちたいけど指導者の目におどおどしながら、という練習環境も決して嘘では無い状況でした。

今ももちろん、特に強豪クラブには受け継がれて(もしくは変わらず)いますが、多くのクラブは選手の事を考えながら、特にジュニアは楽しむ事を第一に、徐々に選手として導く形が多く取られているように感じます。

さて、その影響として指導者を悩ませるのが、



ジュニアのおばちゃん化、です。



これがどういう事かと言うと、大人から始めた初心者の方は、コーチや教えられる方がいるクラブ、特に女性はレディースクラブに入ります。大人の初心者のジュニアとの大きな違いは、知識から入るタイプが非常に多い事。できないから、コーチや先輩に聞く、うまくいかないから聞く、もっと良くしたいから聞く、まず聞いて、それからなんとかしようとするタイプが、非常に多いのです。

昔のジュニアでは、聞く事は最低限、兎に角打って、回りを見て、かっこいい人を真似て、そして打って、の繰り返しでした。まず聞ける状況になかった。。。簡単に言えば恐怖心、今となってはトラウマですが(笑)
聞けないから考える。怒られるから集中して打ちこむ、それの繰り返しで強くなったという人は、決して少なくは無いはずです。今は指導者に直接話をする、することができる環境がとても整備されてきたんじゃないかなと思うのです。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

今の、ジュニアのおばちゃん化、きっとクラブとしては雰囲気のいい形を取れているんじゃないかと思います。後は厳しい面もだしつつ、集中させる環境を作って、知識と身体両方から攻められるようになれば、とてもいい運営になってくるのではないでしょうか。
昔と今をいい部分をしっかりと引き継ぎ、未来に繋げていけるといいですね。

今日は呑んでません。




・ヘアピン打ったら相手からはロブかヘアピンだからラケットを上げて構える
・ドライブ打ったらドライブの確率が高いからネットの高さで構える
・相手がバックで入ったら攻めは弱いから前に詰めてラケットを上げる
・ショートサービスを打ったら相手のラケット位置に合わせて高さを変える
・プッシュを打ったら次の低いリターンに備える

ざっと30秒で思いついた前衛でのパターン。主に、ラケットはどこに置いておくか、という点で抜き出しました。
さて、これらをゲームで生かすのには、

「ヘアピン打ったらラケットを上げろ」

で身体に染み込ませるか、もしくは

「ヘアピンを打ったら相手はロブかヘアピンしかこないから、ロブはパートナーが打つからヘアピンに対応する為に前衛はラケットを上げろ」

と理論で確認していくか、悩みどころです。
「なぜそこで構えるのか?」を理解する事はプレーの幅を広げるのには必要な事なんですが、じゃあ毎回何を考えているのか選手に聞くのか、とりあえずラケットを上げさせるのか、本当に理解しているのかを確認する事は大事な作業だと思ってます。

でも、実際は考える事で遅れるのであれば単純に「こうすればこうする」と教える事で考える時間を省くこともできるし、実戦的と言えなくもないと思える事も。

ならば、説明は説明、プレー中の修正は単純に行うべきなのかもしれません。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

選手からしてみると「失敗」から学ぶよりも「成功」の方が身体に刷り込まれる、そんな気がします。だとするならば、まずは単純にやらせる。説明は適度に、まずは例えば前衛でラケット上げさせる事で、打てる羽根を増やしていく、打てていく「成功」から選手が自分で学んでいく、こういった流れの方がいいのかもしれません。

参考書を読むよりも、問題集を解かせる、例はなんか違うかもしれませんが、理論理論で理解させようとするよりも、やっぱり実戦の成功でやった方がいいのかな、と思ってます。選手を見ながら、合わせていくしかないのでしょう。

やっぱり女の子に多い気がします。




人間の身体は、吊り合おうとします。
歩く時は右手が出れば左足が前へ、左手が前に行けば右足が前へ。

スイングの時も同じように吊り合おうとします。

ただし、この吊り合わせ方でフォームが大きく変わります。


捻転。
骨盤をひねることでそれが肩甲骨へ伝わり、最後にラケットにたどり着きます。これが捻転。この捻転をうまく使える時の「軸」はおそらく左の骨盤になるのではないかと思うのです。骨盤の左側を軸に捻られた力が最後に右のラケットに伝わる、と。
という事は、吊り合う訳だから、左手や左足をうまく使わなければラケットは回るがままに左側へ身体が回ってしまいます。この捻転を止めてラケットスピードを上げる為に、左手や左足を上手に使わなければいけません。

では「軸」がど真ん中の中央だとしたら?

これがいわゆる初心者、特に女の子に多い状態と考えています。
右手を振った分左手で吊り合わせなければならず、身体の前で右手と左手がクロスします。腕しか振っていない状態で、肩関節を中心に振っているだけなので下に振った後にそのままラケットが上に上がってしまいます。腕だけを使ってしまうとこういうスイングになるのではないかと思います。

矯正には、例えばテニスボールを投げさせたり、ラケットを下方向へ振り下ろす練習をさせたり、意識的に左手を外へ出させたり、もしくは打点を目一杯前で打つ癖をつけさせたり、選手によって何がはまるかははっきりとはわかりません。ただ、これは早く治してあげないといつまでも手打ちになる危険も。足の入れ替えも入れ替えているだけになってしまい力が伝わりにくくなります。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

時間が解決する場合もありこれもまたなんとも言えないところ。力強く振る為に、と言う事を考えて振らせていきたいところです。

私はプッシュ(ネット前アタック)かなぁ。




・ヘアピンから教える
比較的に球出しが簡単な為、お手伝いの人数を増やせる。当てるのは比較的簡単だが、距離感が合わない子はとことん当たらない。他のプレーに応用が効かない。

・ドライブから教える
ラケットノックだけでなく、手投げノックでも可能。特に初心者はどこに羽根が飛ぶか読めない為ノッカーの怪我には注意。おそらく一番簡単で当てやすいと思われるが、フォア側を続けていくとウエスタンに矯正される危険あり。

・クリア、スマッシュから教える
ラケットで後方へ出す為、ある程度のノック技術が必要。落ちてくる羽根を打つのは思いのほか難易度が高く、初心者には厳しい。素振り、フットワーク、ノックの順で慣れさせるという意味なら。

・バックハンドから教える
イースタングリップの矯正にも使える。初心者特有のフォア構えも矯正できる可能性がある。ただし、フォアと違って難易度は高い。

・サーブから教える
自主練習で可能だが、当たらない子はとことん当たらないのがサーブ。一人でできるといっても、結局フォームチェックが必要な練習になり、指導者は必要。フォアロブの打ち方にも繋がる。

・プッシュから教える
ネット前の手投げが容易だが、初心者はコースが読めない為ドライブ以上に注意が必要。振って当てる、足を出す事が身に付きやすい。難易度はちょっと高めだが、振る事を覚えられるのは大きいか。

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ


いろいろとありますが、初心者の人数やクラブの状況に応じて選択できるといいと思います。

いずれはやらなきゃいけない練習なので、深く考えないというのもありかもw




ジュニア選手はとにかく強い羽根を打ちたいと思うもの。
そうすると、ハンマーグリップになったり、一歩が大きくなったりします。

羽根を打つ時も力を抜く事でスイングスピードを上げて、一瞬力を入れる事でさらにスピードを加速させることができます。力を抜きっぱなしではダメ。

フットワークはさらに特殊で、力が入りっぱなしでは足をスムーズに運ぶことができません。床を蹴る時は力が入っていますが、他の部分で力が入ると次の一歩がぎこちなくなり、結局到達時間が長くなる事になります。

スムーズな移動とスムーズなスイング、そしてインパクトの力強さはその前の効率の良い脱力から生まれます。しっかりと力を抜く事を覚えましょう。


ただし、脱力ばかりでは、それもまた駄目!


リアクションステップに代表されるように、動き出す瞬間のステップは筋肉のプレローディングによってスピードを上げるもの。つまり、最初の一歩目前の瞬間は脱力ではなく硬直に近い状態です。硬直状態を一瞬作って筋肉を使いやすい状態を作り、動き出した瞬間から脱力をしつつスイング準備、インパクト瞬間また力を入れるといういったいどうしたらいいんだという状態の繰り返しをバドミントンではしていかなければならないわけで。

運動の苦手な選手はここが躓く一つのポイントと思えます。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

ひとまずは脱力、次は効率のよい硬直、結果としてシャトルへ反応時間、到達時間の短縮のショットスピードの向上を目指していかなければならないのです。脱力を第一歩として、次のレベルを目指せるように頑張りましょう。


ハンマーグリップとは、ハンマーを持つようなグリップでございます。



ハンマーグリップとは。。。

ハンマーで釘を打ちつける時のように、重いものを強く打つときに力が入りやすい持ち方。
イースタングリップ、ウエスタングリップのようなラケット面の角度の分類では無い。
握手をするような柔らかい握りではなく、じゃんけんのグー、握りこぶしを作るような状態に近い。

ハンマーグリップのメリット
力を入れるのが容易な為、技術が無くてもスマッシュスピードやクリアの飛距離を上げる事が出来る。

ハンマーグリップのデメリット
グリップに融通が効かない為、サイドショットや前のショットはフォアバック関係無くほとんどがクロスにしか飛ばせない。握り替えが難しく、身体に近ければ近いほど窮屈になる。腰から下で面を作る事が難しい。スイングが大きくなりテンポが上がると対応できない。

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ


おそらく、バドミントンではデメリットの方が大きいんじゃないかと思われます。
技術が上がれば握り込みを少なくしてもスピードは上げられますしね。

生涯ショット数カウンターがあったとしたら、バックはフォアを超える事が可能なのだろうか。




今日、小学生、県上位のダブルス選手を相手しました。
もちろん実力差はあるので羽根を散らしながらいろいろと打ってみたのですが、バックハンドから強い羽根が返って来ない選手が非常に多いのです。ネット前のロブなら羽根は奥まで行きますが、これがスマッシュになるとまったく返らない。ハーフぐらいまでしかいかず、しかもコントロールもすることができていません。

これで県上位に行けるのが悲しくなりつつも、まだ小学生だし、と考え直して相手をしたわけです。

バックハンドはもっと意図的に打つ回数を増やさなければ後でかなり壁に当たるのではないでしょうか。
ノックで20球打ちました、そんなレベルではなく、100球200球レベルのノックを毎回行わなければならないのではないだろうか、そんな気さえしています。それぐらい、バックハンドが致命的に弱いと感じました。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

奥まで返らないなら最低でもコントロールして逃げなければいけない。コースも高さも、結局はバックハンドを打つ技術が無ければ何もできないのです。真面目に取り組める選手なら1対1でもできる練習です。アップ代わりでも構わないので、兎に角数を打つ練習、入れられるように真剣に考え中です。


このページのトップヘ