バドミントンぷれいやーず

youtube動画公開してます  【ツイッター】【ついろぐ】【本・DVD】

バドミントン用品の「ROOM」 


https://www.youtube.com/user/tanukichibadminton/

別館:https://bpstanukichi.blogspot.com/
Mail:【tanukich.ibad@gmail.com】
相互リンク
Flashscore https://www.flashscore.co.jp/ badminton



501-手記

ひらまさ、で変換できたw


ピョンチャン五輪、閉幕しました。たぬ吉、今回とっても楽しめた訳ですが、その理由で大きかったのは時差、ですかね。丁度いい時間にライブで見られるのは、結果を知らなかったとしても録画で見るのとは大違い。その場で行われているというリアルタイムでの中継で感動は倍増しました。

冬季五輪は夏季よりも好き嫌いが激しいようにも感じますが、私がとても楽しめた競技とその見方を記しておきます。


女子カーリング

集中力お化け。野球の1試合とほぼ同じ時間だが、その野球は半分は攻撃でベンチで座っている。このカーリングは自分が投げる時以外にも、チームメイトが投げている時、さらには相手が投げている時ですら集中力を切らせない。考える時間も限られており、状況判断して素早く次の行動に移らなければならない。
この競技を見る時は、素人ながらに次のショットをどういう狙いでいくのかを考える。将棋を見ているのと同じだろうか。弾きに行くのか置きに行くのか、考えながら見て、当たれば気持ちいいし、外れたとしても、これがまた気持ちいい。競技を知らないからこその楽しみ方だと思っている。

これは、3位決定戦のイギリスのラストショットでその醍醐味がとても感じられた。

結果は皆さんの知っているようにイギリスのミスショットでいきなり幕を閉じられた訳だが、実は私、イギリスが何をしようとしてミスショットしたかしばらくわからなかった。思わずビデオのリモコンの巻き戻しをして配置を確認しようとしたぐらい。もちろんライブだからできないわけだが、必死に頭の中を整理してミスショット前の配置を思い出そうとするも思い出せない。このもやもやが5分ぐらい続いたように思う。なんせ某テレビ局がなかなかその場面を映そうとしないものだから。

イギリスは、その前の日本の若干のミスを見て勝負を決めにいった訳だが、もし日本が完璧にストーンを隠したとしたら、日本は勝てていただろうか。イギリスは、最後のショットで、もっとリスクの少ない選択ができなかったのだろうか。もしくは延長覚悟のショットをできなかったのだろうか。メダルがかかった試合ではなかったらもっといい選択ができた可能性は?
そう考えると、今でも盛り上がれるのだ。


スピードスケート女子マススタート

私は順位の駆引きが好きだ。初めてこの競技を見たわけだが、短時間の自転車ロードレース、もしくは長時間の競馬、といえるだろうか。決勝では一人の選手が逃げを打ち、予想通り捕まり、最後の直線で力を貯めきった高木選手が差し切った。ショートトラックも好きなのだが、ちょっと不確定要素が多すぎるのが気になっていただけに、この決勝レースは何度見ても面白い。

例えば、だが、ロードレースでは3,4人で逃げを打ってそれぞれ先頭が入れ替わりながらできるだけレースを引っ張る。競馬ではやはり馬なのでそれはなく、むしろ2頭で逃げればそのまま共倒れする場合が多い。

このマススタートで、数名で逃げたらどうなるのだろうか。その展開のレースも今までにあるかもしれないので機会があれば見てみたい。その逃げに優勝候補がいたら?同じ国の複数名で逃げたら?考えるだけでわくわくする。

逃げを追いかけるのに、「鈴をつけにいく」という言葉があるが、今回は銅メダルのオランダの選手がその役をすることになった。集団のペースを上げた事になる。このペースを上げる役をした事で、風を受ける事になり直線の失速に繋がったと言えるだろう。このペースを上げるのが遅れたら、どの選手もペースを上げなかったら、一歩間違えると、逃げた選手がそのままゴールする事だってあり得たはずだ。スケート技術と戦略、そして状況判断力を合わせ持たなければ、この競技で勝つ事はできないだろう。

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ


他にも、クロスカントリー(複合)、スノーボードクロス等、駆引きをし続けるような競技は見ていて飽きない。逆に採点競技はあまり好きではないが、スノーボードハーフパイプビッグエアモーグルのように、得点やメダルをまったく気にせず単純に「凄い」と思わせてくれるものはどうしてもはまってしまう。日本選手に感情移入をしながら、選手の高い技術やあり得ない演技に、食い入るように観戦してしまった。


トップアスリートの祭典、今度は2年後。待ち遠しいね。


寒い。。。



この時期、たぬ吉の最も気にするのが、アップです。準備運動。
ここ数日、大雪と極寒の日々が続いていますが、そんな日でも体育館競技のバドミントンは練習するわけで、寒いから休むなんて言ったら選手から何言われる事か。

寒いからしっかりアップして練習に入らないと、怪我に繋がります。たぬ吉の考えは、準備運動とは筋肉の温度上昇。筋伸ばすとかあまり重視していません。準備段階でどれだけ温度を上げられるかがポイントですが、冷えた状態で急に暖めようとしてもその時点で障害リスクが増える訳で。少しずつ負荷を上げられるように指示をしています。

そしてもう一つが、筋温度を下げない事。準備運動も終わって、さあスピンネットの練習やろうなんていったら、せっかく暖めた身体を冷やしてしまう事に。休憩にしても、冷やしてしまえばまた暖めなおし。とても気を使います。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

大人にはきついなわとびでも、子供達はほおっておいてもなわとびは飛び続けるようで、筋温度の維持になわとびを使います。休憩だろうが、練習合間だろうが、コートサイドで飛ばしているだけでトレーニングと筋温度の維持で一石二鳥。
そのうちコートに入るのも忘れて飛び続けている事も(という記憶を、りーちんさんの記事で思い出しました。)


寒い時期が続きますが、怪我だけはしないように、頑張りましょう。

大変なのよ、本当に。


練習の時にベストなのは、監督がコートに入らない事。
わかっていても、コートから出る訳にはいかないジレンマ。

全体を見る人が一人いて、各コートにコーチ陣がいる形が取れるクラブはきっと強いんだろうなとよく考える。ほとんどのクラブは、指導者が足りずに総出で指導に当たっているのだろう。

これを実感するのが大会の時。
大会程選手を見ていられる時間は無い。選手は試合をするだけだし、練習なんてしたくても当然できない。試合を見ていると、選手の良いところと、その10倍ぐらい悪いところが見えてくる。
それを練習で改善していこうとしても、各選手の悪いところを考えていたらそれこそ練習時間が足りない。

似た課題を持った選手を集めて、コーチに預けられたらどんなに楽だろう、と。

ノックに入れば他のコート選手には目がほとんどむけられない。ゲーム相手でもオールショートでもそう。かといって小学生に指導者無しのパターン練習はかなり難しい。


違った、若干話題がそれた。
まず、一つ目は、選手が良く見れていいなと思う事
そしてもう一つは、言葉の違いを知る事。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

良い選手だね、と隣にいる他の指導者と雑談すると、「そうですね、肘の引きっぷりがいいですよね」と言われてドキッとする事がある。半身になれとは言ってたけど、肘を引けとはいってなかったな、といった感じ。モデルの選手がゲームをしているから、その選手の話題になれば選手の良いところ悪いところといった特徴を話すのは必然。そこでの感性の違いや感じた事への言葉の違いはとても勉強になる。ついでに練習試合や次の大会の話や、その他もろもろで自分の選手がおろそかになってしまったり。

話題はまたそれたが、指導者として得るものは、多い。日々勉強である。


練習時間3hとします。



オールネット練習
*最初アップ無し
・ストレートヘアピン フォア30m
・ストレートヘアピン バック30m
・クロスヘアピン フォア 30m
・クロスヘアピン バック 30m
・アップ 15m
・ヘアピンゲーム 30m
まず手投げで行いたいが、開始5分で手投げ係がふざけ始める。
その後、惰性で集中できるわけもなく、開始15分もたず終了の情景がすでに浮かぶ。。。
手投げ係を保護者にお願いしてもいいが、2h投げ続けるのもおそらく無理だろうし、人数的にも厳しい。
例えば、中学生10人、小学生10人で、小学生がこのネット練習、中学生半分を手投げ羽根出しで使って、中学生5人ずつを面倒みるとすれば、いけそうか。6面あるなら、小学生12名〜18名、中学生は半分だから12名から20人ぐらいはまとめていけるかもしれない。
あとは小学生の集中力。。。無理だな。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

ちなみに同じ形でロブで3時間使う事も考えたいのだが。。。無理だな。。。


無事クラブ初打ち終了しました。



正月明け初打ち。
ジュニアにとっての1週間は非常に大きいもの。のんびり過ごした選手は早々に体調不良を訴えたり、羽根を打とうにも打点がぐっちゃぐちゃだったり。

ある程度ハードな練習を組みながら、心拍はダッシュ系では無く徐々に上げていくように心がけてメニュー組んでみました。次からはみっちりいきたいと思っています。

フットワークも筋肉に訴えるようなものを時間かけて行ったので、何故か私が筋肉痛。明日が心配です。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

なんにせよ選手は冬休みですし、寒い冬は身体を暖めるのに時間がかかる分、負荷のかかるトレーニングを多めに行って春に備えたいと思っています。今年、なんとか初の勝負の年になるような気がしてなりません。怪我無く1年が終われますように。



ちゃんと雑記って書いてあるから!



ジュニア選手の成長は、斜め上へ向かう直線では無く、急激に上昇する曲線となりやすい。
これは、女子選手よりも男子選手の方が顕著に表れる。少しずつ成長するわけではなく、ある時期を境に貯めていたものが爆発するかのごとく急成長するのである。


そう、ガット張り上げと同じように。

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

なんで、数週間張上げなかったのに、この1週間で15本も張る状況に陥っているのか。誰か説明してくれ。。。


写真?ねーよ。ぐろいし。



寒くなってくると、指が切れるんですよね。
今日は親指が切れました。ノック上げだけだからまだよかったのですが、これがプレーすることになると、人差し指の爪が親指の切れ目に突き刺さり激痛と共に出血して血染めのグリップができあがるという。。。そのうち人差し指も切れてもう地獄絵図ですね。

もう文章だけで充分グロい。。。

真剣に瞬間接着剤を試そうかとも思いましたが、思いとどまって絆創膏1枚巻き。これが一番フィーリングが変わらないです。ちょっと弱いので大会中だと数枚使う事もありますが。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

ついでに、ガット張りでも切れた傷にストリングがめり込んだりするんですよね。なんとかならんものか。


だめでした。



棄権。

そういう時もあります。といっても、長いバドミントン生活で棄権、確か2度目かなぁ。
最初の時はパートナーが大会を忘れてて棄権した記憶が遥か昔にあったような。

ダブルスとして出場する以上はパートナーがいなければ試合できないわけで、それが嫌ならシングルスで出ろと。ダブルスで出ている以上はしょうがないと割り切って、また来年がんばりたいと思います。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

ところで来年はどこ?



やっぱり指導者は選手としての技術はあった方がいい。と思う。




私の指導者は中高共に、競技経験の無い指導者でした。
両者共に全国レベルの選手を多く輩出し、ナショナルチームにもOBOGや後輩がいます。
とても熱心な指導のもと、強いチームを作り上げていった方でとても素晴らしい指導者だと思っています。

それを踏まえまして。


今、私が選手(といっても年一回の全日本シニアを目指すレベルですが)兼指導する立場にたってみて、やはり指導する上で選手としての技術はあった方がいい、そう思えるのです。

たぬ吉は上記のような環境だったので、精神論根性論大好きな指導者です。大会で勝つには気持ちは必要、それを鍛えるのは練習であって、その練習でそういった練習に取り組めなければ大会では結果は出せません。現に私自身技術は教わっていませんが、それなりの成績を残すことができ、今にいたるわけです。


ですが、今ジュニアを指導するにあたって、非常に間違った方向に進んでいる選手が多いのです。
「遠くに飛ばすにはどうしたらいいですか?」
との質問に、
「そのフォームじゃとばねーよ」
と答えたくなる事が多々あります。それぐらい、明らかに違うのです。
そんな時どうするかといえば、選手としての自分の身体をどう使っているのかをその場で確認し、見せたりコツを教えたりする事ができます。これには危険な面もあります。それは、自分の感覚とその選手の感覚、身体、筋力全て違うため、経験を教える事がかえって仇となることもあるからです。
但し、そんなレベルではなく、根本的にずれてしまった選手には、やはり経験と感覚を教えてあげる必要性もあると思うのです。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

選手経験の無い指導者の方も、矯正の方法はかなり蓄積されているのではないかと思いますが、それでも、選手一人一人の個性はあまりにも複雑で、指導経験のみでは対応できない部分もでてくるのではないかと思えます。自分と照らし合わせて、「肘の前後が少ない」とか「右膝を高めに」とか、そのような細かい対応は選手としての下地があるからできるものもあるのではないでしょうか。



正直言って、センスのある全国トップレベルの選手を指導するのであれば、実は選手経験はあまり関係ないかもしれません。選手は勝手に上位選手から技術を盗み、それをあっという間に自分のものにします。つまり必要なのは、集中力と練習負荷、配球の指導、そして練習相手です。では、地区大会レベルの選手をどう県大会レベルにもっていくかといえば、それは一つ一つの矯正の為の選手目線の技術なんじゃないかな、と。

何が言いたいかと言うと、本当に指導って大変だなという実感と、選手経験無しの指導者には本当に頭が上がりません、という事なんですが、伝わるように書けていないような気がしてなりません。。。

受験生の一夜漬け状態w



やれることはやっておきたい。せっかくの金沢だし。
ってことで、今週は仕事で早く寝たいのを我慢して平日練習してみました。普段からやれと言われても、この歳になるとなかなかできんのよね。

あと1週間で何ができる?と言われても、フォームを今更いじって現在フォーム固め中。
自分の感覚だと、どんなテイクバックをしようがインパクトがイメージ通りならイメージした羽根がいく、というものでしたが、だったらテイクバックをギリギリまで削ってしまってしまえばいいじゃん、ということでコンパクトなテイクバックで強打できるように調整中です。ただでさえ無いアタック力なのに、コンパクトを目指してさらに威力ダウンしたら意味ないし。あくまで、今のアタック力維持が最低限。あわよくばスピードもあげてやろうじゃないかという、村田真一も真っ青のコンパクトへ向けて突き進んでいます。間に合うかね。

相方も思ったより怪我の影響無く、普通に練習出来てますし、あとは怪我無く来週を迎えられるか、ですね。

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ


ところで、シニアに参加し始めて何年も経ちますが、宿の確保って結構大変ですよね。
大会斡旋のホテルは何故か割高。
数年前から私は大会斡旋は利用してません。そうすると、宿をとるタイミングは、

1.大会参加決定直後
ほぼこの状態では会場が決まっていません。福島大会では福島の北から南とかなり離れていて博打にはなりますが、予約を複数入れて会場が決まり次第キャンセルという方法をとりましょう。

2.種目別会場決定後
遅れる分予約の融通は利きにくくなりますが、即予約入れれば空きはある事が多いでしょう。ただし、あっという間になくなります。

3.大会斡旋宿舎の予約締め切り後
上記2点では、既に大会の為に大会側が宿を確保しているので、空いていてもかなり数は少ないです。
ですが、大会斡旋予約の締め切り後、一気に大会で確保していた予約がリリースされる傾向があります。このタイミングでの予約はかなり有効ではないかと思います。

4.大会直前
上記3点で複数予約をしていた人たちが、キャンセル料期限ぎりぎりでキャンセルしていく傾向があります。

先週あたりから、この全日本シニアの日の予約をチェックすると、21:00〜24:00で更新しながらみていますが、キャンセルされて宿が増えたり、数分後には消えていたり、それの繰り返しが行われています。おそらく関わっている人は、まず候補を予約しておいて、条件のいい宿を探して予約してから元の予約をキャンセルしているのではないかと思われます。それぐらい出たり消えたりを繰り返していますので、良かったら見てみてください。
トリバゴなんかもわかりやすいのですが、こちらはちょっと前まで空いていて予約されてしまった宿も表示されて、予約しようとすると「満室です」なんて事がざらにありました。楽天の方がわかりやすいかも。




来週の全日本シニア、ここを見ている人に会える事を楽しみに、遠く金沢まで向かいます。
基本的に匿名なのであいさつはできないとは思いますが、大会前、大会、そして大会後の感想、そして来年に向けて、楽しみ目白押しです。皆さんもベストを尽くせるようにがんばりましょう。

ゲーム相手はいいけれど、他の選手を見れなくなるのが難点。



時々、ゲーム相手の為コートに入ります。
クラブでトップ選手の相手をする為には、練習相手を呼ぶか、自分で相手するしかないのです。

シングルスの選手なら2対1で入れる方法がありますが、ダブルスだとそうもいかない。中学生ぐらいだと3人コートに入れても機能しないし。

そこでコートに入る訳ですが、ダブルスで相手をするとなかなかうまくいかないもので。足で勝負できるシングルスと違い、ダブルスは経験と正確性と球筋。中学生が良い勝負をできる芽は無いのです。早くたぬ吉のダブルスを脅かすようなダブルスを作りたいものです。

試合相手をする時に選手は何パターンかに分かれます。
簡単に言うと、どの時点で諦めがでるか。1ラリー毎にもありますが、例えば、1ゲーム失って2ゲーム目がからっきしダメになるとか、それが最初の数点で追わなくなるとか、これが逆に後半に燃え上がるとか。
相手をしていて楽しいと感じるのは徐々にペースが上がっていく選手ですが、これは非常に稀。だいたいは意気消沈していく姿を見て悲しくなるものです。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

これがダブルスとなると話が変わるのか、もしくは選手の意識が高いのか、1ゲーム目、2ゲーム目、そして3ゲーム目と徐々に点数が増えていくのですが、テンションが上がっているようには見えず、良い羽根がきているようにも思えないのに何故か取られる点数が増えていく、という事があります。
こちらの疲労もあるかもしれませんが、おそらく、無意識のうちのダブルス慣れが生まれてくるのではないかなと。これは選手の意識が無ければ期待はできませんが、ゲームをこなすことでどこに何がくるのか、次のプレーは、と経験値が瞬間的に上がり、点数を奪っていくのではないか、と良い方向で考えたりもします。


基礎練習、パターン練習も大事ですが、やはりゲーム練習でしか得られない技術や経験も、あるのでしょう。大事なんだろうな、ゲームって。

ほんとお恥ずかしい。




いたるところで、広島という字がおどっていますが、私としては中村選手を無事クジで引き当ててくれて、本当に嬉しいです。坂倉選手と競い合っていくのか、もしくはサードコンバートなのか、気になるところです。

今年の全小は広島なんですね。その前の地区予選、今回の関東予選、初めて県外の大会に選手の付添で行ってきました。自分自身の試合はそれこそ数えるのも面倒ですが、選手の付添となると勝手もわからず戸惑いばかり。どっしりとはなかなかしていられませんね。

結果は、二日目どころか初日午前中には全日程終了。早々に帰途に着きました。メンタルでボロボロになっていく選手を見るのは本当に悲しいもの。それを鍛える為にはやはり経験も必要で、対外試合って大切なんだなぁと思わされた次第。かといって、いろいろと準備大変なんですよね。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

広島行きを決めた選手は是非とも頑張って頂きたい、と共に、是非マツダスタジアム行って記念撮影をお願いします、私の代わりに。カープグッズを身につけているバドミントン選手が増えたら、嬉しいなぁ。。。

なめてたわ。



「その歳になったら、準備運動しないってことは怪我をしにいっているようなもの」



・・・・・心に染みました。

のんびりと練習前にストレッチしてみたところ、その気持ちよさに体育館で寝そうになりましたわ。

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

このままではまずいよ。。。何しに金沢まで行くんだか。



中学生相手にゲームして、負けました。
これはまずい。

2対1のダブルスコートでやると、フットワーク練習には持ってこいなんですが、今までは負けることなくいけていたのに勝てなくなっていた事が判明。選手が強くなっていることは間違いないけど、それと同じくらいたぬ吉弱くなってる。。。
中学生ペアは単純なミスが減って良くなったね、なんて言っている場合じゃない。今度は全力で叩きつぶしにかかります!といってもそのゲームが全力じゃなかった訳じゃないのが非常に問題な訳ですが。

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

あと1カ月?頑張るよ、マジ頑張りますよ。。。

先日練習で怪我人出しました。
大会にはエントリーできず、という悲しい経験をしたのも束の間、今度は全日本シニアのパートナーが怪我。

1ヶ月で追い込むどころか、怪我の調整で終わりそうですが、やれることはやっていきたい。


という熱いモチベーションはあるものの、私自身も軽い風邪が長引き、選手の練習相手で調整しようとしても集中力が続かない状態です。

まだ1ヶ月とは言ってられません。でも無理せずマイペースでいきたいと思います。

段々興味が薄れて初動が遅れている気がする。



全日本シニア石川大会

今年は、、、、、やっぱり1回戦突破が目標だね、うん。
1回戦熱い戦いができるといいなぁ。

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ


いしゃのふようじょう【医者の不養生】

〔患者に養生をすすめる医者が、自分自身はかえって不養生をしていることから〕
理屈ではわかっていながら、実行が伴わないこと。坊主の不信心。儒者の不身持ち。


選手の張上げばっかりやっていたら、ノック用のラケットも含めてたぬ吉のラケット4本が全て切れたままになりました。。。


石川。宿取り損ねたどうしよう。。。




ここ1年程、おそらく皆さんが言う「腰痛」という程では無いものの軽い違和感に悩まされていまして、今日の大会参加5試合11ゲームで張りが強く感じられるようになりました。とはいっても、あれだけやってこれなら特に問題はなさそうです。

毎度ながら筋肉痛は股関節からその腰上部の張り、肩甲骨回りには既にきていまして、憂鬱な明日を迎えることでしょう。

プレー内容としては、甘い球にどれだけ早くラッシュをかけることができるか、そしてそのショットでどれだけの優位を稼げるかが勝負の分かれ目であって、ラッシュをかけてもショットに感覚とのずれがあると優位に立てないプレーが何度かありました。勝負勘、相当鈍ってますね。

頭を使うラリーでの集中力の消耗、ギャラリー受けを狙ったプレーの後の筋持久力の消耗はかなり滅入りました。集中力は常日頃から選手に言っているだけに、ここは衰えてはいけないところ。そして調子に乗って激しいプレーをした後、まさかまさかの膝が笑う状態には自分で笑ってしまいました。もう歳を考えないといけない、です。身の程を把握してプレーしよう、と。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

今回の大会参加、小さな大会ではありますが、やっぱり練習と大会では大きく違いますね。得るものが大きいという事は、今後与えるものも大きくなるはず。自分の為、選手の為に、もう少しがんばりたいと思います。

天才棋士の引退、さびしいものですね。




棋士生活67年、77歳。名人に上り詰めた加藤九段が格を落としてまで現役棋士でいる事にこだわり続け、そして、絶えた。その長き棋士人生には頭が上がらない。

この年齢でさらに新たな手、手法を求めて研究を続けていることにも衝撃を受けた。勝利数はもちろん、負けた数も、加藤九段のとても大きな勲章だと私は思う。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ


格を落としてまで戦うというのはその選手にとって非常に厳しいものといえる。現に全日本シニアにどれだけの日本代表選手が、実業団選手がでてきているだろうか。負けるという事にはとてつもない恐怖を感じる。それだけに勝つ事にこだわってきた選手が、負けてまで続ける事がどれだけ難しい事か。

ウエスタングリップからイースタングリップへ、サイド攻撃からセンター中心の攻めに、バドミントンはその手法を大きく変えつつ進化していく。シニア世代になった今、私に新たな手法を研究する力は残っているだろうか。真似だけでは無い、本当の新手に着手し続ける気力、気持ちだけでも持ち続けたいものだ。

喜ばしい、が、なぜ?






ここのところ、急に選手が声を出すようになりました。簡単なゲーム形式の練習ですら声を出す選手に正直戸惑いつつも、声を出すのが当たり前に育ってきた私としては、懐かしい感じも。これが一時ではなく、当たり前になって定着するといいのですが。

私は、声を出す事には肯定的ですが、強制は、というと否定的です。

声を出す事で、緊張をごまかせたり、力みの軽減(これは誘発の危険もありますが)も計れ、大会でもいい方向へ向かいます。
同時に相手威嚇へのフォルトの指導は、例え声を出せなくともですが、しっかりと行っています。
これは、フォルトを取られた時の心の準備という意味が強く、万が一取られた時のシミュレーションを常にしておくように指導しています。

大会だけ声を出す選手もいますが、練習でやっていない事をやるということはどこかで歪みが出るもの。普段から大会の準備が出来ているか、と言うことは、普段から目標うぃ意識して練習している、と言うことに繋がるはず。

強制する事で出せない選手を出すことに慣れさせる、ともいえるのですが、やらされる練習よりやる練習、強制されるより自主的に声を出して欲しいもの、、、というのは、もしかしたら指導者としての逃げ、、、かもしれませんね。。。

このページのトップヘ