バドミントンぷれいやーず


・【バドミントンぷれいやーず】
・【ヨネックスに頼らないバドミントン(仮)】



【mixi】 【facebook】 【ツイッター】【ついろぐ】【本・DVD】

よそぎる バドミントン用品の「ROOM」 
Mail:【tanukich.ibad@gmail.com】

過去の記事へのコメントや、ブログ以外の質問や雑談がありましたら、どんどんとご利用ください。

リンクフリーです。バドミントン関係なら相互リンクします。



/>

バド 故障、障害

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
2016.4.20現在のおそらく現時点での良いと思われる方法。





静的ストレッチ
筋繊維を強く長く伸ばすようなストレッチ。

動的ストレッチ
筋繊維を反動を使って繰り返し動かすようなストレッチ

柔軟
関節の可動域を広げる為のストレッチ。静的ストレッチ。




怪我を防止するには、身体を準備する事がまず第一ですが、いわゆる「静的ストレッチ」ではその準備ができないことを理解してください。
体育館に寝転がった状態で筋繊維を伸ばしてたら間違いなく身体は冷えます。それに、筋繊維を収縮させれば熱が発生しますが、伸ばしただけではそれほど暖まる事はありません。

ですので、練習時の怪我防止策として、「動的ストレッチ」を行います。

そして、練習後の疲労早期回復を促す為に「静的ストレッチ」を行います。疲労を早く取る事で、次の練習時の怪我の防止に繋がる、というわけです。

そうすると、可動域を広げる為の柔軟ストレッチは、ほぼ静的ストレッチになります。練習前では無く練習後、または寝る前に行うといいでしょう。特に股関節、肩甲骨の可動域を広げる事で怪我の防止につながりますし、もちろんパフォーマンスも上がります。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ


ストレッチの効果を把握して、怪我の防止に努めましょう。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
右利きなら右足。




全力で前にダッシュして、それを右足一本で止める、それがバドミントンのフォア前です。
スマッシュからのヘアピンやプッシュで、ダッシュした勢いと全体重が右足にかかってきます。

これにより、足首、かかとに負担が大きくかかり、捻挫や打撲等につながります。
もっと複雑な障害名もありますが、省略(笑)。


これらを防ぐ為には、足首やかかとへの負担を減らさなければいけません。その為に行うのは、

膝、大腿部のストレッチ
股関節の柔軟性

です。

膝のクッションを使う為には大腿部の筋力を使わなければいけません。膝を使う為のストレッチ、そして、もうひとつ重要なのが股関節。足の付け根付近の股関節もクッションとして使う事ができます。

よく、胸を張って打つと言いますが、ここが柔らかく無ければ胸を張ってもラケットは前にだせません。股関節の可動域を上げ、上体をしっかりと倒せるようにしていくことで、膝、股関節と二つのクッションができてかかとや足首の負担が減らせます。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

足首、かかとに不安のある選手は、練習前の柔軟、ストレッチ以外にも、入浴後の柔軟を継続して行うようにしましょう。

このページのトップヘ