バドミントンぷれいやーず


・【バドミントンぷれいやーず】
・【ヨネックスに頼らないバドミントン(仮)】



【mixi】 【facebook】 【ツイッター】【ついろぐ】【本・DVD】

よそぎる バドミントン用品の「ROOM」 
Mail:【tanukich.ibad@gmail.com】

過去の記事へのコメントや、ブログ以外の質問や雑談がありましたら、どんどんとご利用ください。

リンクフリーです。バドミントン関係なら相互リンクします。



/>

1プレー考察

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
ヘアピン→攻め プッシュ→攻め なんで?



ヘアピンを打ったらプッシュを打たれた

・ヘアピンが浮いた
ヘアピンが浮きすぎるとたたかれる危険が増えます。注意。

対策:浮かないヘアピンを打つ

・ヘアピンが長かった
ほとんど浮いていないヘアピンでも、距離がでるヘアピンはそれだけ相手にプッシュを打たれる可能性がある時間が増えるということになります。浮かせないように打つのはもちろんですが、球足が長いヘアピンも注意が必要です。


対策:球足の短いヘアピンを打つ

・相手が目の前にいた
ダブルスでは、どんなにいいヘアピンを打ったとしても相手が目の前にいればプッシュを打たれる危険があります。相手の位置を確認して、クロスヘアピンで逃げたり、ヘアピンを選択しないようにしましょう。

対策:相手前衛の位置を確認してヘアピンを打つ


・ヘアピンを打つのを読まれていた
ワンパターンになると、たとえばドロップを打った後にヘアピンが来ることを読んで前に詰めてきたりする場合もあります。自分が打ちたいときに打つのではなく、相手が苦しみそうなときにヘアピンを選択できるようにしましょう。特にダブルスでは、読まれたらプッシュを打たれると思っておいていいでしょう。

対策:自分以上に相手の状況を考えて


・ヘアピンの打点が低かった
低い位置でヘアピンを打つということは、ネットを超えるまでに時間がかかります。その時間で相手は前に詰めてくることができてしまいます。また、低い位置で打つということはそれだけコントロールは難しく、浮きやすいというデメリットも。ヘアピンの基本は高い打点で。

対策:高い打点で打つ練習を。フットワークスピードで高い位置で触れるようにする


・ヘアピンを打つ位置がネットから遠かった
これも上記と同じです。遠い位置からのヘアピンは、相手に詰められる危険があります。あまりに遠い場合はヘアピンではなくドライブやアタックロブを選択したほうがいいことも。状況を考えて球種を選択しましょう。

対策:触る位置によってはヘアピンを選択しないほうがいい場面もあることを頭に入れてプレーしましょう

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
シングルスならまだしも、ダブルスでは致命的なミスとなります。



相手からのドロップが取れなかった


・一歩目が遅れてしまった
スタートが遅れると、届きそうでも届かなくなります。この遅れた原因はまた探らなければいけません。

対策:一歩目が遅れた原因を探る

・ドロップが来ることを想定していなかった
相手からの返球にドロップがくると頭に入っていなければ、一歩目は遅れてしまいます。

対策:相手からのドロップを頭に入れておく

・相手がクリアやスマッシュを打ってくると思ってしまった
フェイントにひっかかったという場合もありますが、このケースで多いのは、後方を意識しすぎてしまうことです。後方へのシャトルは追いかけるのがきついので、前よりも後方に意識を置いてしまいがちです。

対策:後ろだけでなく、前にも意識を置いておく。

・フットワークの準備をしていなかった
足を動かす準備としてリアクションステップであったりプレローディングであったりといろいろとありますが、動く準備ができていなければ一歩目が遅れてしまいます。

対策:プレローディング、リアクションステップ等の動き出す準備をしておく

・クリアやドロップが甘かった
実はその前のショットが奥まで返ってなかった事が考えられます。奥に押し込めば、その分相手からの返球はネットを超えるまで時間がかかります。その時間を作れれば、ノータッチミスは防げるでしょう。

対策:ロブ、クリアはしっかり奥まで返せるようにする

・ポジションが後方になってしまった
これも後方を意識するあまりポジション事態が後方になってしまう事があります。ポジションは自分のフットワークに合わせつつできるだけ前に構えられるようにしましょう。

対策:ポジション位置の再考

・ポジションを変えようとしているうちにドロップを打たれてしまった
相手の打つ瞬間が把握できてないと起こります。基本的には、相手が打つ前にはポジション移動を完了させて羽を打ちに行く準備をしなければいけません。たとえば真ん中に戻ることだけに集中してしまうと、戻っている途中でドロップを打たれ、前に行けなくなることがあります。相手をよく確認して、相手が打つ前にはポジション移動を完了させるようにしましょう。

対策:相手をよく確認する

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
ダブルスでもシングルスでもありえるパターンです。



スマッシュを打ったらクロスに切り替えされて決められた

・スマッシュを打った後に足が止まってしまい動きだしが遅れた
特に強打した後は動きだしが遅れやすくなります。打ったら動くことを体に染み込ませて、次のリターンに対してすぐ対応できるようにしておけるとエースを決められにくくなります。

対策:フットワーク(強打スイング後プレーイングセンターへ)


・スマッシュが内側に入った
シングルスでは特に、ライン際へ強打できればそうそうクロスへ返されるものではありません。それが少しでも内側に入ると、相手のリターンエースチャンスになることがあります。ショットスピードで押し込むこともできますが、まずはコースに打てるといいでしょう。

対策:スマッシュをサイドラインに打つ練習


・スマッシュが浮いてしまった
こちらはダブルスでよくあるパターンです。ダブルスではサイドライン際にスマッシュを打ってもサイドバイサイドの状態ではあっさりと届いてしまいます。そこで浮いたスマッシュを打ってしまうと、前衛の顔付近を通る厳しいクロスリターンが返ってきてます。スピードを犠牲にしてでも相手に床付近でレシーブさせるようなスマッシュを打てば、ドライブ気味のリターンは防ぐことができます。

対策:スマッシュの角度をつける練習


・スマッシュを打った場所が厳しかった
スマッシュを打ってはいけない場面、というのがあります。バック奥の追い込まれたところからのスマッシュは、体がコートの外に出てしまうことすらあります。そんなところからスマッシュを打てば、切り替えしが甘く入ってきても返球できないこともあるでしょう。スマッシュを打っていい場面、打ってはいけない場面を考えてみるといいでしょう。

対策:スマッシュを打ったらどうなるか考えてプレーを


・同じケースで繰り返し同じ場所にスマッシュを打った
たとえばクロスクリアが来たら必ずストレートにスマッシュを打っていたとしたら、ゲームの終盤はそれを読まれてしまいます。コースがわかればレシーブもやりやすくなってしまいます。自分が打ちたいショットではなく、相手のことをよく考えて羽を出すようにしましょう。

対策:スマッシュを生かすためのプレーを考えてみましょう


にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
簡単なところからスタートしてみます。




ショートサーブを打ったらプッシュを打たれた

ここからいろいろと想像してみましょう。

・ショートサービスが浮いてしまった
この場合はネットからの高さです。ネット上側の白帯をかすめるようにショートサーブを打てればプッシュを打たれる可能性は低くなりますが、これの高さが上がれば上がるほどプッシュは打たれやすくなります。

対策:ショートサーブの練習


・相手とタイミングが合ってしまった
サーブを構える、ラケットを引く、打つ、この動作を同じタイミングで行っていると、相手にサーブを出すタイミングを読まれやすくなります。よーいどんで突っ込んでこられると、いいサーブを打ってもプッシュを打たれます。タイミングをずらすとサーブミスが増えますが、それも一つの技術と考えて練習するといいでしょう。
また、ショートサービス一辺倒だと相手は前で勝負してきます。そこでもさらにショートサーブで勝負できるぐらいの精度を得たいものですが、難しい場合はロングサービスを効果的に混ぜるといいでしょう。


対策:構え、引く、打つ、のタイミングをずらす練習。効果的にロングサーブを打って的を絞らせない工夫を。


・ショートサーブを打つ場所が遠い
背の低いジュニア選手にありがちなパターン。背が低いと打点が低くなるので、山なりのショートサーブになってしまい高さが出やすくなってしまいます。その工夫として、遠くからショートサーブを打つわけですが、そうすると、ネットまでのシャトル到達に時間がかかってしまい、レシーバーに前に詰める時間を許してしまいます。一長一短ではありますが、できるだけショートサービスラインに近づいて打つ練習をしましょう。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ



対策:ショートサービスをできるだけ前で打つ練習をする


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote



一つのプレーから見えてくるもの、どちらかというと指導者に近い視点で考えてみます。

・ヘアピンでプッシュを打たれた

・スマッシュでノータッチをとった

このプレーに隠れている様々な状況を考えられる範囲で引っ張り出していこうと思います。

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

このページのトップヘ